ここは行きたい!2度目のマカオ・カラフル&エキゾチックなおすすめスポット

(top photo: K.C. Tang

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2018年4月から30分番組に生まれ変わって新登場。短くなるのはちょっと寂しいですが、ほぼ毎週放送があるようです。
2度目の2度目のマカオ カラフル&エキゾチック編 ちょっとディープな海外旅行(初回放送:2018年8月2日 23:00〜23:30)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 百瀬朔 さんでした。
マカオの通貨は パタカ。マカオでは「元」と表記されています。
1パタカ=14円(2018年5月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ! マカオMAP

2016年放送のマカオ編はこちら

ここは行きたい!2度目のマカオのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のマカオ」(2016年11月16日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

マカオのホテルはこちらを参考にどうぞ

ここは行きたい!2度目のマカオのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のマカオ」(2016年11月16日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

2016年放送の香港編2018年放送の香港パワーチャージの旅編 も併せてどうぞ

ここは行きたい!2度目の香港・パワーチャージの旅 おすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目の香港・パワーチャージの旅編」(2018年7月26日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きリストにしてみました。

マカオで見る

番組ではマカオのカラフルでフォトジェニックなスポットを紹介していました。
ポルトガルの植民地時代の建物が残っていてエキゾチックな街並みが魅力です。
おすすめ人はマカオのポップス音楽ユニット MFM のジョシーさん。地元マカオを中心にたくさんのミュージックビデオを撮影しています。

聖ポール天主堂跡(聖保祿大教堂遺址 Ruínas da Antiga Catedral de São Paulo)

💨さん(@tseyi_25)がシェアした投稿

マカオのシンボル 聖ポール天主堂跡(聖保祿大教堂遺址、大三巴牌坊、Ruínas da Antiga Catedral de São Paulo)は初めてのマカオでも訪れる定番スポット。2度目の旅でもここからスタートしていました。
1582〜1602年にイエズス会士によって建築された当時のアジアでは最大のカトリック教会。1935年の火災で焼失しファサードだけが残っています。2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。

名前 聖ポール天主堂跡(聖保祿大教堂遺址、大三巴牌坊 Ruínas da Antiga Catedral de São Paulo)
住所 澳門大三巴街
Rua de S.Paulo, Macau
WEB http://www.culturalheritage.mo/cn/detail/hrtID100
営業時間 [天主堂芸術博物館・地下納骨堂] 9:00〜18:00
定休日 なし
アクセス Largo do Senado(議事亭前地 セナド広場)から徒歩8分
地図 マカオMAP 1

福隆新街(フッロンサンガイ Rua de Felicidade)

的さん(@wkd.su)がシェアした投稿

赤い扉が連なる通り 福隆新街(フッロンサンガイ Rua de Felicidade)はかつては遊郭や賭博場の集まる歓楽街。タイムトリップしたような街並みが残されているフォトジェニックなスポットです。
現在は飲食店やお土産やさんが多く入居していて 2016年放送の「2度目のマカオ」ではこの通りにあるフカヒレスープ専門店・添發碗仔翅美食 を紹介していました。
店が開店すると赤い扉はほとんど見えなくなるため、写真を撮るなら扉の閉まっている朝の時間帯に行くのがおすすめです。

名前 福隆新街(フッロンサンガイ Rua de Felicidade)
住所 澳門福隆新街
18 R. da Felicidade, Macau
アクセス Largo do Senado(議事亭前地 セナド広場)から徒歩3分
地図 マカオMAP 2

マカオで朝ごはん

南屏雅叙(ナンペンヤシュ Nam Peng Cafe)

William Wongさん(@truenobzr)がシェアした投稿

フードライター ベンジャミン・リョンさんのおすすめ朝ごはんは茶餐廳(喫茶店と食堂を合わせたようなお店)でパン。マカオはポルトガル文化の名残があって朝食にパンを食べる人が多いのだそうです。
福隆新街から徒歩10分ほどの十月初五日街にある老舗の茶餐廳 南屏雅叙(ナンペンヤシュ Nam Peng Cafe)。1967年の創業から変わらないレトロな雰囲気の店内で焼きたてパンがいただけます。テイクアウトもOK。

おすすめはお店の名を冠した 南屏文治(なんぺんサンドイッチ)。具のオムレツの中にはハムとチャーシューが入っています。広東料理でよく使われるピーナツ油でつくるオムレツは中華風。チャーシューにもよく合います。
南屏文治(なんぺんサンドイッチ)25パタカ(350円)です。
百瀬さんは 鴛鴦茶(えんおうちゃ)というミルクティとコーヒーを混ぜ合わせたドリンクを飲んでいました。
鴛鴦茶(えんおうちゃ)16パタカ(224円)。
伝票がないためお会計時にはフロアの係りの人が叫んでレジに値段を伝えるシステム。面白いですね。

Eman Laiさん(@emanlai26)がシェアした投稿

沙翁(サーヨン)と呼ばれるドーナツも人気です。おやつにテイクアウトしても良さそう!

名前 南屏雅叙(ナンペンヤシュ Nam Peng Cafe)
住所 澳門十月初五街85-85A號地下
85-85A Rua Chinco de Outubro, Macau
営業時間 6:30〜18:30
定休日 旧正月3日間
アクセス Largo do Senado(議事亭前地 セナド広場)から徒歩8分
地図 マカオMAP 3

コロアン・ビレッジを散策

マカオ半島からバスでコロアン・ビレッジへ行く

Shadow Visual Recordingさん(@sfoto1111)がシェアした投稿

今回はマカオ半島からマカオの南端の街 路環市區(コロアン・ビレッジ Vila de Coloane)までバスに乗っていました。前回はタイパで自転車を借りコロアンをサイクリングしていましたね。
百瀬さんが乗っていたのはリスボアホテル前の 亞馬喇前地(Praca Ferreira Amaral)バスターミナル。亞馬喇前地バスターミナルはほとんどの路線バスが経由するのでタイパ島やコロアン島に行くときにも便利です。
25番のバスに乗り 路環市區(コロアン・ビレッジ Vila de Coloane)停留所 まで約30分。料金は乗車時に支払います。片道 6パタカ(84円)。お釣りは出ないので注意。ICプリペイドカード・マカオパスがあると便利です。
マカオ半島→コロアン・ビレッジへいくときは「コロアン・ビレッジ1」停留所で降り、コロアン・ビレッジ→マカオ半島へ帰るときは「コロアン・ビレッジ2」停留所から乗ります。

名前 亞馬喇前地(Praca Ferreira Amaral)
住所 澳門亞馬喇前地
Praca Ferreira Amaral, Macau
WEB http://www.dsat.gov.mo
アクセス Largo do Senado(議事亭前地 セナド広場)から徒歩10分
地図 マカオMAP 4
名前 路環市區(コロアン・ビレッジ Vila de Coloane)停留所
住所 澳門路環竹灣馬路
Estr. de Cheoc Van, Coloane, Macau
WEB http://www.dsat.gov.mo
アクセス 亞馬喇前地バスターミナルからバス25番で約30分
地図 マカオMAP 5

アズレージョタイルの道路標識

🌸🌸🌸さん(@fahforever)がシェアした投稿

マカオの道路標識のプレートは青い色で描かれた Azulejo(アズレージョ)が埋め込まれています。ポルトガルの伝統的タイル、アズレージョは今でもマカオの至る所に使われていてエキゾチック。
カラフルなコロアンの街並みに青いアズレージョが映えますね。

十月初五馬路のカラフルな壁

lamtravelさん(@lamtravel)がシェアした投稿

十月初五馬路のカラフルな壁 。昨年古い建物を撤去したら現れたという最新のフォトジェニックスポットです。みんな写真撮ってますね。
百瀬さんも鮮やかな黄色い壁を背景に撮影してもらっていました。

名前 十月初五馬路のカラフルな街並
住所 澳門路環十月初五馬路
Av. de Cinco de Outubro, Coloane, Macau
アクセス 「コロアン・ビレッジ」バス停留所から徒歩2分
地図 マカオMAP 6

聖方濟各聖堂(聖フランシスコ・ザビエル教会 Capela de São Francisco Xavier)

PARK HYUN SOOKさん(@hellohyunsook)がシェアした投稿

十月初五馬路のカラフルな壁のすぐ近くにある 聖方濟各聖堂(聖フランシスコ・ザビエル教会 Capela de São Francisco Xavier)は1928年に建てられたバロック様式の教会。
日本でもおなじみ フランシスコ・ザビエルに由来する小さな教会です。レモンイエローの壁がフォトジェニックで可愛らしい!
フランシスコ・ザビエルはマカオに来たことはないのですが、教会には右腕の骨などが納められていたこともあったそうです(いまは聖ヨゼフ修道院に移されたようです)。

お隣にはエッグタルトの有名店 Lord Stow’s Bakery(ロード・ストウズ・ベーカリー)の本店があります。

名前 聖方濟各聖堂(聖フランシスコ・ザビエル教会 Capela de São Francisco Xavier)
住所 澳門路環計単奴街
Rua Do Caetano, Coloane, Macau
WEB http://en.macaotourism.gov.mo/sightseeing/
営業時間 9:30〜17:30
定休日 なし
アクセス 「コロアン・ビレッジ」バス停留所から徒歩2分
地図 マカオMAP 6

マカオで買う

O-Moon(オー・ムーン)

FUNNY LIFE.さん(@faito1959)がシェアした投稿

2016年にオープンした O-Moon(オー・ムーン)は青をテーマにしたお洒落なアイテムのあるギフトショップ。アズレージョ模様の外観が目を引きます。
ショップで扱うオリジナルの雑貨はオーナーの1人でもあるデザイナー ジェット・ウーさんによるもの。
アズレージョに使われる青色を基調としたマカオらしいお土産が揃っています。

アズレージョモチーフの スマートフォン充電器 195パタカ(2,730円)、スマートフォン用リング 50パタカ(700円)など小物も充実。
店内にはクレーンゲームがあり1ゲーム5パタカでプレイできます。景品はスマートフォン用リング。1度で取れたら1/10の値段でゲットできちゃいますね。
百瀬さんは8回目で取れました。なかなか難しいですね。

店名の O-Moon(オー・ムーン)は英語で満月のことですが、実はマカオの広東語 澳門 は オウムン と読みます。観光客もマカオを広東語で呼べるようになればという願いを込められているそうですよ。

名前 O-Moon(オー・ムーン)
住所 澳門十月初五街124A
124A R. de Cinco de Outubro, Macau
WEB https://www.facebook.com/omoonmacau/
Instagram @omoonmacau
営業時間 12:00〜20:00
定休日 なし
アクセス Largo do Senado(議事亭前地 セナド広場)から徒歩5分
地図 マカオMAP 7

マカオで夜ごはん

疊記咖喱麵食

Phyllis Yipさん(@phyllisyiplk)がシェアした投稿

Lazaro Area(ラザロ地区)の 疊記咖喱麵食 はマカオならではのカレー味ワンタン麺のお店。グーサインをしたおじさんのイラストの看板が目印です。
夜2時まで営業しているので深夜に小腹が空いたときにも便利。

おすすめは 牛腩雲呑麺(牛すじワンタン麺)。辛さを選べます。百瀬さんは中辛を注文していましたが結構辛そうでした。
店主の許 志強さんの先代が麺の屋台をやっていたときにポルトガル人から香辛料のことを教わったのだそうです。
大航海時代にマカオには外国から多くの香辛料が入ってきたため実はカレー味の料理は多いのだとか。
牛骨、牛すじ、生姜を4-5時間煮込んだスープ。インドのスパイス、中国の八角、タイの唐辛子など20種類以上をブレンドした香辛料。とってもエキゾチックなワンタン麺です。
牛腩雲呑麺 40パタカ(560円)です。お支払は現金のみのようです。

名前 疊記咖喱麵食
住所 澳門士多鳥拜斯大馬路25號百喜大廈地下
25 Avenida de Sidónio Pais, Macau
営業時間 11:30〜22:30
定休日 なし
アクセス Largo do Senado(議事亭前地 セナド広場)から徒歩19分
地図 MAP 8

マカオMAP

2度目のシリーズの放送リストはこちらをどうぞ!

NHK BS「2度目の旅」シリーズの放送日時まとめ【随時更新】
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの放送日時まとめ。放送された都市のリストです。紹介されたお店のMAP付きデータもあり。随時更新しています。海外旅行の参考にどうぞ!

あわせて読みたい