世界はほしいモノにあふれてる「三浦春馬とJUJUが旅に出る!ロンドン&フランス」

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
世界はほしいモノにあふれてる 三浦春馬とJUJUが旅に出る!70分拡大夏スペシャル ロンドン&フランス(初回放送:2018年9月17日)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん。今回はMC2人が旅に出て素敵なモノ探し。旅の案内人は Fromagerie Hisada Paris(フロマジェリー・ヒサダ・パリ)の 久田惠理 さん。AVEC H(アヴェック・アッシュ)の 中島英恵 さんさんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
フランスMAP
ロンドンMAP

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!

NHK「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの放送日時まとめ【随時更新】
NHK G「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの放送日時まとめ。放送された番組のリストです。紹介されたスポットのMAP付きデータもあり。随時更新しています。ほしいモノ入手や海外旅行の参考にどうぞ!

三浦春馬さん フランスで極上のチーズを探す旅

今回の夏スペシャルではMCの三浦春馬さんととJUJUさんがスタジオを飛び出し素敵なモノ探しの旅に出ていました。
三浦さんはフランスで極上のチーズ探し。JUJUさんはロンドンで最新ファッションをチェック。イーストロンドンで1日だけ2人揃ったロケもあり、充実の70分番組でした。

Fromagerie Hisada Paris(フロマジェリー・ヒサダ・パリ)

三浦さんの極上のチーズ探しの案内人は Fromagerie Hisada Paris(フロマジェリー・ヒサダ・パリ)の代表兼バイヤー 久田惠理(ひさだえり)さん
フランスは村ごとに独自のチーズがあるとも言われる世界有数のチーズ大国。チーズ熟成士の資格を持つスペシャリスト 久田さんの案内で三浦さんはチーズの産地を巡っていました。

ショップはパレ・ロワイヤルのそばの便利な場所です。2階にサロンがあってチーズやドリンクがいただけます。
番組で紹介していたチーズとドリンクのマリアージュ、コンテ×そば茶、ウォッシュタイプ×抹茶、羊のチーズ×コーヒー、モッツァレラ×ウーロン茶、ブルーチーズ×ルイボスティー、などワイン以外にもいろいろ。試してみたいですね!

ヒサダ・グループはパリの店舗のほか日本のデパートにもフロマジェリー・ヒサダのショップを展開しています。「チーズ王国」もヒサダ・グループの運営です。

名前Fromagerie Hisada Paris(フロマジェリー・ヒサダ・パリ)パレ・ロワイヤル・オペラ店
住所47 Rue de Richelieu, 75001 Paris, France
WEBhttp://www.hisada.fr
営業時間[ショップ]火〜土:11:00〜20:00
[サロン]火〜土:12:00〜18:30(L.O.)
定休日日曜・月曜・夏季休暇
アクセスメトロ7・14号線「Pyramides」駅から徒歩3分、メトロ3・7・8号線「Opera」駅から徒歩5分
地図フランスMAP 1

Fromagerie Laurent Dubois(フロマジェリー・ロラン・デュボワ)

フランス人の食卓に欠かせないチーズ。毎日食べる人も多くてパリにはチーズ専門店がたくさんあります。
番組で映っていたのは Fromagerie Laurent Dubois(フロマジェリー・ロラン・デュボワ)。大御所のチーズ熟成士 Laurent Dubois(ロラン・デュボワ)さんのお店です。
パリには4店舗あり、番組で映っていたのは Saint-Germain 店だと思います。

フランス国内でつくられているチーズは1000種類にものぼるといわれるそうですが、こちらの品揃えはすごいですね!
Printemps店しか行ったことはないのですが、Printemps店は座席があってイートインできるので買い物で疲れた時におすすめ。でもSaint-Germain 店が一番品揃えが良さそうです。

名前Fromagerie Laurent Dubois(フロマジェリー・ロラン・デュボワ)Saint-Germain 店
住所47 Ter Boulevard Saint-Germain, 75005 Paris, France
WEBhttp://www.fromageslaurentdubois.fr
営業時間火〜金:8:00〜20:00、土:7:30〜20:00、日:8:00〜13:00
定休日月曜
アクセスメトロ10号線「Maubert – Mutualité」駅から徒歩1分
地図フランスMAP 2
名前Fromagerie Laurent Dubois(フロマジェリー・ロラン・デュボワ)Bastille 店
住所97-99 Rue Saint-Antoine, 75004 Paris, France
営業時間火〜土:9:00〜20:00、日:9:00〜13:00
定休日月曜
アクセスメトロ1号線「Saint-Paul」駅から徒歩2分
地図フランスMAP 3
名前Fromagerie Laurent Dubois(フロマジェリー・ロラン・デュボワ)Lourmel 通り店
住所2 Rue de Lourmel, 75015 Paris, France
営業時間火〜土:9:00〜20:00、日:9:00〜13:00
定休日月曜
アクセスメトロ6号線「Dupleix」駅から徒歩2分
地図フランスMAP 4
名前Fromagerie Laurent Dubois(フロマジェリー・ロラン・デュボワ) Printemps 店
住所Printemps, 64 Boulevard Haussmann, 75009 Paris, France
営業時間月火水金土:9:35〜20:00、木:9:35〜20:45、日:11:00〜19:00
定休日なし
アクセスメトロ3・9号線「Havre – Caumartin」駅からすぐ
地図フランスMAP 5

Cuges-les-Pins(キュージュ・レ・パン)

南仏プロバンス、マルセイユから車で40分ほどの小さな村 Cuges-les-Pins(キュージュ・レ・パン)に久田さんが惚れ込んだ幻のチーズがありました。
とても見事なツノを持つプロバンスの固有種 Rove(ローヴ)と言われるヤギ。一時は絶滅の危機に瀕していたローブを地元の人たちが復活させ、現在はこの村の7軒の農家が育てているそうです。

三浦さんと久田さん訪ねていたのはチーズ生産者のリーダー Luc Falcot(リュック・ファルコ)さんの農場 La Cabro d’Or(ラ・カブロドール農場)。リュックさんは毎日130頭のヤギを連れて農場の裏の森へ散歩に出かけ野草を食べさせています。美味しいミルクを出してもらうには美味しい草が必要。グルメなヤギたちは草の美味しい時期を知っていてかなり選り好みして食べていました。
それにしてもローブはたくさんいると迫力ありますね。

ローブは一般的なヤギに比べ採れるミルクの量は1/3ほど。貴重なミルクでつくるのはフレッシュチーズ Brousse du Rove(ブルッス・ド・ローヴ)です。
搾りたてを温め、酢を入れて固めるだけ。シンプルなだけにミルクの味が一層際立ちます。繊細で温度変化に敏感なため遠距離の輸送はできません。パリに運ぶと味が変わるので残念なことに久田さんのお店には置くことができないそうです。

チーズ自体はすごく甘く、塩、こしょう、アプリコットジャムなど好きな食べ方でいただきます。三浦さんはこんな美味しいチーズ食べたことないと言っていました。
こちらの農場は毎日午前中チーズを販売しています。現地に行かないと食べられないチーズ、食べてみたいですね!

名前La Cabro d’Or(ラ・カブロドール農場)
住所D8N, 13780 Cuges-les-Pins, France
WEBhttp://www.lacabrodor.net
営業時間8:00〜12:00
定休日なし
アクセスマルセイユから車で約40分
地図フランスMAP 6

Festival d’Avignon(アヴィニョン演劇祭)

毎年7月に南仏プロバンスの Avignon(アヴィニョン)で開催される Festival d’Avignon(アヴィニョン演劇祭)。Palais des papes d’Avignon(アヴィニョン教皇庁)の前庭を中心に、市内100か所以上の場所で、いろいろなジャンルの舞台芸術、パフォーマンスが上演される演劇祭。
三浦さんは今とても気になるという現代サーカス 3作品を鑑賞していました。
上演終了後、技を教えてもらっていました。上手かったです!

名前Festival d’Avignon(アヴィニョン演劇祭)
WEBhttp://www.festival-avignon.com
Instagram@festivaldavignon
開催毎年7月
名前Palais des papes d’Avignon(アヴィニョン教皇庁)
住所Place du Palais, 84000 Avignon, France
WEBhttp://www.palais-des-papes.com/fr
営業時間9:00〜19:00
定休日なし
アクセスアヴィニョン中央駅から徒歩15分
地図フランスMAP 7

Marc Veyrat(マルク・ヴェラ)

そして三浦さんはアルプスへ。山間の小さな村 Manigod(マニゴ)にある3つ星レストラン Marc Veyrat(マルク・ヴェラ)で絶品チーズ料理をいただいていました。
オーナーシェフの Marc Veyrat(マルク・ヴェラ)さんはフランスを代表するトップシェフ。化学的な「分子ガストロノミー」といわれる手法で独創的な料理を生み出しています。
こちらのメニューはおまかせコース3種類のみ、295€(1€=132円換算で38,940円)から。レストランはホテル付き。お食事だけでも可能ですが食事に数時間かかり終了は遅くなるので宿泊するのが良さそう。

この日のスペシャリテは Reblochon(ルブロション)というアルプスを代表するチーズを使った料理。添えられているハナウドの茎で吸うという食べ方です。マルクさんは「ハーブの魔術師」と呼ばれていて独特で繊細なハーブ使いに定評があります。
ルブロションの軽やかなムースとジャガイモの甘さが絶妙なこの料理、実はチーズとジャガイモでつくる郷土料理 Tartiflette(タルティフレット)の現代的アレンジ。

Le Homard au blue de Terminon(オマールえび ブルー・ド・テルミニョンのソース)は地元のブルーチーズ Blue de Termignon(ブルー・ド・テルミニョン)をソースにしオマールえびと合わせた一皿。
ブルー・ド・テルミニョンは今は生産者が2軒だけの貴重なチーズ。マルクさんの子供の頃の日曜日のご馳走だったそうです。

移動はヘリコプター。さすがスターシェフ。

名前Marc Veyrat, Maison des Bois(マルク・ヴェラ メゾン・デ・ボア)
住所Col de la Croix-Fry, 74230 Manigod, France
WEBhttp://www.marc-veyrat.fr/en/restaurant.html
営業時間要問合せ
定休日要問合せ
アクセスアヌシーから車で約1時間
地図フランスMAP 8

Aiguille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)

オープニングで三浦さんがロープウエーで登っていたアルプスの山 Aiguille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)

麓の町 Chamonix-Mont-Blanc(シャモニー=モン=ブラン)からロープウェー(途中1回乗り換え)で20分、標高3842mの展望台まで登ることができます。隣には標高4810m・フランス最高峰 Mont Blanc(モンブラン)が見える絶景です。ロープウェーは往復 61.50€。

名前Aiguille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)
住所Aiguille du Midi, Chamonix-Mont-Blanc, France
WEBhttps://www.chamonix.com/aiguille-du-midi-step-into-the-void,80,en.html
Instagram@chamonixmontblanc
アクセスシャモニー=モン=ブランからロープウェーで20分
地図フランスMAP 9

Le Semnoz(ル・セムノーズ)

三浦さんと久田さんは人里離れたアルプスの山奥 Le Semnoz(ル・セムノーズ)へ。Abondance(アボンダンス)というチーズつくりの名人 Emilie Jacquot(エミリー・ジャコー)さんを訪ねていました。
このチーズは山岳地帯の厳しい気候に適応した地域の固有種・アボンダンス牛から摂ったミルクでつくります。エミリーさんご家族は夏の間だけ100頭の牛を連れてル・セムノーズの山小屋へ移住。最も質の良い牧草を求め人も牛も移動するのが昔からの習慣。柔らかい夏草を食べた牛のミルクは味が全然違ってくるそうです。

工房では毎日チーズつくりをするエミリーさん。搾ったばかりのミルクを殺菌せずにつくるため食べた草の味やアロマがすべてチーズに出てきます。深さ90cmの大きな鍋で温めたミルクに酵素を入れ固めたらチーズハープと言われる道具で細かく切り麻布ですくい取る作業。三浦さんさんも挑戦していましたが難しそうでした。

チーズは毎日塩水で磨いて熟成させます。丁寧に仕上げをしながら数ヶ月かけて仕上げていくとチーズは時間とともに素敵なオレンジ色に変わります。
三浦さんは4ヶ月熟成ものと5ヶ月熟成ものをテイスティング。4ヶ月熟成をまるごとお買い上げしていました。

名前Le Semnoz(ル・セムノーズ)
住所Montagne de Semnoz, 74320 Sevrier, France
WEBhttps://www.producteurs-savoie-mont-blanc.com/gaec-les-noisetiers-fromages-produits-laitiers-a-la-ferme.html
アクセスアヌシーから車で約20分
地図フランスMAP 10

アボンダンスも入ったチーズ3種のセット。お試しにちょうど良いサイズ。

フランスMAP

三浦春馬さんとJUJUさん 2人でイースト・ロンドンを散策

旅の初日、MC2人が East London(イースト・ロンドン)を散策して回っていました。
三浦さんは昨年ロンドンに短期留学されていましたが、JUJUさんは意外なことに初めてのロンドンだったようです。

Brick Lane(ブリックレーン)

もともとは移民や労働者階級が住む町だったイースト・ロンドンは2000年あたりからアーティトやデザイナーが次々と移り住み注目されるようになりました。2010年に Shoreditch High Street(ショーディッチ・ハイ・ストリート)駅ができてからはますます賑わいを見せています。
イースト・ロンドンの中心 Shoreditch(ショーディッチ)、そしてショーディッチの目抜き通り Brick Lane(ブリックレーン)界隈は最近はエッジーな雰囲気は抜けたもののハイセンスなショップの多いエリアです。
ブリックレーン付近はグラフィティも多くて散策するだけでも楽しいところ。2人は赤い耳のストリートアート “Audio Surveillance Zone” を背景に撮影していました。

名前Brick Lane(ブリックレーン)の赤い耳のストリートアート
住所103 Brick Lane, London E1 6SE UK
アクセスLondon Overground「Shoreditch High Street」駅から徒歩5分
地図MAP 1

Juju’s Bar and Stage(ジュジュズ・バー・アンド・ステージ)

イーストロンドン散策中に Juju’s Bar and Stage(ジュジュズ・バー・アンド・ステージ)というお店を発見した2人。
ロンドンのJUJU こと クリエイティブ・ディレクター Juliet Kennedy(ジュリエット・ケネディ)さんのお店です。バーとステージがありお酒を飲みながらアーティストのステージが楽しめる場所となっています。

おすすめのカクテルを屋外のテラス席で飲むお二人。天気が良くて気持ち良さそうでした!

名前Juju’s Bar and Stage(ジュジュズ・バー・アンド・ステージ)
住所2 Hanbury St, London E1 6QR UK
WEBhttp://jujusbarandstage.com
Instagram@jujusbar
営業時間火〜日:12:00〜23:30
定休日月曜
アクセスLondon Overground「Shoreditch High Street」駅から徒歩6分、地下鉄「Liverpool Street」駅から徒歩10分
地図MAP 2

Violet(バイオレット)

番組ではイースト・ロンドンが生んだトレンドスイーツを紹介。パティシエのClaire Ptak(クレア・プタック)さんはハリー王子とメーガン妃の結婚式のケーキを任されたことで有名になりました。

王室の伝統的なウエディングケーキはフルーツケーキだったのですが、ハリー王子とメーガン妃はアマルフィレモンのバタークリームに覆われた可愛らしいケーキを選びました。
クレアさんが経営するハックニーのケーキ屋さん Violet(バイオレット)でもロイヤルウエディングの味を手軽なカップケーキでいただけます。
カップケーキ 1.50£とお手ごろなのもいいですね。

名前Violet(バイオレット)
住所47 Wilton Way, London E8 3ED UK
WEBhttp://www.violetcakes.com
Instagram@violetcakeslondon
営業時間月〜金:8:00~18:00、土日:9:30~18:00
定休日なし
アクセスLondon Overground「Hackney Downs」駅から徒歩9分
地図MAP 3

JUJUさん ロンドンで最新ファッションを探る旅

Compass Box(コンパスボックス)

JUJUさんは最新ファッションを探る旅、の前にスコッチウイスキーをブレンドし世界でただひとつのウイスキーつくりに挑戦。
ジョニーウォーカーのグローバルマーケティングディレクターだった Jon Glaser(ジョン・グレイサー)さんは2000年に独立し Compass Box(コンパスボックス)社を設立。様々な蒸留所から樽ごと買い付けた原酒をブレンドし独創的なウイスキーを生み出しています。

JUJUさんが目指すのは女性でも飲みやすい口当たりが良く華やかなウイスキー。味や香りが異なる蒸留所でつくられた5種類の原酒からオリジナルブレンドをつくります。
「ウイスキーのブレンドはジャズバンドと同じ」というジョンさんのアドバイス、JUJUさんさんは直感的に理解したようでした。さすがボーカリスト。
French Oak Barrel(フレンチオーク樽)を主役として 80%、American Oak Hogshead(アメリカンオーク樽)12%、Sherry Butt(シェリー酒樽)8% のブレンド。
スタジオで三浦さんチョイスのチーズに合わせて美味しそうでした。

名前Compass Box(コンパスボックス)
住所Chiswick Studios, 9 Power Rd, Chiswick, London W4 5PY UK
WEBhttps://www.compassboxwhisky.com
Instagram@compassboxwhiskyco
営業時間月〜金:8:30~17:00
定休日土曜・日曜
アクセスLondon Overground「Gunnersbury」駅から徒歩6分
地図MAP 4

コンパスボックス社のブレンドで一番人気の The Peat Monster(ピートモンスター)。

AVEC H(アヴェック・アッシュ)

JUJUさんのロンドンの案内人は AVEC H(アヴェック・アッシュ)のディレクター 中島英恵(なかじまはなえ)さん。
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)のウィメンズ統括バイヤーから2017年独立されています。阪急うめだ本店モードゾーンのファッションアドバイザーもされているトップバイヤー。
中島さんがいまパリやNY以上に注目しているのがロンドン。ストリートファッションの流行発信地である一方で、Central Saint Martins(セントラル・セント・マーチンズ)といった名門ファッション学校がスターデザイナーを輩出していてとってもクリエイティブなところが気になるポイントのようです。

名前AVEC H(アヴェック アッシュ)
Instagram@hanahanae

Isa Arfen(イサ・アフェン)

中島さんが次のスターと期待を寄せるデザイナー Serafina Sama(セラフィナ・サマ)さんのブランド Isa Arfen(イサ・アフェン)。「Isa Arfen」という名前は「Serafina」のアナグラムとなっています。そしてセラフィナさんに影響を与えたお祖母様の名前が「Isa」なのだそうです。

イタリア出身のセラフィナさんはセントラル・セント・マーチンズを卒業後、パリの Chloé でアシスタントをしていましたがロンドンの自由な雰囲気が恋しくなりロンドンに戻って自分のブランドを立ち上げました。
2017年のロンドンコレクションで初のランウェイショーを行い、これからさらに活躍が期待されるデザイナー。
ロンドンらしいエッジの効いたデザイン、イタリア出身らしい情熱的な色づかい、フェミニンさと優しさも併せ持つ服。女性の持つ様々な側面が表現されているようです。

日本を旅していた時にひらめいた木蓮のプリントのアイデアは儚い部分と力強い部分が共存しています。
JUJUさんは「セラフィナさんの服はセラフィナさん自身、強くてかわいくてそして温かい」と伝えていました。

名前Isa Arfen(イサ・アフェン)
WEBhttp://isaarfen.com
Instagram@isa_arfen

木蓮のドレス、並行輸入品は手が届くお値段になってます。

John Lobb(ジョン・ロブ)

いつもはハイヒールのJUJUさんがネイビーと黒のコンビのローファー、メンズライクなファッションで向かった先は John Lobb(ジョン・ロブ)。150年の歴史を誇る老舗の靴ブランドです。
最高級の革を使ったハンドメイドの靴は世界中の紳士の憧れ。2014年に Paula Gerbase(パウラ・ジェルバーゼ)さんがアーティスティック・ディレクターに就任してからは伝統と職人技に加えて新鮮さもあるデザインになりました。

セントラル・セント・マーチンズ在学時からサヴィル・ロウでメンズのテーラリングの修行したパウラさん、2010年に自らのブランド「1205」では紳士服のテーラーの技術を取り入れたエッジーなデザインで注目されてきました。ジョン・ロブでも長年ブランドが継承している職人の技に加えて革新的な靴を発表し続けています。
パウラさんはレディースシューズにも力を注いでいるます。目標はメンズと同じくらい質の高い女性用の靴をつくること。JUJUさんもパウラさんの目標に共感していました。

バックレースのブーツ、可愛い!!

名前John Lobb(ジョン・ロブ)
住所88 Jermyn St, St. James’s, London SW1Y 6JD UK
WEBhttps://www.johnlobb.com
Instagram@johnlobb
営業時間月〜土:10:00~18:00
定休日日曜
アクセス地下鉄「Piccadilly Circus」駅から徒歩6分、地下鉄「Green Park」駅から徒歩6分
地図MAP 5

Paper Mache Tiger(ペーパー・マッシュ・タイガー)

JUJUさんは中島さんおすすめの街のショップへ。元・Style.com(スタイルドットコム)のディレクター Yasmin Sewell(ヤスミン・シーウェル)がディレクターを務めるセレクトショップ Paper Mache Tiger(ペーパー・マッシュ・タイガー)。旬のブランドが揃っていてカフェも併設されている素敵なショップ。どんどんお洒落になっているイズリントンにあります。

JUJUさんは Lee Mathews(リー・マシュー)の黒のシースルーのドレスを購入。透けてるのが好きなのだそうです。
アクセサリーも可愛いものばかりで「この場所は危険!ほしいモノがいっぱい!」とJUJUさん。

名前Paper Mache Tiger(ペーパー・マッシュ・タイガー)
住所26 Cross St, London N1 2BG UK
WEBhttps://www.papermachetiger.com
Instagram@papermachetiger
営業時間
定休日月曜
アクセス地下鉄「Angel」駅から徒歩11分
地図MAP 6

リー・マシューのブラウスも可愛い!

The Market Cartel(ザ・マーケット・カーテル)

中島さん一押しのビンテージの名店 The Market Cartel(ザ・マーケット・カーテル)。場所は Hackney、カップケーキを紹介していた Violet から徒歩10分くらい。

こちらのビンテージショップ、凄腕バイヤーが世界中から集めた素敵な一点モノばかりです。中には博物館に置いていてもおかしくないレア物もあり。布の彫刻家といわれる Madame Grès(マダム・グレ)の 1940年代の赤いドレスは素敵!
JUJUさんはカフタン(モロッコの民族衣装)を70£でお買い上げ。お値打ちです。中島さんは三浦さんのためにナイトガウンをセレクト。スタジオで最後にファッションショーをしていました。

名前The Market Cartel(ザ・マーケット・カーテル)
住所12a Downs Court Parade, Amhurst Rd, London E8 2AQ UK
WEBhttps://www.themarketcartel.com
Instagram@themarketcartel
営業時間月〜金:11:30~19:00、土:11:00~20:00、日:12:00~18:00
定休日なし
アクセスLondon Overground「Hackney Downs」駅から徒歩2分
地図MAP 7

ロンドンMAP

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!

NHK「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの放送日時まとめ【随時更新】
NHK G「世界はほしいモノにあふれてる」シリーズの放送日時まとめ。放送された番組のリストです。紹介されたスポットのMAP付きデータもあり。随時更新しています。ほしいモノ入手や海外旅行の参考にどうぞ!

あわせて読みたい