世界はほしいモノにあふれてる「ファッションSP 大草直子×ミラノ」紹介リスト

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
2019年4月からは放送時間が50分に拡大されてパワーアップ。ますます楽しみです。
世界はほしいモノにあふれてる ファッションSP 大草直子×ミラノ(初回放送:2020年1月9日22:30〜 再放送:2020年1月13日25:10〜)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん、バイヤーは ファッションエディター・スタイリストの 大草直子(おおくさなおこ) さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
ミラノMAP

翌週のファッションSP 大草直子×スペイン のまとめはこちらへ!

只今開催中のサロン・デュ・ショコラ2020 買い付けのまとめはこちらへ!

バイヤー

番組では ファッションエディター・スタイリスト 大草直子(おおくさなおこ)さんのミラノでのストールとシャツの企画商品の打ち合わせとリサーチを紹介していました。

大草直子さん

大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に配属され編集長を務めた後にファッションエディター・スタイリストとしてフリーランスに。
現在はWEBマガジン mi-mollet(ミモレ)のコンセプトディレクターなどを務めカリスマスタイリストとして活躍されています。執筆活動の他、ファッションブランドとのコラボレーションやイベントプロデュースなど活動の範囲も広がっているようです。
編集者出身とあって番組でもファッションを語る表現の豊かさに三浦さんもJUJUさんも感服されていました。感覚的にとらえがちな「ファッション」をなんとか言語化・法則化して伝えようとする姿勢が多くの人々の心をつかむのかもしれません。

大草直子さんの著書。

大草さんのスタジオのファッション

Wandering(ワンダリング)の白いニット

スタジオで着用されていたトップスは Wandering(ワンダリング)の白いモヘアのニット。

Cyclas(シクラス)のパンツ

スタジオで着用されていたパンツは Cyclas(シクラス)

大草さんの旅ファッション

Erika Cavallini(エリカ・カヴァリーニ)のセットアップ

シワにならない素材でオフィシャルからカジュアルまで使える便利なブラウス+パンツのセットアップは Erika Cavallini(エリカ・カヴァリーニ)のもの。

Sergio Rossi(セルジオ・ロッシ)のショートブーツ

セットアップと合わせていた靴は Sergio Rossi(セルジオ・ロッシ)のスクエアヒールのショートブーツ。ボルドー色がよくなじんでいました。

Frame(フレイム)のシャツ

ビジネスシーンではきちんと見えるシャツを着用。着ていたのはLAのブランド Frame(フレイム)のシャーリングスリーブの白いシルクシャツ。袖がエレガント。

Furla(フルラ)のミニクロスボディバッグ

チェーンバッグは Furla(フルラ)のミニクロスボディバッグ 20。黒とボルドーと2つを服に合わせて使い分けていたようです。

Lautreamont(ロートレアモン)のコート

香水を買いにいくシーンで着ていたのは Lautreamont(ロートレアモン)と大草さんとのコラボ商品のトレンチコート。
ボリュームスリーブが可愛らしい印象に。オレンジ、ベージュ、カーキの3色あり。

Rimowa(リモワ)のキャリーバッグ

年に4-5回は海外に出かけるという大草さん。ホテルのお部屋のシーンでスーツケースを広げて見せてくださってました。Rimowa(リモワ)のキャリーバッグの黒。

LeSportsac(レスポートサック)のパッキングキューブセット

スーツケースの中の整理に使っていた花柄のパッキングポーチは LeSportsac(レスポートサック)のパッキングキューブセット。
大草さんとレスポートサックのコラボ商品で Morning Garden(モーニングガーデン)という柄です。発売されると即売り切れになってしまったようです。

Priv. Spoons Club(プライベート・スプーンズ・クラブ)のパッキングポーチとアメニティポーチ

スーツケースの中の整理に使っていた言葉が書かれたパッキングポーチとアメニティポーチは Priv. Spoons Club(プライベート・スプーンズ・クラブ)のトラベルコレクション。どちらも白・黒の2色あり。

ミラノ巻き

ストールのお悩みを解決する巻き方として紹介されていたのは ミラノ巻き
縦のラインが強調されて逆三角のVゾーンができると、首は長く顔はコンパクトに見える効果あり。

ポイント
①ストールはたたまない
②両端を持ってストールを上下に弾ませじゃばらに空気をためる
③首にかけて長い方をグルっとひと巻き
④体の外側からストールを少し引き出し輪をつくる
⑤もう片方の端を輪に入れる
⑥両端を下に引っ張り形を整える

スタジオで三浦さんが実践。男性のミラノ巻きも素敵です。ジャケットにインもおすすめ。

肩回しブラウジング

シャツをかっこよくインするコツとして紹介されたのが 肩回しブラウジング
シャツをきちんとインしたら、肩を上げて少し回しながら下ろすとウエストから程よい量が出てきます。出てきたシャツを少し整えて完成。
ブラウジングのかげにウエストが隠れてほっそり見える効果あり。

Milano(ミラノ)

大草さんの今回の目的はストールとシャツの企画商品の打ち合わせ。ミラノへは6月に打ち合わせに行き3ヶ月ぶりの訪問でした。

AD56(エーディー・チンクワンタセイ)

大草さんのアイテム開発のパートナーと紹介されていたのは Stefano Asnaghi(ステファノ・アスナギ)さん。1956年創業のミラノのネックウェア製造会社 AD56(エーディー・チンクワンタセイ) の代表です。

創業時はイタリア軍隊のためのネクタイ製造をしていたAD56。現在は世界中の有名ブランドのネクタイをOEM生産する他、自社ブランドAd56、AD&C 1956、Daniel Milano 1956なども展開。ネクタイ、ポケットチーフ、マフラー、スカーフなどを製造販売しています。
日本のアパレルとの取引も多くインスタには来日の様子もアップされています。
今回は大草さんが開発中のストールを一緒に手掛けています。

名前AD56(エーディー・チンクワンタセイ)
住所Via Borgogna, 7, 20122 Milano MI, Italy
Instagram@Ad56_official
@stefanoasnaghi
アクセス地下鉄 1「San Babila」駅から徒歩3分
地図ミラノMAP 1

AD&C(アーディーアンドシー)のネクタイ。

ユナイテッドアローズ特注品の AD56のシルクタイ。

Toosh(トゥーシュ)

ステファノさんと訪れたのはストールブランド Toosh(トゥーシュ)のショールーム。
デザイナーの Claudia Geraldini(クラウディア・ジェラルディーニ)さんと打ち合わせ。開発中のストールのサンプルが出来上がってきていました。

大草さんがデザインしたのはカシミアとスエードのリバーシブルのストール。さっと羽織れて簡単にスタイリング出来る三角形で端にスエードのフリンジが付いています。
サンプルチェックしもっと大きくしたいと考えた大草さん。しかし大きくすると値段も高くなるため持ち帰って検討することに。

最後に登場した Como(コモ)にあるオフィスも Toosh(トゥーシュ)。そちらには社長の Jacopo Geraldini(ジャコポ・ジェラルディーニ)さんが登場していました。
現在は国際取引が禁止されている希少動物 Chiru(チルー、別名:チベットカモシカ)の毛で織られた幻の織物 Shahtoosh(シャトゥーシュ)。
その幻の織物 Shahtoosh(シャトゥーシュ)をカシミアで再現した布は EcoToosh(エコトゥーシュ)という商品名で販売されています。Vogueイタリア版によるとミシェル・オバマも愛用しているとのこと。

名前Toosh(トゥーシュ)
住所Via Vivaio, 4, 20122 Milano MI, Italy
WEBhttps://www.toosh.it
Instagram@toosh_official
営業時間月〜金:9:30〜18:00
定休日土曜・日曜
アクセス地下鉄 1「San Babila」駅から徒歩8分
地図ミラノMAP 2

Manzoni 24(マンツォーニ 24)

大草さんがデザインしたカシミアとスエードのリバーシブルのストールを制作しているのは Manzoni 24(マンツォーニ 24)。(日本語表記はマンツオーニやマンゾーニとなっていることもあり)
1951年にミラノで創設された毛皮・皮革の貿易企業 Condorpelli(コンドルペリ)が事業を拡大。一流メゾンブランドのレザーやニット製品の製造を手掛けるようになり、自社ブランドとして立ち上げたのが Manzoni 24。

ストールをつくるのは縫製業38年の熟練職人 ティツィアーナ・ピザンティさん。特に柔らかいスエードを指定していたため扱いが極めて難しくベテラン職人が手作業で製作しています。
スエードをカットするのも、異素材を縫い合わせるのも技術のいる仕事。先端にフリンジを縫い付ける工程もティツィアーナの工夫で美しく仕上がっていました。

名前Manzoni 24(マンツォーニ 24)
住所Via Alessandro Manzoni, 24, 20121 Milano MI, Italy
WEBhttp://www.manzoni24.it
Instagram@manzoni24official
営業時間月〜土:10:00〜14:00, 15:00〜19:00
定休日日曜
アクセス地下鉄 3「Montenapoleone」駅から徒歩1分
地図ミラノMAP 3

Manzoni 24(マンツォーニ 24)の襟付きポンチョ。

Finamore(フィナモレ)

最高のシャツを開発しようとしている大草さん。
訪れたのはナポリの老舗ブランド Finamore(フィナモレ)のミラノオフィス。
1925年に Carolina Finamore(カロリーナ・フィナモレ)が小さなアトリエでハンドメイドのシャツをつくり始めました。現在は3代目のシモーネ、パオロ、アンドレアが引き継いでいます。
メンズシャツが有名なフィナモレですが、レディースも美しいシルエット。大草さんも10年前に日本のセレクトショップで出会いその着心地にすっかり惚れ込んだそうです。

出迎えてくれたのはトップデザイナーの Paolo Finamore(パオロ・フィナモレ)さん。大草さんは6月に工場を訪問し、今回はサンプルの仕上がりをチェック。
オーダーしたのはリネン素材の黄色いシャツ。きっちりしすぎないデザインで、色落ちしてくる経年変化も楽しめるカラー。第2ボタンのデザインを変える工夫もあり。

パオロさんからは日本とイタリア両方で販売できるシャツをつくらないかと相談。
伸縮性がいいウール100%の生地でストレッチが効くシャツの企画も進むようです。

名前Finamore(フィナモレ)
WEBhttps://www.finamore.it
Instagram@finamore1925

紹介されていたのはナポリの老舗ブランド Finamore(フィナモレ)の手縫いシャツ。

Fueguia 1833(フエギア 1833)

ファッションに悩める三浦さん。
茨城出身の三浦さんが12-3歳の時はスエットを片足たくしあげて着るのが最大級のおしゃれだったそうです。

そんな悩める三浦さんに大草さんがとっておきのアイテムをプレゼント。
大草さん自身も2年前から愛用しているミラノの香水ブランド Fueguia 1833(フエギア 1833)で、三浦さんとJUJUさんをイメージしてオリジナルの香水をつくってくれました。
調合してくれたのはオーナー調香師の Julian Bedel(ジュリアン・ベデル)さん。ミラノ本店の内装やフラスコっぽいボトルもジュリアンさんのデザインだそうです。素敵。
三浦さんはジャスミン、レモン、ネロリなど。JUJUさんはオークウッド、ラム、ローズなど。それぞれネームが入ったボトルも美しいです。

Fueguia 1833は東京六本木のグランドハイアット東京 1Fロビーにも支店あり。
大草さんはローズウッド、マホガニーが調合された Jacaranda(ハカランダ)という名の香りを愛用しているとのこと。

名前Fueguia 1833(フエギア 1833)
住所Via Tommaso Grossi, 1, 20121 Milano MI, Italy
WEBhttps://fueguia.eu
Instagram@fueguia1833
営業時間11:00〜20:00
定休日なし
アクセス地下鉄 1「Cordusio」駅から徒歩3分
地図ミラノMAP 4

ハーパーズ バザーにFueguia 1833の調香師ジュリアン・ベデルさんの記事が掲載されています。

Ceresio7(チェレジオ・セッテ)

イタリアでは Aperitivo(アペリティーボ)という夕食前に家族や友人と軽く1杯飲む習慣があります。
多くのバルやレストランでは18時頃から1ドリンクに軽食やビュッフェが無料で付いてくるアペリティーボの時間あり。

大草さんが行ったバーは Ceresio7(チェレジオ・セッテ)。ファッションブランド Dsquared2(ディースクエアード)の本社ビルの最上階にあるプール付きのレストラン&バー。
ブルガリホテルのシェフだった Elio Sironi(エリオ・シローニ)がシェフを務め、インテリアデザインはDsquared2の Dean Caten(ディーン・ケイティン)Dan Caten(ダン・ケイティン)兄弟。2013年のオープン以来ファッショニスタに人気のお店です。

おしゃれバーはアペリティーボのおつまみまでおしゃれ。1ドリンク頼むとこんなにもおつまみが付いてきます。ただしドリンクはちょっとお高めです。

大草さんはアペリティーボを楽しみながらも内装のカラーコーディネートをチェック。隅々まで計算された配色でした。

名前Ceresio7(チェレジオ・セッテ)
住所Via Ceresio, 7, 20154 Milano MI, Italy
WEBhttps://www.ceresio7.com
Instagram@ceresio7
営業時間12:30〜25:00
定休日なし
アクセス地下鉄 5「Monumentale」駅から徒歩3分、Dsquared2本社最上階
地図ミラノMAP 5

Hotel VIU Milan(ホテル VIU ミラノ)

大草さんが宿泊していたのは Hotel VIU Milan(ホテル VIU ミラノ)。インテリアデザインは Nicola Gallizia(ニコラ・ガリツィア)、家具はミラノの家具ブランド Molteni&C(モルテーニ)で統一。シックでモダンな雰囲気です。
ロビーにいらっしゃるシーンでホテルの洗練された様子にうっとり。
スーツケースの中を見せてくださったシーンのお部屋はこちらのホテルではなくスペイン・メノルカ島のホテル Hotel Boutique Can Sastre(ホテル・ブティック・カン・サストレ)です。

眺めの良いルーフトッププールからはミラノの街が一望。朝食も最上階の朝食ルームでいただけます。

名前Hotel VIU Milan(ホテル VIU ミラノ)
住所Via Aristotile Fioravanti, 6, 20154 Milano MI, Italy
アクセス地下鉄 5「Monumentale」駅から徒歩6分
地図ミラノMAP 6

2017年にオープンした新しい5星ホテル。

ミラノMAP

レシピ

ドラッグクィーンとして活躍する Simona Sventura(シモーナ・スベントゥーラ)さんと Panda Osiris(パンダ・オシリス)さんがイタリア家庭料理で料理対決。どちらの料理も美味しそうでした。

お2人はシモーナさんさん率いる Queen Sisters Show(クィーン・シスター・ショー)に出演。
イタリア各地をショーで回るから美味しいものに詳しいそうです。

Cotoletta alla Bolognese(ボローニャ風カツレツ)

手先がとっても器用で衣装も手づくりだというシモーナさんがつくるのは Cotoletta alla Bolognese(ボローニャ風カツレツ)
カツレツはイタリアの庶民が知恵と工夫であみだしたアイデア料理。ヴァッレダオスタ風、ミラノ風、ナポリ風、ボローニャ風など地域によって独特の味があります。
シモーナさんのお気に入りはボローニャ風。

【材料】
 子牛の肉(豚肉でもOK) 200g
 卵           1コ
 パン粉         適量
 塩、こしょう      適量
 生ハム         適量
 生クリーム       150ml
 パルメザンチーズ    20g
 トマトソース      適量
 オリーブオイル     適量

【つくり方】
①子牛の肉をたたいて伸ばす
 お肉を大きくしたらたくさん衣がついてボリューム満点
②塩、こしょうをふり、卵にくぐらせてパン粉をつける
③オリーブオイルで両面カリッと、綺麗なきつね色になるまで揚げる
④生ハムを乗せる
 ボローニャは美味しいチーズや生ハムの産地
⑤生クリームにパルメザンチーズを溶かしたソースをかけてお好みでトマソソースも添えてできあがり

Frittata(イタリア風オムレツ)

普段は料理人だというパンダさんは見事な手さばきで Frittata(イタリア風オムレツ)を披露。

【材料】
 卵        3コ
 野菜(ゆでた状態)40g
 パルメザンチーズ 20g
 残り物のパスタ  適量
 生クリーム    大さじ2〜3
 塩、こしょう   適量
 オリーブオイル  適量

パンダさんが使っていたのは Ortica(オルティーカ 和名:西洋イラクサ)という野草。道端に生えていたりするそうで、ヨモギと茶葉を合わせたような味。
日本では入手しづらいのでほうれん草など好きな葉物野菜でOK。

①卵3つを割りほぐし、ゆでたオルティーカ・パスタ・パルメザンチーズ・生クリーム・塩・こしょうを入れ、よく混ぜて空気を含ませる
②フライパンにオリーブオイルを入れ熱して①を入れ卵が完全に固まらないうちにひっくり返す
③火が通ったらできあがり

イタリア・絶品ワインを探す旅 のまとめはこちらへ!

ミラノ&パリ・運命の靴を探す旅 のまとめはこちらへ!

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!


あわせて読みたい