ここは行きたい!2度目のバンコクのおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
毎回世界のどこかの街で3日間を決まったおこづかいで過ごす充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のバンコク おこづかい2万円で充実旅(初回放送:2018年3月6日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 森崎ウィン さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
タイの通貨は バーツ。1バーツ=3.5円(2018年1月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
バンコクMAP

2度目のシリーズには シンガポールマレーシアハノイホーチミンダナン&ホイアンアンコールワットバリ島 など東南アジアの都市の登場も多いです。

ここは行きたい!2度目のマレーシアのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のマレーシア クアラルンプール編」(2017年6月13日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きリストにしてみました。

バンコクで食べる

Chua Jua Huat(チュワ ジュワ フワット)

Lumpini Park(ルンピニー公園)から徒歩5分ほど、ビジネス街 Silom Road(シーロム通り)にある老舗の食堂 Chua Jua Huat(ฉั่วจั๊วฮวด、チュワ ジュワ フワット)
Silom Complex(シーロムコンプレックス)の隣のセブンイレブンの2軒隣あたりです。

1963年に屋台として創業。オフィス街の真ん中、BTS Sala Daeng(サラデーン)駅近くの便利な場所なのでいつも賑わっています。特にランチ時は混雑しているので避けるのが良さそう。
メニューはタイ文字で書かれていてタイ語がわからないと読めません…。
おすすめ人のベルさんの注文したスペシャル麺はピンク色のスープ。
これは 紅腐乳麺(เย็นตาโฟ、Yong Tau Foo、イェンターフォー)という料理。イェンターフォーは太麺・細麺のライスヌードルが選べるようで、番組で食べていたのは太麺です。
注文するときは 紅腐乳太麺(เส้นใหญ่เย็นตาโฟ、センヤイ・イェンターフォー)といえばOK。

豆腐を発酵させた赤い調味料「紅腐乳」が入っているためスープがピンク。
辛くて甘くて酸っぱい複雑な味のスープには紅腐乳をはじめナンプラー(魚醤)、ニンンクダレ、スパイス入り。だしは豚骨と大根で取っています。
トッピングは魚の練り物、空芯菜、パクチー。美味しそう!
紅腐乳太麺 50バーツ(175円)です。

AbOuT KiE KiEさん(@kiekunanya)がシェアした投稿

こちらのお店は Khao Mudaeng(カオムーデーン、焼き豚のせご飯)も美味しいとのこと。
お隣はカニワンタン麺で有名店な Chuan Sawoei(チュアン サウイ、發英勝)、そのまた隣にカオマンガイの名店 Samai Suek Pochana(サムイ スーク ポーチャナー)。シーロムコンプレックスの裏側のサラデーン2通りには屋台村もあって気になるローカルグルメが密集するエリアです。

名前 Chua Jua Huat(ฉั่วจั๊วฮวด、チュワ ジュワ フワット)
住所 205 Silom Road, Bang Rak, Bangkok
営業時間 8:00〜20:00
定休日 なし
アクセス BTS「Sala Daeng」駅から徒歩4分、MRT「Si Lom」駅から徒歩5分、ルンピニー公園から徒歩5分
地図 バンコクMAP 1

Soi 6 Pochana(ソイ6ポーチャナー)

Sam Yan(สามย่าน、サムヤーン)地区 にある Soi 6 Pochana(ซอย 6 โภชนา、ソイ6ポーチャナー)は創業70年のアヒル専門店。サムヤーン地区は観光客があまり行かない界隈ですが古いお店が並ぶ食堂激戦区だそうです。

アヒル肉を使った珍しい ガパオライス(ผัดกระเพรา パット・ガパオ)。ガパオとはタイバジル(ホーリーバジル)のことなでガパオの炒め物をパット・ガパオ・〇〇と呼ぶそうです。鶏肉だけじゃないんですね。
アヒルのガパオライス(パット・ガパオ・ペット)100バーツ(350円)です。
一般的な鶏肉のガパオライスは50バーツくらいだからちょっとお高め。アヒルはニワトリと違って育てるのが難しいから貴重だということです。

たくさんのハーブ入りの秘伝のタレをアヒルの中に仕込んで風味をつけ、表面には食紅と豆を発酵させたタレをかけて味付けをしています。
炭火でじっくり1時間。表面はパリッと中はしっとり柔らか。
さらにタイバジル、トウガラシと一緒に炒めてアヒルの卵の目玉焼きも添えて。濃いめの味付けでご飯も進みそう!

ウィンさんはマッサージを受けたウォラチャンヤワート寺院からお店までトゥクトゥクで行っていました。
トゥクトゥクにはメーターがないため料金は乗る前に交渉します。事前に相場をホテルの人などに聞いておくと良いそうです。
トゥクトゥク代 100バーツ(350円)です。

名前 Soi 6 Pochana(ซอย 6 โภชนา、ソイ6ポーチャナー)
住所 Chulalongkorn 50, Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok
営業時間 8:00〜23:00
定休日 なし
アクセス MRT「Sam Yan」駅から徒歩6分
地図 バンコクMAP 2

鉄道市場ラチャダー(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

Roxy Huangさん(@roxyscofield)がシェアした投稿

バンコクで1番人気のナイトマーケット、鉄道市場ラチャダー(ตลาดนัดรถไฟ รัชดา、The New Rot Fai Market Ratchada、タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)。2015年に鉄道の操車場跡地にオープンしました。約1300軒の屋台がひしめく巨大なナイトマーケットは隣の立体駐車場の6階から眺めるとカラフルなテントが光って宝石箱のようです。
ファッショングッズからフードまで幅広い出店。迷子になってしまいそうですね。

中心部からトゥクトゥクで15分くらいです。トゥクトゥク代 150バーツ(525円)。
公共交通を利用する場合はMRT「タイ・カルチャーセンター」駅から徒歩5分ほど。

名前 鉄道市場ラチャダー(ตลาดนัดรถไฟ รัชดา、タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)
住所 Soi Yu Charoen, Din Daeng, Bangkok
営業時間 火〜日:17:00〜25:00
定休日 月曜
アクセス MRT「タイ・カルチャーセンター」駅から徒歩5分
地図 バンコクMAP 3

虫スナック専門店

Yitiingさん(@yitiingwong)がシェアした投稿

お店の名前は出ていませんでしたが鉄道市場内の虫スナック専門店で油で揚げた虫を売っていました。ミールワーム、タガメ(メンダー)、コオロギなどお好みの虫をお求めいただけます。
タイには虫を出す屋台がよくあるようで、みなさんスナックみたいにぽりぽり食べています。最近はスーパーでもポテトチップスのような感覚で虫スナックが売られているようです。
おすすめは蚕。醤油と砂糖で味付けしたフライド蚕に塩をかけていただきます。恐る恐る食べたウィンさんは美味しい!とぱくぱく。
蚕スナック(1袋)40バーツ(140円)です。

Tiaw Mae Klong Leng Seab

ALBUMさん(@albummmmmmm)がシェアした投稿

行列ができている鉄道市場で人気ナンバー1の店 Tiaw Mae Klong Leng Seab(เตี๋ยวแม่กลอง&เล้งแซ่บ)
こちらの人気メニューは Leng(レン)という料理。お皿に山盛りの骨つき豚肉に青トウガラシたっぷり。5人前を頼むと高さ60cmほどに積み上げられています。
レン(1人前)120バーツ(420円)、5人前 599バーツ(2,096円)です。
1人前からオーダーできるのでご心配なく。

骨ごと煮込んだ豚肉は青トウガラシ、ナンプラー、ライム、豚骨だしで味付けしてあります。柔らかいお肉がジューシー。
ビニール手袋をはめて手づかみでワイルドに食べるのも楽しいですね。

名前 Tiaw Mae Klong Leng Seab(เตี๋ยวแม่กลอง&เล้งแซ่บ)
WEB https://www.facebook.com/Maeklongnoodles(Facebookページ)

Soul Food 555(ソウルフード 555)

バンコクでは伝統料理と西洋料理のミックスが大流行中。紹介されていたのはタイ料理のハンバーガーのお店 Soul Food 555(ソウルフード 555)
高級エリア Thong Lor(トンロー)通り にあるショッピング施設 The Commons 内のお洒落なフードコートに入っています。
番組では朝ごはんとして紹介されていましたが、お店のオープンは11時からです。

まずは ソムタムバーガー 250バーツ(875円)。
Somtum(ส้มตำ、ソムタム)というのは青パパイアの千切りにトウガラシ、ライム、ピーナツを合わせたタイのスタンダードなサラダのこと。
ソムタムバーガーはフライドチキンの上にソムタムを乗せてバンズで挟んでいます。

preawpakさん(@preawpak_ch3)がシェアした投稿

人気の カウソーイバーガー 250バーツ(875円)。
Khao Soi(ข้าวซอย、カウソーイ、カオソーイ)というのはタイの北部の料理・カレースープ麺のこと。
カウソーイバーガーは豚肉のカレー煮込みに揚げた玉子麺を乗せてバンズで挟んでいます。トウガラシが効いているので注意。

名前 Soul Food 555(ソウルフード 555)
住所 #M14, The Commons, Thong Lo Soi 17 (Akkhara Phatsadu Alley), Klongton nua, Wattana, Bangkok
WEB http://soulfood555.com
Instagram @soulfood_555
営業時間 日〜木:11:00〜22:00、金土:11:00〜23:00
定休日 なし
アクセス BTS「Thong Lor(トンロー)」駅から徒歩20分、ショッピング施設「The Commons」内
地図 バンコクMAP 4

At-Ta Rote(アッタロット)

バンコクの目抜き通り Sukhumvit(スクムウィット)通り に2017年オープンしたレストラン At-Ta Rote(อรรถรส、アッタロット)。周囲にはショッピングモールやレストランが集まっています。
カジュアルでおしゃれな店内で国王が愛した料理をいただくことができます。
オーナーのカンニダー・タンティスントーンさんは王室料理人を務めたタイ料理の権威・シーサモーン先生に師事したそうです。

ウィンさんは店のおすすめ4品を注文。こちらのメニューには料理名がタイ語と英語が書かれているだけなので事前に予習して行く方が良さそうです。

ハスの花のオードブル 158バーツ(648円)はエビ、ココナツなどを花でくるんで食べる華やかな料理。

鳥と花の肉包み 168バーツ(578円)は白い鳥と青紫の花の形をした可愛らしい一品。ジャスミンの香り付けをした皮の中には甘辛く味付けをしたひき肉が入っています。
牛肉のマッサマンカレー 230バーツ(805円)は15種類以上のスパイスが入っています。
エビ入りパッタイ(タイ風焼きそば)230バーツ(805円)は手づくりタマリンドソースが決め手の優しい味わい。
盛り付けも美しくて手間暇かけた料理がお値打ちでいただけます。

名前 At-Ta Rote(อรรถรส、アッタロット)
住所 59/3 Sukhumvit39 Klongtun Wattana, Bangkok
WEB https://www.facebook.com/attarote.eatery
Instagram @attarote.eatery
営業時間 11:30~22:00
定休日 なし
アクセス BTS「Phrom Phong(プロムポン)」駅から徒歩10分
地図 バンコクMAP 5

バンコクMAP

2度目のシリーズの放送リストはこちらをどうぞ!

NHK BS「2度目の旅」シリーズの放送日時まとめ【随時更新】
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの放送日時まとめ。放送された都市のリストです。紹介されたお店のMAP付きデータもあり。随時更新しています。海外旅行の参考にどうぞ!

あわせて読みたい