ここは行きたい!2度目のパリのおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
決まったおこづかいで3日間の充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のパリ おこづかい5万円で充実旅(初回放送:2015年10月21日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 中村倫也 さんと 別府あゆみ さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにリストにしてみました。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ! パリMAP

2度目のシリーズのパリ編は他に 路線バス黄金ルート編パリジャンの流儀編 があります。

ここは行きたい!2度目のパリ・路線バス黄金ルートのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のパリ・路線バス黄金ルート編」(2018年5月24日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

2度目のシリーズのフランス編には コートダジュール編プロヴァンス編 があります

ここは行きたい!2度目のフランス・南仏 プロヴァンスのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のフランス・南仏 プロヴァンス編」(2018年10月11日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

パリで食べる

Marche des Enfants-Rouges(マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ、デ・ザンファン・ルージュ市場)

マレ地区にある Marche des Enfants-Rouges(マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ、デ・ザンファン・ルージュ市場)では新鮮な食料品のお店が並んでします。カジュアルで気軽な雰囲気のレストランやデリもたくさんあるのでここで食事をすることもできます。お店のテーブルで食べてもいいし、テイクアウトもできます。
いろいろな国の料理が並んでいてどれにしようか悩んでしまうほど。
日曜日が店休日になっているお店が多いパリですが、マレ地区はユダヤ人居住者が多いこともあって日曜日も開いているお店が多いのです。こちらの市場も日曜日も開いているのが嬉しいところ。マレ地区散策のついでに寄ってみるのもいいですね。

フランス風サンドイッチ屋さん

フランス風サンドイッチ屋さん でヤギチーズ入りの Cornet Vegetarian(ベジタリアン・コルネ)7.00€

Le Traiteur Marocain(ル・トレトゥール・マロカン)

アフリカとカリブの料理のお店 Le Traiteur Marocain(ル・トレトゥール・マロカン)Entrée Boudin Créole(クレオール・ブーダンソーセジのアントレ)6.00€
Colombo de Poulet(チキンのコロンボ)12.00€
https://www.facebook.com/Marocaintraiteur/

クスクス屋さん

クスクス屋さんTajine d’agneau Citron Olive(仔羊のタジン レモンのコンフィとオリーブ入り)11.50€

名前Marche des Enfants-Rouges(デ・ザンファン・ルージュ市場)
住所39 Rue de Bretagne, 75003 Paris
WEBhttp://lestaminetdesenfantsrouges.com
営業時間火〜土:8:00~20:30 日:8:30~17:00
定休日月曜
アクセスメトロ8号線「Filles du Calvaire」駅から徒歩5分
地図パリMAP 1

Le Grenier à Pain(ル・グルニエ・ア・パン)

パリバゲットコンクールで2010年と2015年に1位に輝いたパン屋さん Le Grenier à Pain(ル・グルニエ・ア・パン)
パリバゲットコンクールで優勝すると大統領官邸に1年間バゲットをお届けすることになるそうです。
パリに5店舗展開する有名店で、日本にもアトレ恵比寿とグランドメゾン麹町に支店があります。
店舗はパリに5店ありますが、番組で紹介された店舗は移転しているのでオフィシャルサイトで最新情報を確認してみてください。
Le Grenier a Pain 店舗一覧(オフィシャルサイト)

パリのどの店舗も朝7:30から営業しているので朝ごはんを買いに行くのも素敵。
外はパリパリ、中はもちもちの美味しい バゲット 1本1.15€ です。
バゲット齧りながら歩いているパリっ子をたまに見かけますが、真似して街歩き途中で齧るものよし、ホテルに持ち帰って落ち着いていただくのもよし。
バゲットはもちろんそれ以外のパンも全部美味しそう!焼き菓子もあります。

名前Le Grenier à Pain(ル・グルニエ・ア・パン)ラファイエット通り店(9区)
住所91 Rue Faubourg Poissonnière, 75009 Paris
WEBhttp://legrenierapain.com
Instagram@grenierapain
営業時間火〜土:7:30~20:00 日:8:00~13:30
定休日水曜
アクセスメトロ7号線「Poissonnière」駅から徒歩1分
地図パリMAP 2

Le Voltaire(ル・ヴォルテール)

オルセー美術館やルーブル美術館近くのレストラン Le Voltaire(ル・ヴォルテール)。名物の前菜 Oeuf Mayonaise(ウフ・マヨネーズ)が人気のお店です。
Oeufとは卵のこと。ポーチドエッグに自家製マヨネーズがたっぷりかかったお料理です。
このウフ・マヨネーズのお値段はなんと 0.90€
創業以来73年間ずっとお値段据え置き。オーナーのアントワーヌ・ピコーさんは祖父母が始めたメニューを大切に守り続けたいという気持ちで続けているのだそうです。
ウフ・マヨネーズ以外のお料理や飲み物はそこそこのお値段。番組ではメインも頼んで合計 41.90€ でした。

名前Le Voltaire(ル・ヴォルテール)
住所27 Quai Voltaire, 75007 Paris
WEBLe Voltaire(Facebookページ)
営業時間月〜土:12:30~14:30, 19:30~22:00
定休日日曜
アクセスRER C線「Gare du Musée d’Orsay」駅から徒歩5分、メトロ12号線「Rue du Bac」駅から徒歩8分
地図パリMAP 3

Le Roi du Pot au Feu(ル・ロワ・デュ・ポトフ)

オペラ地区のポトフ専門店 Le Roi du Pot au Feu(ル・ロワ・デュ・ポトフ)
Le pot-au-feu de Drouant(ドゥルーアンのポトフ)20.00€
牛肉の4種類の部位と野菜がじっくり煮込まれているポトフをマスタードをつけていただきます。
フランスのポトフには日本ではあまり食べることのない骨髄が入っているので是非味わってみてください。

名前Le Roi du Pot au Feu(ル・ロワ・デュ・ポトフ)
住所34 Rue Vignon, 75009 Paris
WEBLe Roi du Pot au Feu(Trip Advisor)
営業時間月〜土:12:00~22:30
定休日日曜
アクセスメトロ8・12・14号線「Madeleine」駅から徒歩3分、メトロ3・9号線「Havre – Caumartin」駅から徒歩4分
地図パリMAP 4

Jean-Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)

日本でもお馴染みのショコラティエ Jean-Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)
パリには5店舗あります。サントノレ店は2016年5月に移転しているので新店舗の場所をチェックしてから行ってみてください。
番組でも紹介されていた2Fの Salon de Te(サロン・ド・テ=カフェのこと)。美味しいホットチョコレートがいただけるとあってファンが多かったのですが、サントノレ店の新店舗には サロン・ド・テ がないとの情報あり。

名前Jean-Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)ヴァンドーム-サントノーレ店
住所231 Rue Saint-Honoré, 75001 Paris
WEBhttps://www.jeanpaulhevin.com
Instagram@jeanpaul_hevin
営業時間月〜土:10:00~19:30
定休日日曜、祝日
アクセスメトロ1号線「Tuileries」駅から徒歩4分
地図パリMAP 5

Boco(ボコ)

3つ星レストランの有名シェフの味を手軽に味わえるお店 Boco(ボコ)。オペラ地区の便利な場所にあります。
レストランというよりもおしゃれなお惣菜屋さんといった雰囲気。
お惣菜といえども料理は Jacques Marcon のシェフ Régis Marcon氏など錚々たる有名シェフたちによる監修です。
店にはスーパーマーケットのように透明の容器に詰められた料理が棚にずらりと並べられていて、それから好みのものを選んでレジで会計してもらうシステムです。
フランス語がわからなくても見た目で選べるし、スマートフォンがあればその場で料理名を検索できるので気が楽です。
フランスのレストランの料理の量は多いのですが、ここなら少しずつ色々な料理が食べられます。一人で食事をするときにも気軽に入れていいですね!
前菜+メイン+デサート15.00€〜20.00€程度です。
店内で食べてもいいし、持ち帰ってホテルでくつろいで食べてもいいですね。
オルリー空港にも支店があるので、フライトの待ち時間に食事を取ることもできます。

名前Boco(ボコ)
住所3 Rue Danielle Casanova, 75001 Paris
WEBhttp://www.boco.fr
Instagram@bocochefs
営業時間月〜土:11:00~22:00
定休日日曜
アクセスメトロ7・14号線「Pyramides」駅から徒歩3分
地図パリMAP 6

お昼休みの料理教室

食の都パリでお料理教室。憧れます。
L’Atelier des Chefs(ラトリエ・デ・シェフ)ではパリの数カ所の会場で様々な料理教室を実施しています。中でもお昼休みの1時間、30分でつくって30分で食べるお手軽なランチメニューの教室が人気のようです。
前菜とメイン、学んで食べて 17.00€ のランチ。ビストロのランチメニューと変わらないお値段です。
ただしこちらのランチクラスの先生の説明はフランス語だけとのこと。

L’Atelier des Chefs(ラトリエ・デ・シェフ)のオフィシャルサイトで料理教室情報をチェックしてみてください。
https://www.atelierdeschefs.com

パリで買う

E.Dehillerin(ドゥイルラン)

Les Halles(レ・アール)地区 にあるパリの調理道具屋街。東京の合羽橋のような場所です。昔は市場があり料理人が集まる場所だったため道具屋も増えていったのだそうです。
Rue Montmartre(モンマルトル通り)に沿いにはパリのグルメを支える調理道具屋が固まっています。

E.Dehillerin(ドゥイルラン)は1820年創業の業務用調理器具のお店。お鍋などの銅製品が豊富です。
扱っている商品は業務用ですが個人でも1個から買えるのでお料理好きな方は要チェックです。
番組では ズッキーニをくり抜く道具 10.00€ を紹介していました。

番組には出ませんでしたが MORA という老舗ショップも有名です。モンマルトル通りで道具屋巡りを楽しんでみてください。

名前E.Dehillerin(ドゥイルラン)
住所18 Rue Coquillière, 75001 Paris
WEBhttps://www.edehillerin.fr
営業時間月 9:00~12:30, 14:00~18:00 火〜土:9:00~18:00
定休日日曜
アクセスメトロ4号線「Les Halles」駅から徒歩7分
地図パリMAP 7

La Bovida(ラ・ボヴィダ)

こちらも Les Halles(レ・アール)地区 にある1921年創業の La Bovida(ラ・ボヴィダ)。最新の調理器具が豊富です。E.Dehillerin(ドゥイルラン)に比べて素人でも入りやすい明るい雰囲気です。
番組では トマトナイフ 7.50€トマト皮むきナイフ 5.90€トマトヘタとりナイフ 4.90€ を購入されていました。
こちらのお店は調理器具だけでなく結婚式のケーキ飾りなども取り揃えています。食器なども扱っているので覗いてみてください。

名前La Bovida(ラ・ボヴィダ)
住所36 Rue Montmartre, 75001 Paris
WEBhttps://www.mybovida.com/
Instagram@la_bovida
営業時間月水木土:10:00~19:00 火金:9:00~19:00
定休日日曜
アクセスメトロ4号線「Les Halles」駅から徒歩6分
地図パリMAP 8

スーパーマーケット

番組ではスーパーマーケットで Maille(マイユ)マスタードを購入されていましたね。
日本でもMailleのマスタードは定番ですが、フランスではもっとたくさんの種類が販売されていてソース代りに使われるのだそうです。
キノコ入り、香草入り、トマト・ピーマン入りなど日本ではお目にかかれないマスタードを買うのもいいですね。

スーパーマーケットも楽しいのですが、パリにはMailleの専門店が3店舗あります。
個人的にはマドレーヌ広場近くのMailleの路面店が店構えも内装も素敵でおすすめです。是非行ってみてください。
http://www.maille.com/

パリで体験する

Office du Tourisme et des Congrès de Paris(パリ市観光局案内所)

Office du Tourisme et des Congrès de Paris(パリ市観光局案内所)は旅行者が必要な情報を提供してくれる便利な場所。
日本語を話す方もいるのでフランス語がわからないときでも心強いのです。
番組では カタコンブ(地下納骨堂)の見学をおすすめしてもらっていましたね。
各種パンフレットも揃っているし、ツアーの予約もできるし、ミュージアムパスも買えます。
わたしが行ったときはフリーのwi-fiが利用できてすごく助かりました。

名前Office du Tourisme et des Congrès de Paris(パリ市観光局案内所)
住所25 Rue des Pyramides, 75001 Paris
WEBhttp://ja.parisinfo.com
Instagram@parisjetaime
営業時間5/2-10/31:9:00~19:00 11/1-4/30:10:00~19:00
定休日5/1
アクセスメトロ7・14号線「Pyramides」駅から徒歩1分
地図パリMAP 9

Catacombes de Paris(カタコンブ・ド・パリ)

View this post on Instagram

@nikkiwhydeeがシェアした投稿

Catacombes(カタコンブ)とは地下納骨堂のこと。
18世紀に地下20mにつくられた Catacombes de Paris(カタコンブ・ド・パリ)を見学することができるのです。
600万人の人骨がところ狭しと積み重なっている細くて長い地下通路は驚くばかり。
入場料8.00€ です。

名前Catacombes de Paris(カタコンブ・ド・パリ)
住所1 Avenue du Colonel Henri Rol-Tanguy, 75014 Paris
WEBhttp://www.catacombes.paris.fr
Instagram@catacombesparis
営業時間火〜日:10:00~20:00
定休日月曜、5/1、8/15
アクセスRER B、メトロ4・6号線「Denfert-Rochereau」駅から徒歩1分
地図パリMAP 10

Parc Zoologique de Paris(ヴァンセンヌ動物公園)

動物の本来の生活に近い環境で飼育されている Parc Zoologique de Paris(ヴァンセンヌ動物公園)
大きな岩がそびえる園内はパリにこんな場所があるのかと驚きます。
子供連れなら間違い無く楽しめそうです。
入場料大人 22.00€12-25歳 €16.503-11歳 €14.002歳以下 無料 です。

名前Parc Zoologique de Paris(ヴァンセンヌ動物公園)
住所102 Avenue de Saint-Maurice, 75012 Paris
WEBhttps://www.parczoologiquedeparis.fr
Instagram@zoodeparis
営業時間10/30-3/25:10:00〜17:00 3/26-4/30, 9/1〜10/28(平日):9:30〜18:00, 9/1〜10/28(土日祝):9:30〜19:30 5/1〜8/31:9:30〜20:30
定休日10/30-3/25:火曜
アクセスメトロ8号線「Porte Dorée」駅から徒歩10分
地図パリMAP 11

Le 59 Rivoli(59リヴォリ)

建物まるごとアーティストのアトリエになっている Le 59 Rivoli(59リヴォリ)
パリ市が管理している建物に新進のアーティスト30人ほどが入居しています。
芸術の都パリでは過去の文化を継承するだけでなく若いアーティストの支援にも力を注いでいます。
部外者も見学することができ入場料は無料です。アトリエにいるアーティストと話をしたり作品を購入したりもできます。
毎週コンサートも開かれているのでオフィシャルサイトをチェックして行ってみてください。

名前Le 59 Rivoli(59リヴォリ)
住所50 Rue de Rivoli, 75004 Paris
WEBhttp://www.59rivoli.org
営業時間火〜日:13:00〜20:00
定休日月曜
アクセスメトロ1・11号線「Hôtel de Ville」駅から徒歩2分
地図パリMAP 12

セグウェイツアー

パリの街をセグウェイで回るツアー。英語のガイド付きで 50.00€〜
初めてでもすぐに乗れるようになるセグウェイのツアー。自転車ほどスピードがでないので観光スポットをのんびり見て回るのにうってつけです。
ツアーは2時間〜4時間ほどで数社が企画しているます。希望に合ったツアーを探してみてください。

パリMAP

こちらも参考にどうぞ!パリからロンドンへはユーロスターで2時間ちょっとです。

ここは行きたい!2度目のロンドンのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のロンドン」(2016年7月6日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

あわせて読みたい