世界はほしいモノにあふれてる「タイ・世界に一つだけの宝石を探す旅」紹介リスト

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
世界はほしいモノにあふれてる タイ・世界に一つだけの宝石を探す旅(初回放送:2019年3月7日)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん、バイヤーは Color’s(カラーズ)代表・宝石バイヤーの 長谷川孝一(はせがわこういち)さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。

(追記)2019年5月8日にNHK『あさイチ』のコーナー「バイヤーさんに聞いてみよう」でも紹介され、長谷川さんがご出演されました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
タイMAP

タイ・五感で楽しむオーガニックフード のまとめはこちらへ!

2度目のタイ・バンコク編 のまとめはこちらへ!

生放送!三浦春馬とJUJUが旅に!パリ&ロンドンのまとめはこちらへ!

バイヤー

番組では Color’s(カラーズ)代表で宝石バイヤーの 長谷川孝一(はせがわこういち)さんのタイでの買い付けの旅を紹介していました。

Color’s(カラーズ)

高品質の貴石の卸売、ジュエリー等を販売する Color’s(カラーズ)。山梨県甲府市にあります。元々水晶の産地だった山梨県、宝石の研磨加工や貴金属加工の産業が発達し、今ではジュエリーに関するあらゆる業務が集積する流通拠点となっています。宝石の工房、メーカー、バイヤーも多く集まるそうです。
長谷川さんは主に海外で買い付け日本国内で販売されているようです。世界に一つしか無いレアストーンの取り扱いを得意とされています。
「宝石は幸せになる火種みたいなもの」とおっしゃる通り、日々の生活の中に小さくてもきらきらする宝石があると元気になったりしますね!

Color’s(カラーズ)さんは実店舗はないのですが、一般客も入場できる展示会にも出店されています。
甲府ジェムマーケット 2019年4月13日・14日
東京ミネラルショー 2019年12月13日〜16日

名前Color’s(カラーズ)
住所山梨県甲府市屋形3-1-13
WEBhttp://colorsgem.com
Instagram@colorsgem

Bangkok(バンコク)

Jewelry Trade Center(ジュエリー・トレード・センター)

もともとルビーの有数の産地だったタイは宝石の加工技術で世界トップクラス。今や世界中の宝石が集まる集積地となっています。
長谷川さんが最近のトレンドをチェックするためにやってきたのは Bangkok(バンコク)の中心にある Jewelry Trade Center(ジュエリー・トレード・センター)。一般客も訪れることのできる宝石中心のファッションモールです。

大きなエメラルドを身につけている売り場の女性がいて煌びやな宝石売り場。しかしここでは見るだけで買わない長谷川さん。バイヤーは独自ルートがあるようです。

原石の売り場には葡萄のように丸い形が連なっている ぶどう石(Prehnite プレーナイト)がありました。掘り出された状態で丸く可愛いフォルムだそうです。不思議!
宝石やジュエリーにするだけでなくそのまま飾っておくのも人気なのだとか。

名前Jewelry Trade Center(ジュエリー・トレード・センター)
住所919 1 Si Lom, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Bangkok
WEBhttp://www.jewelrytradecenter.com
Instagram@jewelrytradecenter
営業時間11:00〜20:00
定休日なし
アクセスBTS「Surasak(スラサック)」駅から徒歩7分
地図タイMAP 1

鉄道市場ラチャダー(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

宝石のようにキラキラと色鮮やかな夜景が綺麗な市場はバンコクで1番人気のナイトマーケット 鉄道市場ラチャダー(ตลาดนัดรถไฟ รัชดา、The New Rot Fai Market Ratchada、タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)
2015年に鉄道の操車場跡地にオープンしました。約1300軒の屋台がひしめく巨大なナイトマーケットは隣の立体駐車場の6階から眺めるとカラフルなテントが光って宝石箱のようです。
ファッショングッズからフードまで幅広い出店。迷子になってしまいそうですね。

中心部からトゥクトゥクで15分くらいです。トゥクトゥク代 150バーツ(525円)。
公共交通を利用する場合はMRT「タイ・カルチャーセンター」駅から徒歩5分ほど。

名前鉄道市場ラチャダー(ตลาดนัดรถไฟ รัชดา、タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)
住所Soi Yu Charoen, Din Daeng, Bangkok
営業時間火〜日:17:00〜25:00
定休日月曜
アクセスMRT「タイ・カルチャーセンター」駅から徒歩5分
地図タイMAP 2

Wat Pak Nam(パクナム寺院)

番組でちょっと映った美しい緑の天井を持つ建物はバンコク・トンブリー地区の Wat Pak Nam(パクナム寺院)。2012年完成した高さ80mの仏塔は今人気のスポット。最上階は極彩色の空間になっていてそこで瞑想をするのが密かなブームです。
極彩色の天井はブッダの生涯図が描かれ緑色のガラスの仏舎利塔はエメラルドグリーンに光っています。

名前Wat Pak Nam(パクナム寺院)
住所Soi Pak Nam, Thoet Thai Road | Pak Khlong Phasi Charoen, Phasi Charoen, Bangkok
営業時間[大仏塔] 8:00〜18:00
定休日なし
アクセスBTS「Wutthakat(ウタカート)」駅から徒歩20分
地図タイMAP 3

秘密の取引相手

長谷川さんが宝石の買い付けに行くのは場所も名前も明かせない秘密の取引相手。買い付けは情報戦のようなところがあり独自のルートが欠かせません。
番組始まって以来のぼかし映像。どこだかわかりませんが表のマーケットでは出会えないとっておきのものが見つかったようです。

取引相手が出してきたのはサファイア。サファイアはカラーバリエーションが魅力でブルー、ピンク、イエロー、グリーンなどいろんな色があります。
数百ピースの中からルーペでチェックしてピンセットで高品質のものだけを選び出す長谷川さん。クオリティを瞬時に見極めていきます。1つ見る速さはなんと0.6秒!
毎回とてつもない量の宝石を見るためどんどん速くなっていったそうです。さすがのプロフェッショナルなお仕事ぶりでした。

サファイアが入った同系色のマルチカラーリング。ピンク系・ブルー系・イエロー系の3色あり。地金も選べます。

カラーチェンジする宝石を取引

バンコクにある事務所でカラーチェンジする希少な宝石を取引。
ブルーの Fluorite(フローライト、蛍石)に暖色系の光を当てるとパープルにカラーチェンジ!Tourmaline(トルマリン)は緑から赤に色が変わります。
宝石の中で赤い炎がメラメラ燃えているように見える特別な宝石 Sphene(スフェーン、チタナイト)もあり。キラキラ美しかったです。

小ぶりのカラーチェンジ・アレキサンドライトはお手ごろ価格。

美しいカットでメラメラ光るスフェーン。

Chanthaburi(チャンタブリー)

世界に一つだけのレアストーンを探そうとやってきたのはバンコクから車で4時間の Chanthaburi(チャンタブリー)。チャンタブリーはカラーストーンの中心地となっていて毎月数億円の宝石が取引されています。

Talad Ploy(Gem Market、宝石マーケット)

Chanthaburi(チャンタブリー)Talad Ploy(Gem Market、宝石マーケット)と呼ばれるエリアには金曜・土曜だけストリートマーケットがオープンします。
常設店の店先に机と椅子が並び、バイヤーが机を借りてそこに座っているとブローカーがどんどん石を持ってくる珍しいシステム。ブローカーが宝石を直接売りにくるためバイヤーは机から動くことなく宝石を見続けることができます。

長谷川さんが選んだのは大通りに面した角の目立つ場所 タイMAP 4 の位置。ポーカーフェイスで次々と石を見ていきます。
半日で46人ものブローカーがやってきたものの、なかなか納得のいくものが見つかりません。

名前Talad Ploy(Gem Market、宝石マーケット)
住所Srichan Rd と Sichan Rd 周辺
WEBhttps://www.facebook.com/pages/Gems-Market/108938649262054(Facebookページ)
営業時間[ストリートマーケット] 金土:9:00〜17:00
定休日[ストリートマーケット] 日曜〜木曜
アクセスバンコクから車で4時間
地図タイMAP 4

Maneechan Resort(マニーチャン・リゾート)で超レア宝石を取引

長谷川さん、チャンタブリーの宝石マーケットでなかなか見つからなかった欲しい石があるらしいとの電話が入り街の高級ホテル Maneechan Resort(マニーチャン・リゾート)へ。
取引先は明かせないため相手の顔はボカシ入りでした。今回はボカシが多いですね。

長谷川さんが探していたのは色が2色入った Bicolor Sapphire(バイカラー・サファイア)。地中で宝石ができるときに色を発生させる元素の違いで偶然に2色になった珍しいもの。同じ色合いは無い世界に1つだけの宝石です。
見せられたのは幻の宝石と呼ばれるパパラチヤ・サファイア。しかもブルー・サファイアとバイカラーになっているというレアな宝石。パパラチヤ1色でも希少なのにさらにバイカラーとなっているためかなり希少。

色が2色でさらに光をあてると輝く星が現れる バイカラー・スター・サファイア という長谷川さんでさえも年に1度か2度出会えるかどうかの超レアな宝石もありました。

フローライトのバイカラーはお手ごろ価格。

Mae Sot(メーソット)

個性が光るレアストーンを探しに出かけたのはバンコクから車で7時間、ミャンマーとの国境の街 Mae Sot(メーソット)
宝石の産地として知られるミャンマーから掘り出し物が入ってくるそうです。

Mae Sot Gems Market(メーソット・ジェムズ・マーケット)

長谷川さんが見ていたのは Mae Sot(メーソット)Mae Sot Gems Market(メーソット・ジェムズ・マーケット)
小さなショップの隅にレアストーンを発見。「レアストーンはいつでもあるわけではなく出会い」だと言われていました。

車輪のような模様がある個性的なレアストーン Trpiche Sapphire(トラピッチェ・サファイア)
表面にスターがある Pink Star Sapphire(ピンクスターサファイア)に小さなルビーが入ったものもあり。地中で奇跡的にピンクスターサファイアと小さなルビーが一緒になった世界で一つだけの宝石です。

名前Mae Sot Gems Market(メーソット・ジェムズ・マーケット)
住所86 / 4-5 Prasat Withi Road, Mae Sot Building, James Center, Room A1, Mae Sot, Chang Wat Tak 63110, Thailand
WEBhttp://www.maesodgemsmarket.com
営業時間月〜土:10:00〜16:00
定休日日曜
アクセスバンコクから車で7時間
地図タイMAP 5

バイオレットのスターサファイア。星が綺麗!

タイのカラフルなスイーツ

ちらりと紹介されていたタイの色鮮やかなスイーツ。

ルークチュップ(ลูกชุบ)

フルーツや野菜を模した可愛い伝統菓子 ルークチュップ(ลูกชุบ)。ココナッツ味の緑豆の餡で形をつくりゼラチンでコーティングしています。
屋台やスーパー・デパートで売られています。冷蔵庫に入れても2〜3日しか持たないので日本に持ち帰るお土産には不向きなのですが、現地で食べたい可愛らしいお菓子です。

タップティム・クローブ(ทับทิมกรอบ Tub Tim Krob)

クワイの実をココナッツミルクで味わうタイの定番スイーツ タップティム・クローブ(ทับทิมกรอบ Tub Tim Krob)
タップティムは「ざくろ」、クローブは「歯ごたえのある」という意味で、しゃきしゃきしたクワイの実が美味しいスイーツです。シロップでピンクに色付けされたクワイの実が可愛いです。
最近はアイスクリームやかき氷、スムージーのトッピングでも見かけます。

タイMAP

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!


あわせて読みたい