世界はほしいモノにあふれてる「ミラノ&パリ・運命の靴を探す旅」紹介リスト

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
世界はほしいモノにあふれてる ミラノ&パリ・運命の靴を探す旅(初回放送:2018年9月27日)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん、バイヤーは UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の 和泉啓子 さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
ミラノMAP
パリMAP

世界はほしいモノにあふれてる夏SPのまとめはこちらへ!

世界はほしいモノにあふれてる「三浦春馬とJUJUが旅に出る!ロンドン&フランス」
NHK G「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの「三浦春馬とJUJUが旅に出る!70分拡大夏スペシャル ロンドン&フランス」(2018年9月17日放送)のMAP付きまとめです。 MCの2人が世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。ほしいモノ、行きたい場所が満載の番組はいつか自分自身で行く旅の参考になるはず。

バイヤー

番組では UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)のバイヤー 和泉啓子(いずみけいこ)さんのミラノとパリでの買い付けを紹介していました。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

1989年創業のセレクトショップ UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)。ファッション感度の高い層にファンの多いブランドです。
仕入れ商品と自社開発商品の2種類の商品を販売していて、仕入れと自社開発が半々くらいの割合。ショップは関東を中心全国に展開。フラッグシップストアは原宿本店です。

和泉さんは販売を6年された後バイヤーに転属して5年。現在はウィメンズの雑貨バイヤーとして靴以外にもバッグやアクセサリーの買い付けも担当。主にヨーロッパへ買い付けに行かれることが多いようです。
1度の買い付け出張は約1週間。かなりタイトなスケジュールで商品を選ばなくてはいけないため驚くほどのスピードで即決していました。センスと決断力が大いに必要なお仕事です。

このところストリートな要素が強くなってきたファッショントレンド。ヒールが高いものよりはカジュアルなフラットシューズ、スニーカーが人気です。
それでもエレガントな靴を買い付けたいという和泉さん。履きやすくてエレガントな靴を探し求めて何軒もショールームを回っていました。

名前UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)原宿本店
住所東京都渋谷区神宮前3-28-1
WEBhttps://store.united-arrows.co.jp
Instagram@unitedarrows_official
営業時間月〜金:12:00~20:00、土日祝:11:00~20:00
定休日なし
アクセスJR「原宿」駅から徒歩11分、地下鉄「明治神宮前〈原宿〉」駅から徒歩8分
地図東京MAP 1

仕入れ商品にもユナイテッドアローズ別注品あり。

Milano(ミラノ)

Gianvito Rossi(ジャンヴィト・ロッシ)

靴職人一家の3代目が手がける由緒あるブランド Gianvito Rossi(ジャンヴィト・ロッシ)
キャサリン妃を始め多くのセレブに愛されているシューズブランドです。
和泉さんは2019年春夏コレクションの買い付けのためにショールームを訪問。エレガントでコーディネートしやすいシューズも揃っていて、かつ新しい素材を使ったり色も豊富。トレンドを探ったりするのに参考にしているそうです。

接客してくれたのは4代目のニコラ・ロッシさん。家族も職人も靴づくりに長年携わってきた人ばかりというブランドの強みは知識の蓄積。高度の職人技を駆使して毎シーズン新しい靴をつくりだしています。
和泉さんが注目していたのはスエードとPVC(ポリ塩化ビニール)という異なる素材を縫い合わせたハイヒール。最近はPVC素材のバッグがトレンドですが靴にも使ったものが出てきていますね。スエードにパールがついている靴がとても可愛かったです!
そして「マレ」という緑がかったライトブルーの新色は次のシーズンのトレンドになりそうだとチェック。通常はピンクが多い春夏シーズンですがブルー系が来るのではと睨んでいます。

ジャンヴィト・ロッシのショップ、ミラノは Via Santo Spirito店 と Duomo店 の2店舗あります。
2017年に日本にも直営店がオープン。東京は松屋・銀座、伊勢丹・新宿、高島屋・日本橋、大阪は阪急・梅田にも店舗あり。
ユナイテッドアローズのほかバーニーズなどでも取り扱いあり。

名前Gianvito Rossi(ジャンヴィト・ロッシ)Via Santo Spirito店
住所Via Santo Spirito, 20121 Milano MI, Italy
WEBhttps://www.gianvitorossi.com
Instagram@gianvitorossi
営業時間月:10:30~19:30、火〜土:10:00~19:30
定休日日曜
アクセス地下鉄3「Montenapoleone」駅から徒歩3分
地図ミラノMAP 1
名前Gianvito Rossi(ジャンヴィト・ロッシ)Duomo店
住所Via Santa Radegonda, 1, 20121 Milano MI, Italy
営業時間日〜木:9:30~21:00、金土:9:30~22:00
定休日なし
アクセス地下鉄1・3「Duomo」駅から徒歩2分、ドゥーモそば
地図ミラノMAP 2

ジャンヴィト・ロッシのPVC素材を組み合わせたハイヒール。

Giannico(ジャンニコ)

エンディングで登場していたのはミラノ出身のデザイナー Nicoló Beretta(ニコロ・ベレッタ)さん。若干22歳、次の時代をリードするデザイナーといわれています。16歳の時にマノロ・ブラニクにデザインを見せて評価されたという早熟の天才。2013年に自身のブランド Giannico(ジャンニコ)を立ち上げ、世界中のハイセンスなショップで取り扱われています。

三浦さんが好きな女性に履いてもらいたい靴に選んだハイヒールはジャンニコのもの。前から見るとプレーンなのに後ろがかなり個性的なデザイン。
ハイヒール数百足持っているという靴好きのJUJUさん選ぶ靴によって女の人の好みが見えてくるそうです。JUJUさんの靴占いによると、三浦さんさんはベーシックな女性が好きなんだけどちょっと人と変わっているところも欲しい、とのこと。かなり当たっていたようです。

ジャンニコは直営はオンライン販売のみ。取り扱いショップは世界中にあり、ミラノには数店舗。中でも評判の良いセレクトショップは N° 30 Milano 。ミラノに行ったらチェックしてみたいです。
和泉さんの取引の様子は放送されていなかったのでユナイテッドアローズでの取り扱いは不明です。

名前Giannico(ジャンニコ)
WEBhttps://giannicoofficial.com
Instagram@giannico_official
名前N° 30 Milano
住所Via della Spiga Milano, 30, 20121 Milano MI, Italy
WEBhttp://www.n30milano.com
営業時間月〜土:10:00~19:00
定休日日曜
アクセス地下鉄3「Montenapoleone」駅から徒歩5分
地図ミラノMAP 3

ミラノMAP

Paris(パリ)

Francesco Russo(フランチェスコ・ルッソ)

パリで初めて訪れる路地裏の小さなショップ Francesco Russo(フランチェスコ・ルッソ)さんのブランド Francesco Russo(フランチェスコ・ルッソ)。Miu Miu、Saint Laurent、Sergio Rossi、Diorなどのデザインを手がけてきたフランチェスコさんは2014年に自らのブランドを設立。パレロワイヤルのそばに素敵なアトリエを構えています。

フランチェスコさんのデザインは洗練されたフォルムと履きやすさが持ち味。美しいハイヒールはため息もの。
しかし和泉さん探しているのは1日中履き続けられる靴。ピンヒールではなく2.5cmのキトゥンヒールを選びました。
50年代に流行ったストッキングがイメージソースだという後ろが尖ったスタイルが特徴的な靴。キトゥンヒールでもエレガントで履きやすいそうです。
春にはユナイテッドアローズ店頭に並ぶはず。

名前Francesco Russo(フランチェスコ・ルッソ)
住所8 Rue de Valois, 75001 Paris, France
WEBhttp://www.francescorusso.fr
Instagram@francescorusso_official
営業時間火〜土:14:00~19:00
定休日日曜・月曜
アクセスメトロ1・7「Palais Royal Musée du Louvre」駅から徒歩3分
地図パリMAP 1

後ろ姿が特徴的なフランチェスコ・ルッソのハイヒール。

Pierre Hardy(ピエール・アルディ)

次に向かったのは Pierre Hardy(ピエール・アルディ)のアトリエ。Dior、Hermes、Balenciaga などの有名ブランドを30年以上手がけてきたシューズ界の巨匠、ピエール・アルディさんのブランドです。
現在はエリメスのシューズデザイナーを兼任しながら自身のブランドでも活躍。前衛的で遊び心のあるデザインは多くのファッショニスタに愛されいます。JUJUさんもこの日はピエール・アルディの靴を着用されていたようです。

今のカジュアルなトレンドとは真逆の10cmヒールが中心の展開ですが、ピエールさんは「女にはもう一人の自分になれるかっこいい靴も必要」といいます。靴は望んだ女性になるための洋服よりも強い「武器」になるとビデオレターでも伝えていました。
履きやすい靴を探していた和泉さんですが、ピエール・アルディも少し買い付けることに。素敵な靴、憧れのブランドを履くことで自信が持てるし自分が輝けるから。
そう、魔法をかけてくれる靴ってありますよね。

ピエール・アルディのパリのブティックはパレロワイヤルにあります。
東京・青山にも直営店あり。

名前Pierre Hardy(ピエール・アルディ)
住所Jardins du Palais Royal, 156 Galerie de Valois, 75001 Paris, France
WEBhttps://www.pierrehardy.com
Instagram@pierrehardy
営業時間月〜土:11:00~19:00
定休日日曜
アクセスメトロ1・7「Palais Royal Musée du Louvre」駅から徒歩3分
地図パリMAP 2

並行輸入品は少しお値段下がります。

Harpo(アルポ)

和泉さんさんは靴の買い付けの合間 インディアンジュエリー Harpo(アルポ)のショールームへ。1971年、Gerard Nadaud(ジェラール・ナドー)が創設したアルポは高品質ターコイズを使用した繊細なハンドメイドジュエリーをつくっています。ネイティブアメリカンの力強さを残しつつもスタイリッシュで洗練されたデザインが人気。

時間の制約がある海外買い付けでは数千点の中から短時間で選び出す目利き力が試されます。和泉さんは「かわいい!」という直感を大切に次々と選んでいきます。
今回は定番のターコイズブルーのものに加え白っぽい石のものも多めにチョイス。新鮮な雰囲気が素敵なジュエリーでした。

パリのショップはレ・アールにあります。品揃えが豊富なのが魅力的。
日本ではユナイテッドアローズほかセレクトショップで取り扱いあり。

名前Harpo(アルポ)
住所19 Rue de Turbigo, 75002 Paris, France
WEBhttps://www.harpo-paris.com
Instagram@harpoparis
営業時間月〜金:9:00~18:45、土:11:00~18:45
定休日日曜
アクセスメトロ4「Étienne Marcel」駅から徒歩1分
地図パリMAP 3

アルポのシルバージュエリー。洗練されたエスニック。

Inès Bressand(イネス・ブレッサンド)

和泉さんのヨーロッパ買い付けで毎回1回くらいはあるという新人デザイナーの発掘。まだ無名ながらセンスがいいと噂を聞き連絡を取ったという かごバッグのデザイナー Inès Bressand(イネス・ブレッサンド)さんとカフェで商談。小さいブランドやスタートしたてのブランドはショールームがないことも多くカフェなどで商談することもあるそうです。

イネスさんの作品は職人とコラボレーションした彫刻的なデザインが特徴。構築的で存在感のあるフォルムなのに優しくて可愛く見えるのは麦わら素材だからでしょうか。
20点ほど見せてもらっていましたが良いと思った作品が2点しかなかったため残念ながら今回は見送りになりました。

イネス・ブレッサンド、日本では Dover Street Market Ginza で取り扱っています。

名前Inès Bressand(イネス・ブレッサンド)
WEBhttps://ines-bressand.format.com
Instagram@inesbressand

Laurence Dacade(ローランス・デカド)

和泉さんが訪れたのはデザイナー Laurence Dacade(ローランス・デカド)さんのアトリエ。Chanelのシューズデザインを10年以上手がけながら自身のブランド Laurence Dacade(ローランス・デカド)としても作品を発表しています。「ローレンス・ディケイド」と表記されることもあり。
ローランスさんのデザインはピンヒールではないのに独特の凛々しさを放っている美しくて履きやすい靴。忙しくても美しくいられる靴です。

和泉さんが見てきた男性のデザイナーのつくる靴は男性から「女性はこうあって欲しい」というものが多かったと言います。エレガントであって欲しい、セクシーであって欲しい、という男性の理想を体現した靴。
しかしローランスさんがつくるのは女性デザイナーからではのもっとリアルな女性の靴。もっと自由な靴。ハイファッションながらも女性の生活に沿った視点が人気の秘密なのかもしれません。

最新作はストラップが「スリングバック」になっていて履きやすいのにエレガント。足がとても美しくみえるシルエット。

ローランスさん自信もシューズコレクター。1日に何回も、日によっては5回も履き替えるときもあるそうです。なんと8000足くらい持っているというローランスさん。自ら Shoes Addict(靴依存症)と恥ずかしそうにおっしゃっていました。
靴は体の一部、感情をつかさどる「臓器」みたいなもの。この靴を履いただけで「私は強い!」と思えるというローランスさん。そしてその映像を見ながら共感するJUJUさん。
 
また番組では通常は部外者は入れないアトリエでも撮影。ストリートのファッションスナップが壁一面に貼ってあって、その人生を変える靴をつくるとしたらどんな靴がいいかしらと思いを巡らすのだそうです。
女性たちの人生そのものからインスピレーションを得たローランスさんのデザイン。1日に40〜50以上ものデザイン画を描くというから驚きです。

ローランス・デカド、パリでは Galeries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)で取り扱っています。
日本では東急プラザ銀座ほかセレクトショップで取り扱っています。

名前Laurence Dacade(ローランス・デカド)
WEBhttps://www.laurence-dacade.com
Instagram@laurencedacadeparis
名前Galeries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)
住所Galeries Lafayette, 40, Boulevard Haussmann 75009 Paris , France
WEBhttp://haussmann.galerieslafayette.com
Instagram@galerieslafayette
営業時間月〜土:9:30~20:30、日:11:00~20:00
定休日なし
アクセスメトロ7・9「Chaussée d’Antin La Fayette」駅すぐ
地図パリMAP 4

ローランス・デカドのブーツ。履きやすそう。

パリMAP

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!

NHK「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの放送日時まとめ【随時更新】
NHK G「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの放送日時まとめ。放送された番組のリストです。紹介されたスポットのMAP付きデータもあり。随時更新しています。ほしいモノ入手や海外旅行の参考にどうぞ!

あわせて読みたい