ここは行きたい!2度目のニュージーランド・オークランドのおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
毎回世界のどこかの街で3日間を決まったおこづかいで過ごす充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のニュージーランド・オークランド編 おこづかい3万円で充実旅(初回放送:2017年5月9日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 呂敏(ROBIN ろびん)さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
ニュージーランドの通貨は ニュージーランド・ドル(NZドル)。1NZドル=81円(2017年3月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ! MAP

オーストラリア・メルボルン編はこちらへ!

ここは行きたい!2度目のオーストラリア・メルボルンのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のオーストラリア・メルボルン編」のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きリストにしてみました。

オークランドで食べる

Best Ugly Bagels(ベスト・アグリー・ベーグル)【オークランド】

工場跡地にできた流行発信エリア City Works Depot にある Best Ugly Bagels(ベスト・アグリー・ベーグル)
重さ12トンの大きなオーブンで外はカリカリ中はもちもちのベーグルを焼いています。
生地から手づくりしているこだわりのベーグルにたっぷりのフレッシュなトッピング。
ベーグルを長い板に乗せて大きなオーブンに差し入れて焼き、焼きあがると放り投げて箱に入れるつくりかたは見ているだけで楽しめます。

番組では一番人気のトッピング T.A.B.(Tomato Avocado Basil)をオーダーしていました。
呂敏さんは美味しそうに食べてましたね!
ベーグル(T.A.B. トマト、アボカド、バジル)10.00NZドル(810円)、
Lemonade(レモネード)4.50NZドル(370円)でした。
他にもサーモンやパストラミなどいろいろトッピングがあります。グルテンフリーのベーグルもあり。

番組ではレモネードを飲んでいましたが、こちらのお店は引き立ての豆でいれるコーヒーも評判です。
City Works Depot のお隣にはクラフトビールの専門店 Brothers Beer があるのでビールでもよいですね。

お店の中でも外でも食べることができますが、
お天気が良い日はテイクアウェイして徒歩6分ほどの Victoria Park(ビクトリア・パーク)で食べることをおすすめされていましたね。
大きな公園でのんびりするのは気持ちよさそう!

Best Ugly Bagels(ベスト・アグリー・ベーグル)はシティセンターからバスで10分ほどの Newmarket(ニューマーケット)にも店舗があります。
Newmarket に行くことがあればそちらに寄るのもいいですね。

名前 Best Ugly Bagels(ベスト・アグリー・ベーグル City Works Depot 店)
住所 90 Wellesley St W, Auckland
WEB http://www.bestugly.co.nz
Instagram @bestuglybagels
営業時間 7:00〜15:00
定休日 なし
アクセス バス「Opposite 103 Wellesley St West」停留所から徒歩1分
地図 MAP 1
名前 Best Ugly Bagels(ベスト・アグリー・ベーグル Newmarket 店)
住所 3A York St, Newmarket, Auckland
営業時間 月〜金:7:00〜15:00、土・日:8:00〜15:00
定休日 Public Holidays
アクセス 電車「Newmarket」駅から徒歩5分、Inner LINKバス「Broadway near Olympic Pools」停留所から徒歩4分
地図 MAP 2
名前 Victoria Park(ビクトリア・パーク)
住所 203-271 Victoria St W, Auckland
アクセス 「ベスト・アグリー・ベーグル Wellesley St 店」から徒歩6分
地図 MAP 3

Milse(ミルズ)【オークランド】

Britomart(プリトマート)駅 の近くのおしゃれなデザートレストラン Milse(ミルズ)
ケーキやチョコレートやマカロンが並ぶ美しいショーケースに惹かれますが、おすすめはアイスクリーム。
アイスバーの並んだ冷蔵庫から好きなもの選ぶことができます。
中でもメレンゲでコーティングしたアイスは絶品とのこと。
ラズベリー&バニラ味のアイスをホワイトチョコレートでコーティングして
さらにメレンゲをアイスにたっぷり塗ってバーナーで焦げ目をつけています。
アイスを焼く?と不思議に思ってしまいますがメレンゲは焼くと香りが出て豊かな味になるとのこと。
ニュージーランドではメレンゲを焼いたお菓子が人気でアイスクリームでも試したところ美味しくできたのだそうです。
メレンゲアイス 8.00NZドル(650円)です。
店内で食べてもいいし、テイクアウェイもできます。

名前 Milse(ミルズ)
住所 31 Tyler St, Auckland
WEB https://www.milse.co.nz
Instagram @milse_britomart
営業時間 10:00〜23:00
定休日 なし
アクセス 電車「Britomart」駅から徒歩3分
地図 MAP 4

Jervois Steak House(ジャーヴォイス・ステーキ・ハウス)【オークランド】

オークランドの西側の高級住宅街の一角にあるレストラン Jervois Steak House(ジャー・ヴォイス・ステーキ・ハウス)は創業10年のステーキ専門店。
元消防署の建物を利用したレンガ造りのシックな建物です。
ニュージーランドといえばラム。
ホークスベイ産の最高級ラムを特別なオーブンで焼いているためクセがなくて柔らかくてすごくジューシーななラムがいただけます。
300度の高温で焼けるオーブンで肉の表面を焼き固めて普通のオープンでじっくり火を通すと外はカリカリ中はジューシー。
ラム肉特有の臭みがないのでラムが苦手な呂敏さんも美味しいと絶賛。
トリュフソースも美味しそうでしたね。
ラムラック 42.00NZドル(3,400円)
赤ワイン1杯 17.00NZドル(1,380円)です。
グラスワインはちょっと高めですね。
参考までに ボトルワインのメニュー です。

オフィシャルWEBサイト で予約ができます。
ちなみにこちらのお店の牛肉は和牛押しです。

名前 Jervois Steak House(ジャーヴォイス・ステーキ・ハウス)
住所 70 Jervois Rd, Ponsonby, Auckland
WEB http://www.jervoissteakhouse.co.nz
Instagram @jervoisakl
営業時間 月・火・土:17:30〜22:00、水・木・金:12:00〜14:00, 17:30〜22:00、日:17:00〜22:00
定休日 なし
アクセス バス「Jervois Rd and Shelly Beach」停留所から徒歩2分
地図 MAP 5

Real Fruit Ice-Cream & Smoothies(リアル・フルーツ・アイスクリーム & スムージー)【オークランド】

ワイタケレから車で15分ほどのアイス屋さん Real Fruit Ice-Cream & Smoothies(リアル・フルーツ・アイスクリーム & スムージー)
お店の横のイチゴ農場 Phil Greig Strawberry Gardens で採れたイチゴをつかっています。
オーダーするとバニラアイスと凍らせたイチゴを機械に入れてピンク色のイチゴアイスをつくってくれます。
果肉たっぷりで美味しそう!
看板娘の女の子たちも可愛かったですね。
イチゴアイス 4.50NZドル(370円)です。

そして隣の農場 Phil Greig Strawberry Gardens ではイチゴシーズンにイチゴ狩りができるみたいでそちらも気になります。
車がないと行きにくい場所なのがちょっと難ですね。

名前 Real Fruit Ice-Cream & Smoothies(リアル・フルーツ・アイスクリーム & スムージー)
住所 464 State Highway 16, Kumeu, Auckland
WEB https://philgreigstrawberrygardens.co.nz/cafe/
Instagram @philgreig_strawberrygardens
営業時間 月〜金:7:00〜18:00、土・日:8:00〜18:00
定休日 なし
アクセス ワイタケレから車で15分、オークランド中心部から車で20分
地図 MAP 6

La Cigale French Market(ラ・シガール・フレンチマーケット)【オークランド】

Parnell(パーネル)地区 の市場 La Cigale French Market(ラ・シガール・フレンチマーケット)
地元で採れたオーガニック野菜やお惣菜を売っています。買ったお惣菜をイートインのコーナーで食べることもできます。
屋外のマーケットは土日のみオープンしています。
番組では紹介されませんでしたが、カフェは毎日、ビストロは水曜日の夜オープンしています。
詳しくは オフィシャルWEBサイト で確認してください。

屋外のマーケットには40店以上出店しています。
大きなフライパンで作っていたパエリアは美味しそうでしたね。
フレンチマーケットと言いつつ多国籍な料理なのも移民の多いニュージーランドならではなのかもしれません。
呂敏さんが選んだのは
クスクスとレンズ豆のサラダ 5.00NZドル(410円)と
タマネギとフェタチーズのタルト 5.00NZドル(410円)でした。
地元の人たちに混ざってイートインのコーナーで食べていると、
旅行に来ているのに住んでいるように感じるそうです。
素敵な雰囲気のマーケットでした。

また、オークランド中心部の Britomart(ブリトマート)Takutai Square にも
La Cigale Market at Britomart(ラ・シガール・マーケット・アット・ブリトマート)がオープンしているようです。
こちらは今のところ土曜日のみオープンで20店以上の出店です。
アクセスしやすいので観光やショッピングの合間に寄ってみることもできますね。

名前 La Cigale French Market(ラ・シガール・フレンチマーケット)
住所 69 St Georges Bay Rd, Auckland
WEB http://www.lacigale.co.nz/
Instagram @Lacigalefrenchmarket
営業時間 土:8:30~13:30、日:9:00~13:30
定休日 月曜〜金曜
アクセス オークランド中心部から車で10分
地図 MAP 7
名前 La Cigale Market at Britomart(ラ・シガール・マーケット・アット・ブリトマート)
住所 Takutai Square, Britomart CBD, Auckland
WEB http://britomart.org/la-cigale-market/
営業時間 土:8:00~13:00
定休日 日曜〜金曜
アクセス 電車「Britomart」駅から徒歩3分
地図 MAP 8

ワイヘキ島で遊ぶ

オークランドには大小さまざまの50ほどの島があります。
「帆の街」と呼ばれるだけあってオークランドはフェリー航路が充実していて気軽に周辺の島に行けるのだそうです。
「オークランドの宝石」といわれるほど美しい Waiheke Island(ワイヘキ島)へはオークランド中心部からフェリーで40分〜50分ほど。
日帰りのショートトリップにぴったりですね。
ワイヘキ島は伊豆大島と同じくらいの大きさで温暖で雨が少ない地中海性気候。
オリーブやブドウの産地として知られています。
ワイナリーは20軒以上あり ワイナリーめぐり が楽しめます。

オークランド中心部からフェリー往復 36.00NZドル(2,920円)。
交通カード「AT HOPカード」が使えます。
時刻表は Fullers Ferry で確認してください。

ワイヘキ島内はバスが走っていますがワイナリーはバス停から離れたところにあることが多いです。
自力で行くならワイヘキ島のフェリー乗り場前でレンタカーかレンタサイクルを借りるのもいいかも。
自転車で走るのは気持ちよさそうですが島内はアップダウン多めなので少々体力が必要です。

レンタカーを借りると運転手はワインを飲めない問題が出てくるためツアーに参加という手もあります。
フェリーの運行会社 Fullers往復フェリーと3箇所のワイナリーを巡るパッケージツアー を催行しています。
フェリー+島内バス+ワイナリー3箇所のテイスティング(食事付き)と1箇所のオリーブオイルのテイスティングで 150.00NZドル(12,150円)とちょっと高めですが、ワイナリーはツアーバスで回れて移動手段の心配がないので安心してワインを楽しめそう。
オークランド・ダウンタウンのフェリーターミナルを毎日10:30発。下記のリンクから申し込みができます。
https://www.fullers.co.nz/tours/taste-of-waiheke-tour/

名前 Downtown Ferry Terminal(ダウンタウン・フェリー・ターミナル)
住所 1010, Quay St, Auckland
WEB 時刻表(オークランド・ダウンタウン→ワイヘキ島)
営業時間 [ワイヘキ行き] 月〜金:1日32便、5:30始発, 23:45最終、
土:1日29便、6:00始発, 23:45最終、
日:1日27便、7:00始発, 22:15最終
定休日 なし
アクセス 電車「Britomart」駅から徒歩2分
地図 MAP 9
名前 Fullers Ferry Waiheke Island Terminal(フラーズ・フェリー・ワイヘキ島・ターミナル)
住所 1 Oceanview Rd, Oneroa, Auckland
WEB 時刻表(ワイヘキ島→オークランド・ダウンタウン)
営業時間 [オークランド行き] 月〜金:1日32便、6:00始発, 24:30最終、
土:1日29便、7:00始発, 24:30最終、
日:1日27便、8:00始発, 23:00最終
定休日 なし
アクセス オークランド・ダウンタウンからフェリーで40分〜50分
地図 MAP 10

Peacock Sky Vineyard(ピーコックスカイ・ワイナリー)【ワイヘキ島】

番組でおすすめしていたのは個性的なワイナリー Peacock Sky Vineyard(ピーコックスカイ・ワイナリー)
のどかな雰囲気の場所にある素朴なワイナリーで11種のワインを製造しています。
5種類のワインにおつまみが付いたワインテイスティング 10.00NZドル(810円)です。

面白いのがワインを飲んだ後におつまみを食べてまたワインを飲むというテイスティングスタイル。
最初とおつまみの後ではワインの味が変化しているのだそうです。
呂敏さんもびっくりしていましたね。

シャルドネ2016にはココナッツクリームのスープ、
メルロー2012には牛肉のミートボール、
カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルローの3種ブレンドには特製のブラウニー、
という具合にワインとの相性を考えた凝ったおつまみがいただけます。
お料理も美味しそうなのでランチをいただくのもいいかもしれませんね。

名前 Peacock Sky Vineyard(ピーコックスカイ・ワイナリー)
住所 152 Trig Hill Rd, Waiheke Island, Auckland
WEB http://www.peacocksky.co.nz/
Instagram @peacockskyvineyard
営業時間 土〜日:11:00〜16:00
定休日 月〜金
アクセス フェリーターミナルからバス1番・4番で「Onetangi Beach」停留所まで約30分、さらにタクシーで10分
地図 MAP 11

オークランドMAP

オーストラリア・メルボルン編はこちらへ!

ここは行きたい!2度目のオーストラリア・メルボルンのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のオーストラリア・メルボルン編」のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きリストにしてみました。

あわせて読みたい