ここは行きたい!2度目のキューバのおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
毎回世界のどこかの街で3日間を決まったおこづかいで過ごす充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のキューバ おこづかい3万円で充実旅(初回放送:2017年9月12日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 呂敏(ROBIN ろびん)さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
キューバの通貨は 人民ペソ または だ換ペソ。1人民ペソ=5円、1だ換ペソ=110円(2017年8月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
ハバナMAP

ハバナで泊まる

2度目のキューバでは2度目の旅シリーズ始まって以来の宿泊費込みおこづかい3万円。
番組ではキューバの民宿 Casa Particular、通称・Casa(カサ)に泊まることをおすすめしていました。
ホテルは1泊1〜2万円台のものが多いようですが、カサは1泊2〜3千円台で泊まれてリーズナブル。政府の公認を受けているカサにはマークがついています。ハバナ市内に約1900件登録されているそうです。青いマークが外国人用、赤いマークがキューバ人用。


Casa Villa 1936(カサ・ヴィラ 1936)

ルイス・ゴンドラ・ゴメスさんとイダルミスさんの仲良し夫妻が経営する Casa Villa 1936(カサ・ヴィラ 1936)Centro Habana(セントロ・ハバナ)地区 にある1936年に建てられた建築を改築したカサで、4部屋あります。
清潔で可愛いお部屋はバストイレ、冷蔵庫付き。眺めがよい屋上バルコニーで食事をしたりダンスパーティーをしたり、とってもアットホームで素敵な宿でした。
1泊(朝食付き)35.00だ換ペソ(3,850円)です。

夕食 もお願いすれば 10.00だ換ペソ(1,100円)でつくってもらえます。
番組でいただいていたのは Roja Vieja(ロパビエハ)というキューバの家庭料理。ほぐし牛肉のトマト煮込みです。
ロパは服、ビエハは古いという意味です。肉を細く裂いてつくるため裂いた肉が古着のように見えるのが由来だそうです。
肉の下ごしらえに1時間、手間はかかりますがキューバで人気の料理。味が染み込むように丁寧に肉を小さく裂くのがポイントです。
牛肉、ピーマン、たまねぎ、にんにく、トマトソースと調味料で炒めて煮ると柔らかいお肉にソースがしみしみ。

週末の夜には宿泊客や家族の友人が集まって屋上バルコニーでダンスパーティー!みんなでサルサを踊って楽しそうでした。
3日間でも住んでいる気分になれそうです。サンドイッチ屋さん El Toldito(エル・トルディート)もすぐ近くにあります。

名前Casa Villa 1936(カサ・ヴィラ 1936)
住所San Nicolas #366 e/ San Rafael y San Miguel, Centro Habana
定休日不定休
アクセスParque Central(セントラル公園)から徒歩10分
地図ハバナMAP 1

キューバ音楽に惹かれてキューバに憧れている人も多いのではないでしょうか。必見の名作ドキュメンタリー映画。

ハバナで食べる

El Toldito(エル・トルディート)

Centro Habana(セントロ・ハバナ)地区の人気のサンドイッチ屋さん El Toldito(エル・トルディート)。宿泊した カサ・ヴィラ 1936 から徒歩3分のところにあります。
サンドイッチは安くて気軽に食べられる人気のファーストフード。キューバではプレスして両面焼くのが一般的だそうで、パンは外がビスケットみたいにサクサク。
中身はハム、チーズ、きゅうり、たまねぎ、トマトケチャップ。ぎっしり詰まっています。2度目のニューヨーク で登場したキューバ料理屋さんマルゴン・レストランでもサンドイッチを両面焼きしていましたね。
キューバ風サンドイッチ 10人民ペソ(50円)です。あまりにもリーズナブルでびっくり。

名前El Toldito(エル・トルディート)
住所San Rafael No.216, Centro Habana
営業時間
定休日不定休
アクセスParque Central(セントラル公園)から徒歩7分
地図ハバナMAP 2

7 Días(シエテ・ディアス)


近海で獲れた新鮮なロブスターが格安で味わえる海岸沿いのレストラン 7 Días(シエテ・ディアス)。2016年オープンです。
夕方には美しいサンセットを見ながら食事ができる最高のロケーションです。
ハバナの中心部からタクシーで15分ほど海岸沿いをドライブしたところにあります。
タクシー代 12.00だ換ペソ(1,320円)。タクシーはカサやホテルで呼んでもらえます。乗る前に料金を交渉するのがキューバ流。前もって相場を調べておくとよいですね。

レストランの目の前は美しいビーチ。このビーチは映画『7 Días en La Habana(セブン・デイズ・イン・ハバナ)』のロケ地だそうです。店名の「7 Días」は映画にちなんで名付けられたのでしょうか。

広いオープンテラスの席からは海が見えます。夕日が沈む海を眺めながらのディナーはとってもロマンティコ。
お店の方がキューバどころかカリブ1美味しいと豪語するご自慢のロブスターはお値段もお手ごろ。
ぷりっぷりの大きなロブスターが2匹で1人前。特製バターソースを塗りながら炭火でこんがり焼いています。ソースはバター、にんにく、ライム、はちみつ入り。美味しそう!
ロブスターグリル 16.00だ換ペソ(1,760円)、ビール 2.00だ換ペソ(220円)です。

名前7 Días(シエテ・ディアス)
住所Calle 14, Miramar, La Habana
WEBhttps://www.facebook.com/Restaurante-7-Días(Facebookページ)
営業時間12:00〜24:00
定休日不定休
アクセスハバナ中心部からタクシーで約15分
地図ハバナMAP 3

2012年公開の映画『セブン・デイズ・イン・ハバナ』。月曜日から日曜日まで7人の監督がハバナを舞台に1日の物語を描くアンソロジー。

Ajiaco Café(アヒアコ・カフェ)

2011年オープンの Ajiaco(アヒアコ)の人気店 Ajiaco Café(アヒアコ・カフェ)
ハバナの中心部から東へタクシーで15分ほどの Cojimar(コヒマル)というエリアにあります。
タクシー代 15.00だ換ペソ(1,650円)。

アヒアコとはキューバの伝統料理。家庭やレストランでよく出される野菜の煮込み料理だそうです。
具材は豚肉、鶏肉、羊肉、たまねぎ、トマト、パプリカ、にんにく、ライム、トウモロコシ、バナナ、イモ類など。
20種類以上の材料が入っていますが味の決め手はお店の農園で栽培している有機野菜。採れたての新鮮な野菜がじんわり旨味をだしています。
具材を炒めてチキンスープを入れて1時間ほど煮込むととろとろのシチューになります。ライムを絞っていただきます。

先住民の料理にスペインやアフリカなどキューバに移り住んで来た人たちの食文化がミックスされて生まれたみんなのソウルフード。キューバの人たちが大好きな料理なんですね。
呂敏さんはハバナ発祥のカクテル Mojito(モヒート)もいただいていました。フレッシュで美味しそう!
アヒアコ 3.50だ換ペソ(385円)、モヒート 2.75だ換ペソ(303円)です。
こちらのお店はコーヒーもご自慢のようですよ。

名前Ajiaco Café(アヒアコ・カフェ)
住所Calle 92, #267 entre 5ta y 3ra E, Cojimar, Habana del Este
WEBhttp://www.ajiacocafe.com
営業時間12:00〜24:00
定休日不定休
アクセスハバナ中心部からタクシーで約15分
地図ハバナMAP 4

ハバナで歩く

旧市街の対岸にある Casabranca(カサブランカ)は緑が多くてのんびりした雰囲気の場所。
車でも行けますが、旧市街の Plaza Vieja(ビエハ広場)近くの Terminal de Ferris(フェリーターミナル)から渡し舟で行くのがおすすめ。
乗船料(旧市街→カサブランカ)1だ換ペソ(110円)です。
地元の人たちでいっぱいの渡し船に乗って対岸のカサブランカまで10分程度です。

名前Terminal de Ferris(旧市街フェリーターミナル)
住所Av. Del Puerto, La Habana
営業時間6:00~20:00
定休日なし
アクセスビエハ広場から徒歩5分
地図ハバナMAP 5

カサブランカを散策

Parque de Casabranca(カサブランカ公園)

カサブランカには旧市街から船で10分で到着。
フェリーターミナルを出てすぐのところに Parque de Casabranca(カサブランカ公園)があります。
この辺りで見かける赤みがかったオレンジ色の花を咲かせているのは火炎樹という木だそうです。鮮やかで美しいですね。

緑豊かな公園を散策しているとサトウキビジュースの路上店発見。ぐるぐる手で回す機械でサトウキビを絞っていて面白いのです。
1杯につきサトウキビ2本、一緒に絞ったライムの酸味が効いているとのこと。
サトウキビジュース 3.00だ換ペソ(330円)。

名前Lanchita de Casablanca(カサブランカ・フェリーターミナル)
住所Lancha Habana – Casa Blanca, La Habana
アクセス旧市街フェリーターミナルから船で10分
地図ハバナMAP 6
名前Parque de Casabranca(カサブランカ公園)
住所Lancha Habana – Casa Blanca, La Habana
アクセスカサブランカ・フェリーターミナルから徒歩2分
地図ハバナMAP 7

Salon de Liuba(サロン・デ・リウバ)

サトウキビジュースのお店の方のおすすめの美容室 Salon de Liuba(サロン・デ・リウバ)
カサブランカ公園からキリスト像に向かう途中にあるそうです。

キューバでは編み込みが流行っているということで、早速やってもらう呂敏さん。
編み込みヘア 3.00だ換ペソ(330円)です。編み込みの量によってお値段が変わるようです。
輪ゴムはなかなか手に入らないということで、なんとコンドームを切って髪留めのゴムをつくっていました。呂敏さんの編み込みもコンドーム製のゴムで止められていました。

名前Salon de Liuba(サロン・デ・リウバ)
住所Calle Animas y abajo de escaleras del Cristo, Casablanca, La Habana
営業時間月~土:9:00~16:00
定休日日曜
アクセスカサブランカ・フェリーターミナルから徒歩5分
地図ハバナMAP 8

El Cristo de La Habana(ハバナのキリスト像)

カサブランカ公園から坂を上がって行くと、高さ約20mの白い大きな El Cristo de La Habana(ハバナのキリスト像)が出現。1958年のクリスマスイブに建てられたそうです。
丘の上には旧市街が一望できる絶景が広がります。

名前El Cristo de La Habana(ハバナのキリスト像)
アクセスカサブランカ・フェリーターミナルから徒歩11分
地図ハバナMAP 9

ハバナMAP


あわせて読みたい