ここは行きたい!2度目のニューオーリンズのおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
毎回世界のどこかの街で3日間を決まったおこづかいで過ごす充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のニューオーリンズ おこづかい3万円で充実旅 (初回放送:2017年1月11日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 細田善彦 さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
アメリカ合衆国の通貨は $(ドル)。$1=¥105(2016年11月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ! MAP

1度目で行くニューオーリンズの定番スポット

2度目の前に1度目で行く定番スポットを少々おさらいしておきます。

蒸気船ミシシッピ川クルーズ

iconicon

本物の蒸気船でのんびりミシシッピ川をクルーズ。ジャズの生演奏付きですっかりニューオーリンズ気分。
ニューオーリンズ観光の王道ですね。
ランチ付きやティナー付きのコースもありニューオーリンズの街並みを眺めながら優雅にすごせます。
日本から予約することも現地で予約することもできるので安心。

名前 蒸気船ミシシッピ川クルーズ
住所 集合場所:Gray Line Lighthouse Ticket Office, Toulouse St, New Orleans, LA 70130
WEB WEB予約
定休日 なし
アクセス 路面電車 Riverfront線「Toulouse(トゥールーズ)」駅すぐ
地図 MAP 1

蒸気船ミシシッピ川クルーズは2時間 ¥3,500〜。ランチ付きやティナー付きもあり。

French Quarter(フレンチ・クォーター)


フランス植民地時代やスペイン植民地時代の街並みが残る地区 French Quarter(フレンチ・クォーター)
色とりどりに塗られた漆喰壁、アイアンレースで飾られた美しいバルコニーの建物が立ち並ぶ美観地区。元は住宅地でしたが今では観光客が集まる商業エリアになっています。
主な観光地はフレンチ・クォーターに集中しています。

名前 French Quarter(フレンチ・クォーター)
住所 北西端:Rampart Street(ランパート・ストリート)
南東端:Mississippi River(ミシシッピ川)
北東端:Esplanade Avenue(エスプラネード・アベニュー)
南西端:Canal Street(カナル・ストリート)
WEB Google Map
地図 MAP 2

フレンチ・クォーターのロケーションの良いホテル。
騒々しいバーボン・ストリートから1ブロック離れたロイヤル・ストリートにある落ち着いた雰囲気です。

ニューオーリンズで食べる

ニューオーリンズはアメリカ屈指のグルメな街。
フランス・スペイン・西アフリカの食文化が融合した Creole(クレオール)料理 が発展してきました。
地元の食材をベースに古典的なヨーロッパのスタイルを取り入れているのが特徴です。

Central Grocery and Deli(セントラル・グローサリー・アンド・デリ)

昔ながらのイタリア食料品店 Central Grocery(セントラル・グローサリー)の奥のデリで売っているサンドイッチが絶品だとの評判。
午前11時〜午後2時はほぼ行列ができているそうです。

丸くて大きいパンのサンドイッチは直径25cmもあります。
イタリア産ハム、サラダ、チーズ、それに特製オリーブサラダをたっぷり!
パンにオリーブの塩分と油がじわっと染み込んで美味しそう。
現在のオーナーのおじいさんがイタリアから移住して1920年ごろにつくりはじめたそうです。
レシピは100年近くも変わらないまま。昔ながらの味を受け継いでいます。
具がたっぷり入った マファレッタ(Muffuletta サンドイッチ)$18.65(¥1,958)です。
一人で食べるにはちょっと大きすぎるという方には1/2サイズもあります。


細田さんはテイクアウェイして景色のいいところで食べようと線路を越えて川沿いの遊歩道 Moonwalk Riverfront Park(ムーンウォーク・リバーフロント・パーク)へ。
ミシシッピ川の河畔が遊歩道になっています。
遊歩道ではサックスを演奏する人がいたりしてさすがはジャズの街ですね。

名前 Central Grocery and Deli(セントラル・グローサリー・アンド・デリ)
住所 923 Decatur St, New Orleans, LA 70116
WEB http://centralgrocery.com/
営業時間 9:00〜17:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 Riverfront線「Dumaine」駅から徒歩1分
地図 MAP 3
名前 Moonwalk Riverfront Park(ムーンウォーク・リバーフロント・パーク)
住所 Moonwalk Riverfront Park, New Orleans, LA 70116
アクセス 路面電車 Riverfront線「Dumaine」駅から徒歩1分
地図 MAP 4

The Camellia Grill(ザ・カメリア・グリル)

YELPNOLAさん(@yelpnola)がシェアした投稿

1946年創業の老舗ダイナー The Camellia Grill(ザ・カメリア・グリル)
大きな白い柱の素敵なお屋敷のようですが中はカジュアルなアメリカンダイナーです。
勤続32年の名物ウェイター・通称ピーナッツさんがおすすめメニューを教えてくれたり歌ったり、賑やかで楽しい!

ピーナッツさんが世界で一番うまいオムレツとご自慢の
シェフのスペシャルオムレツ $8.99(¥944)。
卵3個を特注のミキサーで泡立ててふわふわとろとろの仕上がりになっています。
中には七面鳥の肉、フライドポテト、フライドオニオン、ハムが入っていて、
さらに自家製チリビーンズがかけられています。
ホットソースをかけるのがニューオーリンズ流とのこと。
ニューオーリンズ人はいろいろなものにホットソースをかけるそうですよ。

名前 The Camellia Grill(ザ・カメリア・グリル)
住所 626 S Carrollton Ave, New Orleans, LA 70118
WEB https://www.facebook.com(Facebook非公式ページ)
営業時間 日〜木:8:00〜24:00, 金土:8:00〜26:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 St. Charles線「S. Carrollton at St Charles」駅から徒歩1分
地図 MAP 5

District Donuts Sliders Brew(ディストリクト・ドーナツ・スライダーズ・ブリュー)

ニューオーリンズの朝食はドーナツとコーヒーが定番ということで
2013年オープン以来行列の絶えない大人気店 District Donuts Sliders Brew(ディストリクト・ドーナツ・スライダーズ・ブリュー)
を紹介していました。
全部でおよそ60種類もあるドーナツ専門店。生地は最高級の小麦粉で手づくりしているそうです。
お店のオープンは午前7時。8時には大混雑してましたね。

おすすめは Croquenuts(クロックナッツ)と呼ばれるオリジナルドーナツ。
フランス料理のサンドイッチ Croque Monsieur(クロックムッシュ)Donut(ドーナツ)でつくったため Croquenuts(クロックナッツ)になったそうです。
丸くて大きなドーナツの間にリンゴの木のチップでスモークしたハムと Havarti Cheese(ハヴァティチーズ)を挟んで
フレンチトーストソースを塗って焼き粉砂糖とラズベリージャムをトッピング!
という甘くてしょっぱいサンドイッチのようなドーナツ。
アメリカ人ってベーコン乗っけたパンケーキにシロップかけたりする甘じょっぱい味が好きですよねー

ドリンクは地元で人気の Chicory Coffee(チコリコーヒー)
炒ったチコリの根が入ったコーヒーで独特の酸味があります。
南北戦争の時に輸入していたコーヒーが足りなくなって味が似ているチコリで代用したのがはじまりと言われています。
クロックナッツチコリコーヒー で合計 $9.25(¥971)です。

店舗はルイジアナ州に5店舗あります。
ニューオーリンズ中心部には Magazine店Arabella店 があるので最寄りの店舗へどうぞ。

名前 District Donuts Sliders Brew(ディストリクト・ドーナツ・スライダーズ・ブリュー)Magazine 店
住所 2209 Magazine St, New Orleans, LA 70130
WEB http://districtdonuts.com/
Instagram @districtdonuts
営業時間 7:00〜21:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 St. Charles線「St Charles at Jackson」駅から徒歩8分
地図 MAP 6
名前 District Donuts Sliders Brew(ディストリクト・ドーナツ・スライダーズ・ブリュー)Arabella 店
住所 5637 Magazine St, New Orleans, LA 70115
WEB http://districtdonuts.com/
営業時間 7:00〜14:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 St. Charles線「St Charles at Joseph」駅から徒歩13分
地図 MAP 7

Samuel’s Blind Pelican(サミュエルズ・ブラインド・ペリカン)

ニューオーリンズはシーフードが美味しくて有名。
中でも牡蠣は近郊のメキシコ湾で年中とれるためオイスターキャピタルと呼ばれるほどに豊富に出回っています。
Samuel’s Blind Pelican(サミュエルズ・ブラインド・ペリカン)は生牡蠣がお得に味わえるレストラン。
16:00〜20:00のハッピーアワーが狙い目で、1ドリンク頼むと 生牡蠣が1個25セント で食べられるそうです。
生牡蠣12個 でも $3.00(¥315)ですよ!

身が大きくてぷりぷりの牡蠣はそのままレモンを絞るだけでも美味しそうですが、
地元の人たちは西洋わさび・カクテルソース(ケチャップ、ウスターソース入り)・レモン・ホットソースを混ぜて牡蠣に食べるのだとか。
牡蠣にもホットソースをかけちゃうんですね。
地ビール $5.25(¥551)と 生牡蠣12個 $3.00(¥315)で合計 $8.25(¥866)です。

名前 Samuel’s Blind Pelican(サミュエルズ・ブラインド・ペリカン)
住所 1628 St Charles Ave, New Orleans, LA 70130
WEB https://www.facebook.com/pages/The-Blind-Pelican/(Facebook非公式ページ)
Instagram @theblindpelican
営業時間 11:00〜26:00(ハッピーアワー:16:00〜20:00)
定休日 なし
アクセス 路面電車 St. Charles線「St Charles at Euterpe」駅すぐ
地図 MAP 8

Hermes Bar at Antoine’s(エルメス・バー・アット・アンソニーズ)

フレンチ・クォーターにある1840年創業のクレオールレストラン Antoine’s(アンソニーズ)は大統領も訪れる高級店。
名物料理 Oysters Rockefeller(オイスター・ロックフェラー)は世界的に有名です。
その高級店の料理をリーズナブルにいただけるのが併設のバー Hermes Bar(エルメス・バー)
こちらのお店も16:00〜19:00のハッピーアワーがおすすめだそうです。

オイスター・ロックフェラー は100年以上の歴史がある特別な料理。
牡蠣に秘伝の緑色のソースをたっぷりかけてオーブンで焼いています。
7種の野菜が入っているという緑色のソースは甘辛くて細田さんも食べたことのない味だと言ってましたね。
どんな味なのでしょう?気になりますね!
オイスターロックフェラー 3個スコッチアンドソーダ$12.00(¥1,260)です。

名前 Hermes Bar at Antoine’s(エルメス・バー・アット・アンソニーズ)
住所 725 St Louis St, New Orleans, LA 70130
WEB http://www.antoines.com/
Instagram @antoinesnola
営業時間 8:00〜20:00(ハッピーアワー:16:00〜19:00)
定休日 なし
アクセス 路面電車 Rampart-St.Claude線「N. Rampart at Conti」駅から徒歩6分、
路面電車 Riverfront線「Toulouse(トゥールーズ)」駅から徒歩7分
地図 MAP 9

アンソニーズ近くの便利な場所で4つ星ながらも比較的リーズナブルなホテル。

Surrey’s Café & Juice Bar(サリーズ・カフェ・アンド・ジュース・バー)

窓周りがオレンジ色に縁取られた可愛い外観のお店 Surrey’s Café & Juice Bar(サリーズ・カフェ・アンド・ジュース・バー)
ふわふわで口当たりが良い Bananas Foster French Toast(バナナ・フォスター・フレンチトースト)がおすすめ。
一見普通のフレンチトーストに見えて、ナイフを入れると中から特製クリームが溶け出します。
中身はバナナピューレ、クリームチーズ、ブラウンシュガー、バニラでつくった特製クリーム。
とろとろで美味しそうでしたね!

もともとニューオーリンズの老舗のメニューに「バナナフォスター」というバナナをソテーしてラム酒でフランベした有名デザートがあり、
アレンジして新しいスイーツをつくったのだそうです。
バナナ・フォスター・フレンチトースト $9.75フレッシュジュース $5.25$15.00(¥1,575)です。

名前 Surrey’s Café & Juice Bar(サリーズ・カフェ・アンド・ジュース・バー)
住所 1418 Magazine St, New Orleans, LA 70130
WEB http://www.surreysnola.com/
Instagram @surreysnola
営業時間 8:00〜15:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 St. Charles線「St Charles at Euterpe」駅から徒歩7分
地図 MAP 10

ニューオーリンズで遊ぶ

St. Charles Streetcar(セントチャールズ・ストリートカー)


ニューオーリンズ観光局長のマーク・ロミグさんのおすすめは世界最古の現役路面電車 St. Charles Streetcar(セントチャールズ・ストリートカー)
St. Charles Avenue(セントチャールズ・アベニュー)を東西に走るこの路線は1835年に開通したしたそうです。
レトロで可愛い赤と緑の現行の車体は1920年製。
One Day Jazzy Pass という1日券は $3.00(¥315)で乗り放題です。
路面電車は24時間営業というのも嬉しいですね。

路面電車とバスの路線と時刻表は RTA(New Orleans Regional Transit Authority)で確認できます。
http://www.norta.com/Maps-Schedules/

Garden District(ガーデン・ディストリクト)

およそ6km続く St. Charles Avenue(セントチャールズ・アベニュー)の樫の木の並木。
道沿いには豪邸が立ち並びます。
Lafayette Cemetery(ラファイエット墓地)を中心とした Garden District(ガーデン・ディストリクト)は19世紀に綿花の商人などが建てた豪奢な邸宅が残る高級住宅街。
見ているだけでも楽しいエリアです。
ガーデン・ディストリクト の北端 St. Charles Avenue(セントチャールズ・アベニュー)は路面電車通り、
南端の Magazine Street(マガジン・ストリート)はカフェやレストランが点在する通りです。

セレブにもニューオーリンズは人気なのでしょうか。
ガーデン・ディストリクト にはビヨンセとJay Z夫妻の別荘もあるそうです。
ニコラス・ケイジのガーデン・ディストリクトの別荘は財政難のため売りに出されてしまったとのこと。ニコラス・ケイジはフレンチクォーターにもう1軒別荘を所有していたのですがそちらも手放してしまっています。
調べていたらブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーもフレンチクォーターに別荘を所有していたけど売却してしまったとの情報もでてきました。

ビヨンセの別荘だそうです。お値段は260万ドル(2億7,300万円)!


名前 Garden District(ガーデン・ディストリクト)
住所 北端:St. Charles Avenue(セントチャールズ・アベニュー)
南端:Magazine Street(マガジン・ストリート)
東端:Jackson Avenue(ジャクソン・アベニュー)
西端:Toledano Street(トルダノ・ストリート)
WEB Google Map
アクセス 路面電車 St. Charles線「St Charles at Jackson」駅から「St Charles at Louisiana」駅までのエリア
地図 MAP 11

ガーデン・ディストリクトの瀟洒なお屋敷をリノベーションした素敵なブティックホテル。

Swamp Tour(スワンプ・ツアー)

ニューオーリンズの郊外には Swamp(スワンプ)と呼ばれる湿地帯が広がっていて気軽に参加できる ボートツアー があるそうです。
湿地帯は野生生物の宝庫で運が良ければワニが見られるかも?

スワンプツアーは数社が催行していますが、番組では湿地専用の Airbort(エアボート)に乗っていました。
ボートの後ろについた大きな扇風機のようなプロペラで進みます。
バックもできないしブレーキもないのですが時速65kmで湿原を疾走することもできます。
スクリューがないので水草の上も高速で走っていましたね!

番組で参加していた スワンプツアー(ホテル送迎付き)$95.00(¥9,975)でした。
Airboat Adventures 社のツアーに参加したのではないでしょうか。
Small Boat(6〜8人乗り)1人 $75.00(¥7,875)
Large Boats(15〜27人乗り)1人 $55.00(¥5,775)
ホテル送迎1人 $20.00(¥2,100)追加 です。
オフィシャルWEBサイト から予約ができます。
ツアーは1時間半〜2時間、ツアースタート地点までニューオーリンズ中心部から車で約30分です。

湿地帯ボートクルーズとプランテーション見学がセットになったお得なツアー。
フレンチクォーターから出発・解散するのでとっても便利。

ニューオーリンズで聴く

ニューオーリンズといえばJazz!
番組ではバーボンストリートのライブハウスとロイヤル・ストリートの路上ライブを紹介していました。

Maison Bourbon Jazz Club(メゾン・バーボン・ジャズ・クラブ)

凄腕ベーシストの Richard Moten(リチャード・モーテン)さんが教えてくれたジャズの楽しみ方は
フレンチクォーターの Bourbon Street(バーボンストリート)でジャズライブを聴くこと!
1.3kmの通りに30以上のライブハウスがあってジャズはもちろんロック、ファンク、ソウルなどいろんなジャンルの音楽が楽しめるのです。

バーボンストリート はライブハウス、レストランやバーがひしめく観光名所。
夜の通りは隣の声が聞こえないぐらいに賑やかです。
ニューオーリンズの Mardi Gras(マルディグラ)というお祭りでビーズの首飾りを投げる風習があり
普段からお祭り気分でビーズの首飾りを投げて盛り上がる人達もいました。
ビーズの首飾りを受け取ると幸運が訪れるといわれているそうですよ!

たくさんのライブハウスの中からどうやって選べばいいのかな?と思いますが
ライブハウスのほとんどはドアを開けっ放しにしているので店の前で試し聴きして選ぶとよいとのこと。
リチャードさんのおすすめは Maison Bourbon Jazz Club(メゾン・バーボン・ジャズ・クラブ)です。
正統派のジャズが聴けてチャージ代は無料。
撮影の日は Phil Campo and Loose Change Jazz Band(フィル・カンポ・アンド・ルーズ・チェンジ・ジャズ・バンド)のステージでした。

好きな曲をバンドにリクエストすることができると聞き、細田さんは『Sing Sing Sing』をリクエスト。
紙ナプキンに好きな曲を書いてチップ5ドルと一緒に「Can you play?」と訊いて渡せばよいそうです。
間奏やソロの時が狙い目ですって。好きな曲を演奏してもらえると嬉しいですよね!

グラスワイン $8.00チップ $5.00合計 $13.00(¥1,365)でした。

名前 Maison Bourbon Jazz Club(メゾン・バーボン・ジャズ・クラブ)
住所 641 Bourbon St, New Orleans, LA 70130
WEB http://www.maisonbourbon.com/
営業時間 日〜木:11:00〜25:00, 金土:11:00〜26:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 Rampart-St.Claude線「N. Rampart at Conti」駅から徒歩8分、路面電車 Riverfront線「Toulouse(トゥールーズ)」駅から徒歩6分
地図 MAP 12

Royal Street(ロイヤル・ストリート)


Royal Street(ロイヤル・ストリート)ではアマチュアからプロまで毎日大勢のストリートミュージシャンが演奏しています。
ニューオーリンズではミュージシャンは有名になっても路上でライブをしているらしく、チップだけで一流の演奏を聴くことができるそうですよ。

ニューオーリンズの道路はミシシッピ川に沿って長く続くためロイヤル・ストリートもとても長いのですが
ストリートライブが行われているのは300〜800ブロック。フレンチクォーターエリアです。
この辺りは骨董品店や画廊が軒を連ねている落ち着いた通りなのでそぞろ歩きをしながら音楽を聴くのもいいですね。

「クラリネットの女王」と呼ばれる世界的に有名なミュージシャン Doreen Ketchens(ドリーン・ケッチェンズ)さん。
http://www.doreensjazz.com/

ドリーンさんのバンド Doreen’s Jazz New Orleans の定位置は700ブロック、Royal Street(ロイヤル・ストリート)と St Peter St(セント・ピーター・ストリート)の交差点付近 Rouses Market(ルージュ・マーケット)前です。
魂から溢れ出るようなクラリネットの演奏と歌。映像でも素晴らしさが伝わってきます。
生演奏を聴きたいですね!
番組ではちょっと奮発して チップ $10.00(¥1,050)でした。

名前 Royal Street(ロイヤル・ストリート)
住所 Royal St, New Orleans, LA 70117
アクセス 路面電車 Riverfront線「French Market」駅から徒歩10分
地図 MAP 13

ニューオーリンズで買う

Rouses Market(ルージュ・マーケット)

地元のスーパー Rouses Market(ルージュ・マーケット)
ルイジアナ州に多数の店舗がありニューオーリンズ中心部には フレンチクォーター店#46 の2店舗あります。
フレンチクォーターのお土産やさんよりもスーパーの方が断然お買い得なのでお土産調達しに行きたいですね。
フレンチクォーター店の前は「クラリネットの女王」ドリーンさんのライブ定位置なので運が良ければ遭遇できるかも?
フレンチクォーター店よりは#46の方が広くて品揃えが良さそうです。

Hot Sauce(ホットソース)

オムレツや生牡蠣にもかけていた Hot Sauce(ホットソース)は地元の人達の必需品。
ガーリック味や青唐辛子味などおよそ40種類もあるそうです。
ポテトサラダやパスタにもかけてしまうのだとか。

番組で購入していたのは Louisiana BrandHot Sauce $0.71(¥75)。
元々はルイジアナのブランドですが、ジョージア州の会社に買収されてしまったようです。

Louisiana Brand
Hot Sauce


ちなみにオムレツを食べた The Camellia Grill(ザ・カメリア・グリル)に置かれていたのは Baumer FoodsCrystal Hot Sauce でした。

Baumer Foods
Crystal Hot Sauce


Chicory Coffee(チコリコーヒー)

アメリカに輸入されるコーヒーの半分以上はニューオーリンズの港に入ってくるそうです。
知りませんでした! 今でもアメリカ有数の貿易港なんですね

地元で人気の Chicory Coffee(チコリコーヒー)はお土産にぴったりです。
カフェオレをつくると独特の味になるのでおすすめらしいですよ。
ドーナツ専門店 District Donuts Sliders Brew(ディストリクト・ドーナツ・スライダーズ・ブリュー)でも チコリコーヒー をおすすめしてましたね。

番組で購入していたのは Community CoffeeCoffee & Chicory $3.79(¥398)です。
コーヒーとチコリコーヒーのブレンドです。チコリコーヒー100%の商品もあるのでお好みでどうぞ。

Community Coffee
Coffee & Chicory


名前 Rouses Market(ルージュ・マーケット)フレンチクォーター店
住所 701 Royal St, New Orleans, LA 70113
WEB https://www.rouses.com/
Instagram @rousesmarkets
営業時間 6:00〜25:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 Rampart-St.Claude線「N. Rampart at Conti」駅から徒歩10分、路面電車 Riverfront線「Toulouse(トゥールーズ)」駅から徒歩5分
地図 MAP 14
名前 Rouses Market(ルージュ・マーケット)#46
住所 701 Baronne St, New Orleans, LA 70113
営業時間 6:00〜24:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 Rampart-St.Claude線「Julia」駅から徒歩6分、路面電車 St. Charles線「St Charles at Girod」駅から徒歩3分
地図 MAP 15

日本産のチコリコーヒーもあります。ノンカフェイン・ノンカロリー・無添加焙煎。

Unique Products(ユニーク・プロダクツ)

クラフトアートのお店 Unique Products(ユニーク・プロダクツ)
カラフルな小物や雑貨がたくさんの店内は見ているだけでも楽しくなってしまします。
オーナーの Heather Macfarlane(ヘザー・マクファーレン)さんと Mark Kirk(マーク・カーク)さんご夫妻がほとんどデザインしています。

マルディグラで投げられるビーズの首飾りをリサイクルしてつくっている色とりどりのランプシェードやシャンデリアは全て手づくり。
ビーズを高温で溶かして成型しているそうです。
ランプシェード $135.00〜(¥14,175〜)
ビーズのシャンデリア $850.00(¥89,250)です。

ナイトライト $25.00(¥2,625)は贈り物にぴったり。
日本でも使用できます。
フェルトで包んだ石けん$12.00(¥1,260)。
見た目が可愛いだけでなく泡立ち易いのが特徴。
お肌がつるつるになるそうです。

名前 Unique Products(ユニーク・プロダクツ)
住所 2041 Magazine St, New Orleans, LA 70130
WEB http://www.shopgreenneworleans.com/
営業時間 月〜土:11:00〜17:00、日:12:00〜17:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 St. Charles線「St Charles at Josephine」駅から徒歩9分
地図 MAP 16

アメリカ全域で使えるプリペイドSIM。7日間から30日間まで揃っています。
現地での貴重な時間を有効活用するなら渡航前の購入がおすすめ。

Louisiana Music Factory(ルイジアナ・ミュージック・ファクトリー)

ルイジアナの音楽専門CDショップ Louisiana Music Factory(ルイジアナ・ミュージック・ファクトリー)
番組ではリチャードさんおすすめCDを3枚購入していました。
CDアルバム3枚 $47.97(¥5,037)です。

Tom Fischer
『No Blues』$15.99

現役で活躍するジャズ・クラリネットの名手 Tom Fischer(トム・フィッシャー)のアルバム。
トム・フィッシャーは蒸気船ナッチェス号でも演奏しています。
ニューオーリンズをテーマにした曲がたくさん入っているこちらのアルバムをおすすめされていました。

Gerald French & The Original Tuxedo Jazz Band
『A Tribute to Bob French』$15.99

メンバーを変えながら100年以上続く伝統的なジャズバンド Gerald French & The Original Tuxedo Jazz Band。
無名時代のルイ・アームストロングも在籍していたそうです!
このアルバム『A Tribute to Bob French』にはリチャードさんも参加しています。

Doreen’s Jazz New Orleans
『What A Wonderful World』$15.99

クラリネットの女王 ドリーン・ケッチェンズさんのアルバム。
たくさんのアルバムの中からこの『What A Wonderful World』をチョイスしていました。

名前 Louisiana Music Factory(ルイジアナ・ミュージック・ファクトリー)
住所 421 Frenchmen St, New Orleans, LA 70116
WEB https://www.louisianamusicfactory.com/
Instagram @louisianamusicfactory
営業時間 11:00〜20:00
定休日 なし
アクセス 路面電車 Riverfront線「French Market」駅から徒歩3分
地図 MAP 17

ニューオーリンズ出身、サッチモの愛称で親しまれているジャズの巨星ルイ・アームストロングのベスト。
ジャズに詳しくない人でも聴いたことのある曲がたくさん!21曲入り。
今でも多くのミュージシャンにカバーされています。

ニューオーリンズMAP


あわせて読みたい