ここは行きたい!2度目のスイス・レマン湖畔のおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
毎回世界のどこかの街で3日間を決まったおこづかいで過ごす充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のスイス レマン湖畔編 おこづかい3万円で充実旅(初回放送:2018年1月16日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 細田善彦さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
スイスの通貨は スイスフラン(CHF)。1スイスフラン=113.2円(2017年11月のレート)で計算しています。
ジュネーブから国境を越えてフランスに入ると通貨は €(ユーロ)。1€=132.2円(2017年11月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ! スイス・レマン湖畔MAP

2度目のシリーズには ウィーンプラハロンドンパリアムステルダムローマミラノベネチアフィレンツェトスカーナナポリシチリアマドリードバルセロナ などヨーロッパの都市の紹介も多いです。

ここは行きたい!2度目のローマのおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のローマ」のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きリストにしてみました。

ジュネーブとその近郊で食べる

L’Auberge(オーベルジュ)【シャンベジー】

Haydé Plaさん(@h.pla)がシェアした投稿

スイスの物価は世界一高いとも言われていて、ジュネーブのレストランでランチを食べようとすると単品でも30スイスフラン以上はします。
番組で紹介していたのはジュネーブの北隣りにある Chambésy(シャンベジー)のレストラン L’Auberge(オーベルジュ)
高級感のある落ち着いた店なのに 26.00CHF(2,943円)でランチコースがいただける良心的な価格設定。
なぜ安いのかというと実はジュネーブのホテル学校 Ecole Hôtelière de Genève が経営しているレストラン。厳しいシェフの指導もと学生たちが実習しているのです。
スイスにはレベルの高いホテルやレストランの専門学校があり、世界中から学生が集まっています。卒業後は有名レストランに就職する優秀な学生たちのつくる料理なのでリーズナブルなのにとっても美味しいと評判です。

細田さんが注文していたのは Entrée du jour(前菜) + Plat du jour(メイン) + Dessert du jour(デザート)のランチコース 26.00CHF(2,943円)。
前菜は 田舎風テリーヌ サラダ添え。豚の肩肉、豚レバー、ベーコン、ニンジン、タマネギ、パセリをポートワイン、コニャックで風味付けしています。
前菜だけどボリュームたっぷり。濃厚な肉の味わいが楽しめます。
メインは 子牛のスネ肉 赤ワイン煮込み。子牛の骨付きスネ肉の煮込みにニンジンのグラッセとコーンミールの付け合わせ。
お肉がとろとろとろけます。
デザートは エキゾチックフルーツのガスパチョ メレンゲ添え。さっぱりして美味しそう!

番組ではレマン湖のほとりを北に30分歩く、と言っていましたが地図を確認するとジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅から歩いて1時間弱はかかりそう。
散策がつらい季節はコルナヴァン駅からChambésy(シャンベジー)駅まで5分ほど電車に乗れば、シャンベジー駅から徒歩2分で着くのでおすすめです。
お席は オフィシャルWEBサイト で予約ができます。

名前 Genève Cornavin(ジュネーブ・コルナヴァン駅)
住所 Cornavin, 1201 Genève
WEB https://www.sbb.ch
Instagram @sbbcffffs
地図 MAP 1
名前 L’Auberge(オーベルジュ)
住所 Chemin des Cornillons 4, 1292 Chambésy
WEB https://www.ehg.ch/ecosysteme-de-formation-signe-by-ehg/restaurant-lauberge-a-chambesy/
Instagram @ecolehotelieregeneve
営業時間 火〜日:7:30~12:00, 12:00~14:00, 19:00~22:00
定休日 月曜
アクセス ジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅から電車に乗り「Chambésy(シャンベジー)」駅から徒歩2分
地図 MAP 2

Bains des Pâquis(バン・デ・パキ)【ジュネーブ】

xiaomaiさん(@dingxiaomai)がシェアした投稿

スイス料理といえば Fondue au fromage(チーズフォンデュ)
ジュネーブでは「サウナに入ってフォンデュ」が流行中ということでレマン湖畔の湖水浴場複合施設 Bains des Pâquis(バン・デ・パキ)を紹介していました。

まずはサウナへ。レマン湖とジュネーブの街が見えるサウナで一汗。
サウナで温まった後にレマン湖に飛び込むと食欲が沸く..ということで細田さんもお作法に従ってレマン湖へ。
撮影時の気温3度、レマン湖の水温7度とあって見ているだけでも寒そう。わたしは夏に行きたいです..
サウナ入場料 20.00CHF(2,264円)、月曜日は 13.00CHF になるディスカウントデーです。タオルレンタルは別料金 5.00CHF です。
スチームサウナは冬季のみ営業。今季は2017年9月16日〜2018年5月27日まで営業で、夏季はハマム(トルコ式風呂)のみ営業とのこと。
詳細は オフィシャルWEBサイト で確認してください。

そして付属のレストランでチーズフォンデュをいただきます。
お昼は閑散としていたのに夜になると仕事帰りの人たちが集まってきてお客さんがたくさん。大人気です。
レストランは朝からオープンしていますがチーズフォンデュは18時からのメニューなので気をつけて。

John Maherさん(@durfmurninirf)がシェアした投稿

グリュイエールとヴァシュラン・モン・ドール 2種類のスイス産チーズをつかったふわふわのチーズフォンデュ。
ふわふわの秘密は発泡ワインとビールが入っているから。ニンニクとブランデーも香りづけに入っています。
チーズフォンデュ 23.00CHF(2,604円)です。

名前 Bains des Pâquis(バン・デ・パキ)
住所 Quai du Mont-Blanc 30, 1201 Genève
WEB http://www.bains-des-paquis.ch
営業時間 [サウナ] 月〜土:9:00~21:30、日:8:00~21:30
[レストラン] 7:00~23:00(チーズフォンデュは18:00〜)
定休日 なし
アクセス ジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅から徒歩8分
地図 MAP 3

Marché de Ferney-Voltaire(フェルネー・ボルテール朝市)【フェルネー・ボルテール】

Nataljaさん(@amstermad)がシェアした投稿

ジュネーブはフランスと国境を接していてジュネーブの人たちも物価が安いフランスへ買い物に行くことが多いそうです。
おすすめはフランスの Ferney-Voltaire(フェルネー・ボルテール)で土曜日に開催される朝市。
ジュネーブの Cornavin(コルナヴァン)駅からバスで約20分ほどでフランスへ!近いと言っても国境を越えるのでパスポートはお忘れなく。
ジュネーブ市内のホテルに宿泊すると市内の交通機関無料パスがもらえるそうです。
細田さんも「おら、ちょっくらフランス行って朝ごはん食べてくるよ」って朝食に出かけていました。

Avenue Voltaire(ボルテール通り)に並ぶ Marché de Ferney-Voltaire(フェルネー・ボルテール朝市)は衣類から食料品まで揃っています。
フランスなので通貨はユーロ。ストリートマーケットは現金しか使えないことが多いためユーロのキャッシュも用意しておきたいところ。
新鮮な食材がずらりと揃っていて量り売りの生ハムやトルコ産ザクロのフレッシュジュースなど全てが美味しそう!

名前 Marché de Ferney-Voltaire(フェルネー・ボルテール朝市)
住所 Avenue Voltaire, 01210 Ferney-Voltaire, France
営業時間 土:8:00〜13:00
定休日 日曜〜金曜
アクセス ジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅からバスで約20分「Ferney, Avenue du Jura」停留所下車
地図 MAP 4

Rôtisserie Huissoud(ロティサリー・ユイス)

Alecさん(@yawsens)がシェアした投稿

フェルネー・ボルテール朝市のお肉屋さん Rôtisserie Huissoud(ロティサリー・ユイス)は特選のお肉をその場でローストしています。鶏をぐるぐるまわしながら丸焼きしているのが目を引きます。
おすすめはポークグリル。豚の背ロースにニンニクの塊を詰めてトウガラシとオリーブ油でマリネ、40分間肉汁をかけながらじっくりロースト。肉汁たっぷり。
厚さ4cmほどに切り分けてくれます。細田さんは厚切り肉を2枚もいただいていました。お好みでトマト、タマネギ、マッシュルーム、ニンジン、香草を煮込んだ野菜ソースもかけてもらえます。
豚のロースト(450g)9.45€(1,249円)です。

Laforêt et Fils(ラフォーレ・エ・フィス)

Marta Krokoszさん(@mkrokosz)がシェアした投稿

フェルネー・ボルテール朝市で人気の魚屋さん Laforêt et Fils(ラフォーレ・エ・フィス)はフランス各地を巡る移動鮮魚店。フランス近海の鮮魚が豊富に揃っています。
中でも人気は旬の生カキ。たくさんの種類があるので迷ってしまいますが、細田さんは15ユーロ分でおすすめを見つくろってもらっていました。こういう頼み方いいですよね!
アイルランド産 Osta Regal(オストラリガル)、フランス産有名ブランド Gerald(ジェラルド)、フランス産 Agothe(アガット)などなど6個のカキの盛り合わせ。
カキはその場でむいてくれてお皿に綺麗に並べてレモンも付けてくれます。さらに白ワイン 1杯サービス。
生ガキ 6点盛り 15.00€(1,983円)です。

ジュネーブで買う

Plainpalais Flea Market(プレンパレ蚤の市)【ジュネーブ】

Domotor Zitaさん(@asutike)がシェアした投稿

スイスといえば時計。街中に高級時計のショップがたくさんあります。
でも高すぎて手が出ないというときはジュネーブ最大の蚤の市 Plainpalais Flea Market(プレンパレ蚤の市)がおすすめ。掘り出し物が見つかるかも。

蚤の市で本物のビンテージだけを取り扱っている時計屋さんを発見。アンティークやビンテージ時計が置いてありますが値段は書かれていません。
Rolexのビンテージ時計が 4,500.00CHF と、やはりお高いです。

時計のムーブメントを発見。修理パーツとして時計職人さんが買っていくのだそうです。
動いているムーブメント40.00CHF(4,528円)、動かないムーブメント10.00CHF(1,132円)です。
動かないムーブメントを指輪やイヤリングのアクセサリーに加工する方がいるそうです。
細田さんはカフスボタンにするということで2つお買い上げ 20.00CHF(2,264円)でした。
細田さんのカフスボタンができたら身につけて番組に出て欲しいですねー

同じ場所に Farmers Market(農業物産市)も出ます。土・水が Flea Market の日、 日・火・金が Farmers Market の日と曜日によって違います。
周辺には小さな遊園地もあるのでご家族連れで楽しめますね。

名前 Plainpalais Flea Market(プレンパレ蚤の市)
住所 Plaine de Plainpalais, 1205 Genève
営業時間 [Flea Market] 土・水:8:00〜17:00(土曜が規模が大きい)
[Farmers Market] 日:6:30〜17:00、火・金:6:30〜14:00(日曜が規模が大きい)
定休日 月曜・木曜
アクセス 路面電車「Plainpalais」停留所から徒歩1分
地図 MAP 5

ロールで買う

Tristan(トリスタン)【ロール】

Polly Tさん(@pollycwt)がシェアした投稿

ジュネーブから電車で20分ほど西へ行った Rolle(ロール)にある チョコレート専門店 Tristan(トリスタン)
有名レストランの元パティシエ トリスタン・カルボナットさんが世界中から集めた厳選素材で手づくりしたチョコレートが人気。 
ロールへはジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅から30分おきに出る各駅停車に乗ります。
電車代(ジュネーブ→ロール)14.6スイスフラン(1,653円)です。
右側にレマン湖を眺めていると遠方にアルプス山脈最高峰のモンブラン(標高4,810m)が見えます。
ロール駅からお店へは徒歩で30分弱。ちょっと遠いです。

dish upさん(@dish__up)がシェアした投稿

店内には約150種類のチョコレートが並んでいます。ディスプレイの箱もチョコレートでできているのが可愛いですね。
そしてなんとすべてのチョコレートが自由に試食できるのです。チョコレートに全ての情熱を注いでいるトリスタンさんはお客さんがチョコレートを食べて嬉しそうな顔を見るのが好きなのだそうです。
材料は世界中を旅して探してくるそうで、マダガスカル産バニラ入りチョコレート、シチリア島産ピスタチオ入りチョコレート、京都産抹茶入りチョコレート、ガーナ産カカオ豆入りなどなど世界旅行をしている気分。

細田さんはお酒が入ったチョコレートのおすすめを購入。
ウィスキー入りチョコレート(100g)12.00CHF(1,358円)、トリュフチョコ詰め合わせ(ラム入り、シャンパン入り 100g)11.00CHF(1,245円)をお買い上げしていました。

名前 Rolle Gare(ロール駅)
住所 Gare Rolle, 1180 Rolle
WEB https://www.sbb.ch
アクセス ジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅から電車で約20分
地図 MAP 6
名前 Tristan(トリスタン)
住所 Chemin des Quatre-Vents 1, 1166 Perroy
WEB https://www.chocolatier-tristan.ch
営業時間 水〜金:10:00〜12:00, 13:30〜18:30、土:9:00〜16:30
定休日 日曜〜火曜
アクセス Rolle(ロール駅)から徒歩28分
地図 MAP 7

ラヴォー地区で飲む

Cave de la Ville de Payerne(キャブ・デ・ラ・ヴィレ・デ・パヤン)【リュトリー】

日本ではあまり知られていませんが実はスイスはワインの名産地。生産量が少なく国内でほとんど消費されるためあまり国外に出まわることがないそうです。
ローザンヌからモントルーの間はワインの名産地。Lavaux(ラヴォー地区) は景観と1000年の歴史が評価され2007年に世界文化遺産に登録されました。

番組ではチョコレートショップのあるロール駅からラヴォー地区のリュトリー駅まで電車に乗っていました。
電車代(ロール→リュトリー)13.00CHF(1,472円)です。
ローザンヌから行く場合はローザンヌ駅から電車で5分ほどでリュトリー駅に到着します。

レマン湖の北側の斜面に広がるラヴォー地区のブドウ畑は石垣でつくられた段々畑になっています。11世紀から続くブドウの段々畑は1万枚、石垣の総延長は400kmにも及びます。
リュトリー駅からはブドウ畑の中を散策するハイキングコースが整備されていてアルプスの山々とレマン湖が見渡せます。

ワインを飲めるワイン蔵が何軒かあるそうで、番組では Cave de la Ville de Payerne(キャブ・デ・ラ・ヴィレ・デ・パヤン)というワイン農家にお邪魔していました。
ワイン農家の Nicolas Pittet(ニコラス・ピテ)さんご自慢のワインを11世紀の建物を使用したワイン蔵で味わうことができます。
ラヴォー地区では生産量の8割が白ワイン。最も多くつくられているのは Chasselas(シャスラー)というブドウでつくったさっぱりした飲み口の白ワインです。
この蔵からは日本に輸出されていないためここでしか飲めません。
他にも芳醇な甘味が香る Pinot Gris(ピノ・グリ)など、ワイン3杯飲み比べ 15.00CHF(1,698円)でした。
お土産に シャスラーのボトル Chateau de Montagny 15.00CHF(1,698円)もお買い上げ。


営業時間は不明なので事前に電話かメールで予約したほうが良さそうです。詳細は オフィシャルWEBサイト でご確認ください。
周辺にも小さなワイン蔵がいくつかあり。はしごするのも楽しそうです。

名前 Lutry Gare(リュトリー)駅
住所 Lutry Gare, 1095 Lutry
WEB https://www.sbb.ch
アクセス ローザンヌ駅から電車で5分
地図 MAP 8
名前 Cave de la Ville de Payerne(キャブ・デ・ラ・ヴィレ・デ・パヤン)
住所 Chemin de Montagny, 1091 Aran
WEB https://www.lesproprietesdepayerne.ch
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
アクセス Lutry(リュトリー)駅から徒歩20分
地図 MAP 9

ローザンヌで食べる

Holy Cow!(ホリー・カウ)【ローザンヌ】

ローザンヌ旧市街の外れのハンバーガー屋さん Holy Cow!(ホリー・カウ)。行列ができている人気店です。
こちらのハンバーガーは食材にこだわっていてすべてスイス産。美味しいのはもちろんのこと安心して食べられるというのも人気の秘密です。
165gの大きなハンバーグはスイス産牛肉100%。スイス産小麦をつかったパンのほか赤タマネギのコンフィ、トマトケチャップ、マヨネーズ、フライドポテトも全部スイス産の原料でつくられています。
ジューシーなお肉の大きなハンバーガーは食べ応え十分。
Big Beef Burger(ビッグビーフバーガー、ポテト付き)9.90CHF(1,121円)です。

チーズ入りの Big Cheese Burger(ビッグチーズバーガー)11.90CHF(1,347円)、ベーコンとチーズ入りの Smoky Big Cheese and Bacon Burger(ビッグチーズアンドベーコンバーガー)14.90CHF(1,686円)もあります。ドリンク付きのセットにもできます。

ハンバーガーとポテトで1,000円以上するなんてやはりスイスは物価が高いなと思います。
ちなみに スイスのマクドナルド では ハンバーガー 2.50CHF(283円)、ビッグマック 6.50CHF(736円)、ポテトS 2.90CHF(328円)です。マクドナルドでビッグマックとポテトを食べるのもあまり変わらないお値段。マクドナルドとホリー・カウ、どちらかを選ぶのなら断然 Holy Cow! に行きますね。
Holy Cow! はスイス中にショップがあってローザンヌには3店舗、ジュネーブにも2店舗あり。

名前 Lausanne Gare(ローザンヌ駅)
住所 Place de la Gare, 1003 Lausanne
WEB https://www.sbb.ch
アクセス ジュネーブ・Cornavin(コルナヴァン)駅から電車で約40分
地図 MAP 10
名前 Holy Cow!(ホリー・カウ)Terreaux店
住所 Rue des Terreaux 10, 1003 Lausanne
WEB https://www.holycow.ch
Instagram @holycowgourmetburger
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし
アクセス ローザンヌ駅から徒歩15分、地下鉄「Lausanne-Flon」駅から徒歩5分
地図 MAP 11
名前 Holy Cow!(ホリー・カウ)Cheneau-de-Bourg店
住所 Rue Cheneau-de-Bourg 17, 1003 Lausanne
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし
アクセス ローザンヌ駅から徒歩15分、地下鉄「Bessières」駅から徒歩2分
地図 MAP 12

Café Romand(カフェ・ロマンド)【ローザンヌ】

Rosaさん(@rosamancebo1)がシェアした投稿

ローザンヌの中心にあるトラディショナルなレストラン Café Romand(カフェ・ロマンド)。スイスの伝統料理が味わえる創業1951年の老舗です。
番組ではレマン湖地方伝統のソーセージ料理 Papet Vaudois(パペ・ヴォードワ)を紹介していました。

あつあつの野菜の煮込みの上に250gの大きなソーセージがどーんと乗っています。この地方だけに伝わる伝統のソーセージで産地と品質が保証されたソーセージのみ使用しているのだそうです。
オーナーシェフのクリスチャン・シューターさんは冬の野菜が収穫されたらパペ・ヴォードワをつくりたくなるそうです。冬のお料理なんですね。
ソーセージの皮は固いので食べられません。知らないと皮まで食べちゃいますよね.. ソーセージに縦に切れ目を入れて中のお肉を出して野菜とよく混ぜて食べます。
パペ・ヴォードワ 24.50CHF(2,773円)です。

お店のメニューにはチーズフォンデュもあり。朝8時から夜24時まで開いていて、しっかり食事をとるにもちょっとコーヒーを飲むにも利用できる居心地良さげな雰囲気です。

名前 Café Romand(カフェ・ロマンド)
住所 Place Saint-François 2, 1003 Lausanne
WEB http://www.cafe-romand.ch
Instagram @caferomand
営業時間 月〜土:8:00~24:00
定休日 日曜
アクセス ローザンヌ駅から徒歩9分、地下鉄「Lausanne-Flon, pl. de l’Europe」駅から徒歩4分
地図 MAP 13

ローザンヌで買う

Macheret Fromage(マシャレ・フロマージュ)【ローザンヌ】

ローザンヌの老舗チーズ専門店 Macheret Fromage(マシャレ・フロマージュ)
おすすめは冬限定のチーズ Vacherin Mont-d’or(ヴァシュラン・モン・ドール)。生産期間が決められていて9月から3月にかけて店頭に並びます。

チーズは木のわっぱのような器に入っていて、おすすめは丸ごとオーブン焼く方法。
木の器はオーブンで焼けてしまうので周りにアルミホイルを巻いて、チーズの表面にフォークで穴を開けて白ワインを少々ふりかけ、200度のオーブンで25分。
とろとろのチーズを茹でたジャガイモにかけると絶品だそうです。美味しそう!
ヴァシュラン・モン・ドール(516g)17.30CHF(1,958円)

名前 Macheret Fromage(マシャレ・フロマージュ)
住所 Rue Pré-du-Marché 3, 1004 Lausanne
営業時間 月〜金:8:45〜12:30, 14:00〜18:30、土:8:45〜17:00
定休日 日曜
アクセス ローザンヌ駅から徒歩18分、地下鉄「Riponne-M. Béjart」駅から徒歩3分
地図 MAP 14

ローザンヌで遊ぶ

La Patinoire du Esplanade du Flon(フロン広場のアイススケートリンク)【ローザンヌ】

フロン広場にできる冬季限定のアイススケートリンク La Patinoire(ラ・パティノア)
毎年11月初旬から2月下旬までオープンしています。今季は2017年11月4日〜2018年2月25日まで営業。
毎日地元の若者や家族連れで賑わっています。
入場料無料スケート靴レンタル 5.00CHF(566円)です。
細田さんは子供達と仲良くなって、女の子を勝手に「ハイジ」と呼んだり相変わらずの天然ぶりを発揮。なごみましたー

名前 La Patinoire du Esplanade du Flon(フロン広場のアイススケートリンク)
住所 Esplanade du Flon, Rue du Port-Franc 17, 1003 Lausanne
WEB https://flon.ch
営業時間 冬季(2017.11.04〜2018.02.25)11:00〜22:00
定休日 祝日
アクセス ローザンヌ駅から徒歩15分、地下鉄「Lausanne-Flon」駅から徒歩4分
地図 MAP 15

スイス・レマン湖畔MAP

2度目のシリーズの放送リストはこちらをどうぞ!

NHK BS「2度目の旅」シリーズの放送日時まとめ【常時更新】
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの放送日時まとめ。放送された都市のリストです。紹介されたお店のMAP付きデータもあり。常時更新しています。海外旅行の参考にどうぞ!

あわせて読みたい