世界はほしいモノにあふれてる「タイ・五感で楽しむオーガニックフード」紹介リスト

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
世界はほしいモノにあふれてる タイ・カラフル!五感で楽しむオーガニックフード(初回放送:2019年2月7日)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん、バイヤーは 株式会社 Asplund(アスプルンド)フード&ビバレッジのバイヤー 松田政樹(まつだまさき)さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
バンコクMAP
チェンマイMAP

2度目のタイ・バンコク編 のまとめはこちらへ!

ニュージーランド・キレイを探す旅 のまとめはこちらへ!

Bangkok(バンコク)

Organic Supply(オーガニック・サプライ)

松田さんがエメラルドグリーンのドリンクを注文していたカフェはバンコクの郊外にある Organic Supply(オーガニック・サプライ)。オーガニック製品のショップにカフェが併設されています。エメラルドグリーンのドリンクは藻の一種・スピルリナのスムージー。他にもカラフルでヘルシーなスムージーがいろいろあります。

ショップには食材はもちろんコスメやハウスキーピング用品や雑貨までオーガニック製品が取り揃えられていてお土産やプレゼントを買うのにもぴったり。
中心部からは離れているのでタクシーで行くのが良さそうです。

名前Organic Supply(オーガニック・サプライ)
住所148 Nak Niwat Rd, Khwaeng Lat Phrao, Khet Lat Phrao, Bangkok
WEBhttps://www.facebook.com/organicsupply.bkk/(Facebookページ)
Instagram@organicsupplybkk
営業時間10:00〜20:00
定休日なし
アクセストンロー通りからタクシーで約30分
地図バンコクMAP 1

Patom Organic Living(パトム・オーガニック・リビング)

ちらりと映った素敵なカフェは2016年11月にオープンしたオーガニックの庭園カフェ Patom Organic Living(パトム・オーガニック・リビング)。ちょっとしか映らなかったのにとても惹かれてしまう佇まい。トンロー通りの裏通り、広いお庭の中にあるそうです。大きなガラス張りの空間は気持ち良さそう!

ここは Nakorn Pathom(ナコンパトム県)の Sampran Riverside Hotel(サームプラーン・リバーサイドホテル)のオリジナルブランドのオーガニック商品を販売するショップと併設のカフェ。カフェではヘルシーなオーガニックジュースやスイーツがいただけます。ショップには食品やオーガニックコスメあり。

名前Patom Organic Living(パトム・オーガニック・リビング)
住所9, 2 Phrom Phak Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok
WEBhttps://www.patom.com
Instagram@patom_organic_living
営業時間火〜日:9:00~18:30
定休日月曜
アクセス電車「Khlong Tan(クローンタン)」駅から徒歩23分、トンロー通りから徒歩7分
地図バンコクMAP 2

バタフライピーとレモングラスをブレンドした爽やかなハーブティー。ティーバッグ入りだから使いやすいです。

Broccoli Revolution(ブロッコリー・レボリューション)

今SNSで話題のカフェ Broccoli Revolution(ブロッコリー・レボリューション)。肉や卵など動物性の食材を使わないヴィーガンに特化したカフェです。

一番人気は黒いバンズが目を引く Broccoli Quinoa Charcoal Burger(ブロッコリーとキヌアのハンバーガー)。290バーツ(1バーツ=3.51円として 1,018円)とそこそこのお値段。パテはブロッコリーとキヌアで、バンズは竹の墨を練りこんだチャコールパン。

ケーキも全て牛乳や卵を一切使わないという Dairy Free(デイリーフリー)に Egg Free(エッグフリー)。クリームも豆乳でつくっています。
健康志向が進む中で乳成分の代用品ろしてアーモンドミルク、豆乳などが急速に広まっています。

新商品の Pitaya Bowl(ピタヤ・ボウル)。オーガニックフルーツをふんだんに使っているカラフルなスムージーボウルです。タイの定番フルーツ・ピタヤとは Dragon fruit(ドラゴンフルーツ)のこと。ポリフェノールが豊富で美容や老化防止にいいと言われ次世代のスーパーフードとして注目されています。

タイではヴィーガンやオーガニックはお年寄りの食べ物と思われてきたそうですが、最近は若者に人気で新しい世代のトレンドとなっています。

名前Broccoli Revolution(ブロッコリー・レボリューション)
住所899 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok
WEBhttp://broccolirevolution.com
Instagram@broccolirevolution
営業時間月〜金:9:00~22:00、7:00~22:00
定休日なし
アクセスBTS「Thong Lo(トンロー)」駅から徒歩5分
地図バンコクMAP 3

飲みやすいピタヤスムージーパウダー。豆乳とシェイクして。

Bangkok Farmers Market(バンコク・ファーマーズ・マーケット)

バンコクで一番人気のファーマーズマーケット Bangkok Farmers Market(バンコク・ファーマーズ・マーケット)。素材にこだわった店が多数やってくるので松田さんも行くたびに新たな発見があると言います。

毎週土曜・日曜に開催されますが場所は毎回変わります。詳細はオフィシャルWEBサイトで確認してください。

名前Bangkok Farmers Market(バンコク・ファーマーズ・マーケット)
WEBhttp://www.bkkfm.org
Instagram@bkkfm

Farm Dee(ファーム・ディー)

松田さんがチェックしていたのは Farm Dee(ファーム・ディー)の野菜洗い用の洗剤 Vegetable Wash(ベジタブル・ウォッシュ)。自然由来の成分でできた野菜洗い用の洗剤でいい香りお肉にも使えます。
野菜洗い用の洗剤(450ml)100バーツ(351円)です。

名前Farm Dee(ファーム・ディー)
WEBhttp://farm-dee.com

Amy’s Farm(エイミーズ・ファーム)

ファーマーズマーケットに出店していたオーガニックのベーカリー Amy’s Farm(エイミーズ・ファーム)。常設店は Gateway Ekamai(ゲートウェイ・エカマイ)にあります。

オーガニックの Sankaya Bread(サンカヤー・ブレッド)は 75バーツ(263円)。サンカヤーはタイの郷土菓子。蒸したパンをグリーンのクリームにディップしていただきます。
緑色のクリームは東南アジアでよくスイーツに使われるハーブ Pandan Leaf(パンダン・リーフ)を使っています。甘い香りから東洋のバニラと呼ばれるハーブ。
こちらのショップはオーガニックのアイスも美味しそう!

名前Amy’s Farm(エイミーズ・ファーム)ゲートウェイ・エカマイ店
住所Gateway Ekamai, Khwaeng Phra Khanong, Khet Khlong Toei, Bangkok
WEBhttps://www.facebook.com/pages/Amys-Farm-Gateway-Ekamai/192144961569832(Facebookページ)
Instagram@amyfarmbkk
営業時間9:00〜21:00
定休日なし
アクセスBTS「Ekamai(エカマイ)」駅から徒歩1分
地図バンコクMAP 4

Essential Po•sol•o•gy(エッセンシャル・ポソロジー)

ファーマーズマーケットに出店していたオーガニックハーブのエキスのショップ Essential Po•sol•o•gy(エッセンシャル・ポソロジー)
ハーブチンキと呼ばれるハーブの濃縮エキスは2〜3滴飲み物に入れて飲むそうです。
タイのオーガニックハーブは自然、特に土からたくさんの栄養を得ているのでとても品質の良いものが多いと言われていました。

名前Essential Po•sol•o•gy(エッセンシャル・ポソロジー)
WEBhttps://facebook.com/Essential.Posology/(Facebookページ)
Instagram@essentialposology

Lemon Farm(レモン・ファーム)

タイは数千種類のハーブがある世界有数のハーブ大国。松田さんが今一番力を入れているのもタイのハーブということで、バンコクで一番のオーガニックスーパー Lemon Farm(レモン・ファーム)で最新トレンドのハーブ商品をチェック。バンコク内に10店舗展開するオーガニックの食品や自然派の日用品を専門的に扱うスーパーマーケットです。

お茶のコーナーにはハーブティーがたくさん!
お土産として大人気なのが乾燥させたレモングラスのつまようじ。レモングラスそのままで良い香りがします。
レモングラスは虫が嫌うということもありレモングラスでつくった虫よけスプレーも人気です。

名前Lemon Farm(レモン・ファーム)トンロー店
住所90 ซอยทองหล่อ2, Soi Sukhumvit 55, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok
WEBhttp://www.lemonfarm.com
Instagram@lemonfarmorganic
営業時間10:00〜21:30
定休日なし
アクセスBTS「Thong Lo(トンロー)」駅から徒歩5分
地図バンコクMAP 5

シトロネラ・ゼラニウム・レモングラス・ユーカリレモン配合の虫よけスプレー。

Bo.lan(ボラン)

商品開発のヒントを求め訪れたのはバンコクトップクラスの星付きレストラン Bo.lan(ボラン)。世界的にも有名なシェフ夫妻 Duangporn (Bo) Songvisava(ボー・ソンウィサワ)さん と Dylan Jones(ディラン・ジョーンズ)さんのお店です。
ボーさんはアジアのベスト女性シェフに選ばれた有名シェフです。料理のコンセプトはオーセンティックなタイ料理。タイ古来の料理法や食材にとことんこだわり伝統の味を追求しています。

松田さんがいただいたのはハーブやスパイスが綺麗な季節のコース料理。鶏肉とタケノコの炒め物、サトー豆のソテーなどメインディッシュが3品。

厨房にはペースト用の引き出しがあって料理ごとに違うハーブを使い違う味を出します。ボーさんは味付けだけでなく香りを立てることも心がけているそうです。
乾燥ハーブを使うインド料理と違って新鮮なハーブを使うタイ料理。クロックと呼ばれる石臼でハーブをすり潰してフレッシュな香りを立てています。

ランチコースは 1,880バーツ(6,600円)〜、ディナーコースは 3,280バーツ(11,513円)〜、とちょっとお高め。オフィシャルWEBサイトから予約して行くのが良さそうです。

名前Bo.lan(ボラン)
住所24 Sukhumvit 53 Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok
WEBhttp://www.bolan.co.th
Instagram@bo.lan_essentially_thai
営業時間火〜金:18:00~22:30、土日:12:00〜14:30, 18:00~22:30
定休日月曜
アクセスBTS「Thong Lo(トンロー)」駅から徒歩4分
地図バンコクMAP 6

Asia Herb Association(アジア・ハーブ・アソシエーション)

美容大国タイではハーブを使ったエステも盛ん。エンディングで映っていたのはオーガニックハーブを使ったスパ Asia Herb Association(アジア・ハーブ・アソシエーション)。バンコクに5店舗、その他タイ国内に3店舗、カンボジアに2店舗あり。番組で紹介されていたのは Benchasiri Park(ベンジャシリパーク)店だと思います。

こちらのスパではタイ古式マッサージ、フットマッサージ、オイルマッサージや薬草療法の施術を受けることができます。
紹介されていたのは Herbal Ball(ハーバルボール)という18種類のハーブが入っているボールでの施術。自社オーガニック農園で育てたオーガニックハーブを使用。温かく蒸したハーバルボールを優しく押し当てるとハーブの香りに癒されながら筋肉もほぐれていきます。疲れもとれるし肩こりにも良いそうです。気持ち良さそう!

日本人にも人気のスパで、オフィシャルWEBサイトには日本語ページあり。オンライン予約ができます。
タイ古式マッサージ+ハーバルボールのダブルトリートメント 90分コースで 1,300バーツ(4,563円)〜。部分マッサージやスチームサウナのオプションもあり。

名前Asia Herb Association(アジア・ハーブ・アソシエーション)ベンジャシリパーク店
住所598-600 Sukhumvit Rd, Khlong Toei, Khet Khlong Toei, Bangkok
WEBhttps://asiaherbassociation.com(日本語ページあり)
Instagram@asia_herb
営業時間9:00〜26:00
定休日なし
アクセスBTS「Phrom Phong(プロムポン)」駅から徒歩4分
地図バンコクMAP 7

ハーブボールを買えば自宅でもマッサージが楽しめます。数回使用でき、使用後はお風呂に入れて入浴剤に。

Vala(バラ)

松田さんはタイのハーブを生かした新商品の開発をタイの食品メーカー Vala(バラ)と進めていました。
この日はバンコクにある本社に打ち合わせ。半年以上かけてレトルトカレーの試作品をつくっています。

スタジオでも試食していたグリーンカレーとレッドカレー。グリーンカレーには香りのいいコブミカンの葉、レッドカレーにはバジルが入っています。
カレーペーストをつくるハーブまで全てオーガニック認証のもの。苦労して日本の基準を満たすハーブを探して使用しているそうです。
できあがりが楽しみですね!

名前Vala(バラ)
WEBhttp://www.valathaifood.com

am Zap!(アムザップ)

別のオリジナル商品開発の打ち合わせで向かったのは ヴィーガンのふりかけメーカー am Zap!(アムザップ)。7ヶ月かけて試作を重ねているタイフレーバーのふりかけを試食してさらに改良のアイデアを出していました。

スタジオで試食していたマンゴー味のふりかけにはチリなどが入っていて、三浦さんもびっくりするほど後で辛さがやってきます。
調味料を一切使わず、スパイスにドライフルーツをミックスした添加物なしのナチュラルふりかけ。ごはんやサラダにかけて食べるそうです。

名前am Zap!(アムザップ)
WEBhttps://www.facebook.com/AMZAP(Facebookページ)
Instagram@amzap_vegan

バンコクMAP

Chiang Mai(チェンマイ)

Bird’s Nest Cafe(バーズ・ネスト・カフェ)

チェンマイ・オーガニック界の有名料理人 ヤオワディー・チューコンさんのカフェ Bird’s Nest Cafe(バーズ・ネスト・カフェ)。ヤオワディーさんはレシピ本も出版してチェンマイから世界へオーガニックフードの魅力を発信しています。

ヤオワディーさんがチェンマイで店を開いたのはオーガニック農園とのつながりが強いからと言います。カフェでは地元の食材を使った料理が人気。地元農家と食べる人たちが出会う場にしたいと語っていました。

View this post on Instagram

@_tschuppi_がシェアした投稿

人気メニューはチェンマイ名物の Khao Soi(カオソーイ)。ココナッツミルクを使った甘味のある濃厚カレースープ、中には茹でた麺、上にカリカリに揚げた麺が乗っています。
生きることは食べること、というヤオワディーさんの料理。とっても美味しそうでした!

名前Bird’s Nest Cafe(バーズ・ネスト・カフェ)
住所11 ซอยสิงหราช 3 Singharat Rd, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai
WEBhttps://facebook.com/birdsnestcafe/(Facebookページ)
営業時間水〜月:8:30〜18:00
定休日火曜
アクセススアンドーク門から徒歩8分
地図チェンマイMAP 1

家でも食べたくなったらオーガニックのカオソーイペースト。

ワスンタラ農園

チェンマイの郊外にあるワスンタラ農園にいるハーブの魔術師、ウィラート・ジュンラガンさんは伝統のハーブ料理を継承する方。のどかな畑の一角で農園自慢のハーブ料理を提供しています。
料理はすべてこの農園で採れた食材でつくられていて、ほとんどがハーブ。素材本来の味と栄養を生かすため茹でたり煮込んだりはあえてしていません。
色とりどりのタイ伝統のハーブが並ぶテーブルは本当にカラフル!

タイ語で「ミャンカム」というお客さんを歓迎するための前菜はココナッツや干しえびなどをハーブの葉に包んでいただきます。綺麗な色ですが想像の3倍辛いそうです。
「カオヤム」というハーブの混ぜごはんはスズメナスというナスの仲間やポメロ(ザボンの一種)など12種類の食材と魚ベースの独特のたれを混ぜ合わせています。今はお寺での行事や結婚式など特別なときに食べる料理ですが、昔は森に行くときにごはんだけ持って行って森の中でハーブなどを採って食べていたというほどの庶民の日常食。
トレンドとしてのオーガニックではなく、自分が食べているものがどこで生まれてどうやって食卓に上ったかを知ることを大切にしたいというウィラートさんでした。

タイ原産の青い花のハーブ Butterfly Pea(バタフライ・ピー)、日本語では(蝶豆 チョウマメ)。お茶にすると高貴な青い色になり国王のおもてなしの定番。とても美しくてタイのカフェでも大人気のハーブティー。ライムを絞ると紫色に変化するのも面白いですね!
バタフライ・ピーに含まれているアントシアニンは髪にも良いと言われていてバタフライピーのシャンプーがタイの女性に人気だそうです。

ハーブの一種・バタフライピー(蝶豆 チョウマメ)の青いお茶。アントシアニンを含んでいます。

バタフライピーの粉末。アイシングやホワイトチョコに混ぜて青いお菓子がつくれます。

チェンマイMAP

フランス・極上の肉を探す旅 のまとめはこちらへ!

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!


あわせて読みたい