世界はほしいモノにあふれてる「ギリシャ・チーズ&ヨーグルトを探す旅」紹介リスト

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
2019年4月からは放送時間が50分に拡大されてパワーアップ。ますます楽しみです。
世界はほしいモノにあふれてる ギリシャ・ チーズ&ヨーグルト 極上の食材を探す旅(初回放送:2019年6月6日22:30〜 再放送:2019年6月10日25:10〜)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん、バイヤーは 有限会社ノスティミア のバイヤー Athanasios Fragkis(アサナシオス・フラギス) さん、スタジオには妻でノスティミア代表のフラギス由美子さんも登場されました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
ギリシャMAP

オープニングでちらりと映っていた透明度の高い海の映像はギリシャの Ionian Sea(イオニア海)に浮かぶ Zakynthos(ザキントス島)2度目のギリシャ・ザキントス島編 で放送された映像をそのまま使用していました。

2度目のギリシャ・ザキントス島編 のまとめはこちらへ!

2度目のギリシャ・アテネ編 のまとめはこちらへ!

Athens(アテネ)

パルテノン神殿(Parthenon, Παρθενών)

Athens(アテネ)の街を見下ろす丘に建つ世界遺産 Acropolis(アクロポリス)。アクロポリスには紀元前5世紀に建てられ古代ギリシャ建築の最高峰と讃えられる世界遺産 パルテノン神殿(Parthenon, Παρθενών)などの遺跡が保存されていて、壮大な景観が広がります。

名前パルテノン神殿(Parthenon, Παρθενών)
住所Acropolis, Dionysiou Areopagitou, Athina
WEBhttp://odysseus.culture.gr
営業時間8:00〜19:00
定休日なし
アクセスシンタグマ広場から徒歩20分、地下鉄「アクロポリ」駅から徒歩12分
地図ギリシャMAP 1

Forget Me Not(フォーゲット・ミー・ノット)

パルテノン神殿のふもとにある2014年にオープンしたセレクトショップ Forget Me Not(フォーゲット・ミー・ノット)は個性的でセンスの良い雑貨で人気。古代ギリシャの神話や哲学者をモチーフにした若手デザイナーの作品が並んでいます。

パステルカラーの古代ギリシャの神々。首都アテネの名前の由来となった女神アテナのオブジェもパステルカラーでちょっとポップに。
走る人が描かれているお皿はオリンピック発祥の地らしいデザイン。

一番人気は古代ギリシャの神々のシンボルを取り入れた Ancient Greek Sandals のサンダルシリーズ。伝統技法で職人さんが手づくりしています。
ゼウスのシンボルである雷マークやヘルメスの翼をあしらったデザインが人気なのだとか。
雷マークのサンダルは 148.00€(1€=123円換算で 18,204円)です。

名前Forget Me Not(フォーゲット・ミー・ノット)
住所Adrianou 100, Athina
WEBhttps://www.forgetmenotathens.gr
Instagram@forgetmenotathens
営業時間夏季:10:00〜22:00、冬季:10:00〜20:00
定休日なし
アクセスシンタグマ広場から徒歩8分、地下鉄M2・M3「シンタグマ」駅から徒歩8分
地図ギリシャMAP 2

Fresko Yogurt Bar(フレスコ・ヨーグルト・バー)

濃厚でクリーミーなギリシャヨーグルトは古代ギリシャの遊牧民が保存食としてつくったのがその起源。5500年前につくられたと言われています。
紹介されていたのはアテネのパルテノン神殿のふもとにある最新のギリシャヨーグルトの専門店 Fresko Yogurt Bar(フレスコ・ヨーグルト・バー)
ギリシャ伝統のヨーグルトや食材をおしゃれなスタイルで提供しています。食材もギリシャ産にこだわって選んでいるようです。

人気の秘密は自分だけの味がつくれること。
ヨーグルトは脂肪分の違う4種類。一番人気はクリーミーでリッチな風味の脂肪分10%もの、もっとライトな低脂肪なもの、その中間のものがあります。
トッピングは20種類の中から好きなものを自由にチョイス。フルーツのシロップ煮、ナッツ、はちみつなどいろいろあって迷ってしまいそう。
ビタミンEが豊富なナッツとミネラルの多いはちみつは美容にいいと言われる人気の組み合わせ。
一番人気のトッピングは伝統のスイーツ、フルーツのシロップ煮。ヨーグルトに良く合いそうです。

カップのサイズ(S:2.20€、M:3.30€、L:4.40€)と好きなヨーグルトのタイプとトッピング(1種0.20€〜)を選ぶとつくってくれます。ヨーグルトスムージー 4.50€もあり。
お店の前にはテーブルが置かれていてそちらに座って食べることができます。アテネ内に Acropoli店 と Thissio店 の2店舗展開。

名前Fresko Yogurt Bar(フレスコ・ヨーグルト・バー)Acropoli店
住所Dionysiou Areopagitou 3, Athina
WEBhttps://www.freskoyogurtbar.gr
Instagram@freskoyogurtbar
営業時間7:00〜24:00
定休日なし
アクセス地下鉄M2「アクロポリ」駅から徒歩2分
地図ギリシャMAP 3
名前Fresko Yogurt Bar(フレスコ・ヨーグルト・バー)Thissio店
住所Apostolou Pavlou 11, Athina
営業時間7:00〜21:30
定休日なし
アクセス地下鉄M1「ティシオ」駅から徒歩6分
地図ギリシャMAP 4

ギリシャの伝統的な菌株・サーモフィラス菌使用、日本で生産するフレッシュで濃厚なギリシャヨーグルト。

Kostarelos Cheese & Dairy(コスタレロス チーズ&デイリー)

フラギスさんが訪ねていたのはアテネ郊外の食料品店 Kostarelos Cheese & Dairy(コスタレロス チーズ&デイリー)。ショップの奥の工房でチーズをつくっています。

熟成庫にはフェタチーズを熟成中のブナの樽が並んでいます。最近では工場でステンレスの容器で熟成させることが多くなっているそうですが、こちらでは伝統的な製法を守って職人が丁寧に熟成。チーズに匂いがつきにくいブナでできた樽で熟成させたチーズは味に深みがでて多彩なアロマを放ちます。

通常の4倍、1年間熟成させた極上のフェタチーズはまさに逸品、ワインに例えるなら最高級のボルドーのよう。フラギスさんも大絶賛でした。

名前Kostarelos Cheese & Dairy(コスタレロス チーズ&デイリー)
住所Patriarchou Ioakim 30-32, Athina
WEBhttps://www.kostarelos.gr
Instagram@kostarelosgr
営業時間月〜金:8:00〜21:00、土:8:00〜20:00
定休日日曜
アクセス地下鉄M3「エヴァンゲリスモス」駅から徒歩6分
地図ギリシャMAP 5

Food Expo Greece(フード・エキスポ・グリース)

フラギスさんは3月に開かれたギリシャ最大の食品展示会 Food Expo Greece(フード・エキスポ・グリース)へ。毎年3月に開催されていて2019年は3月16日〜18日にアテネ国際空港近くのの展示場 Metropolitan Expo(メトロポリタン・エキスポ)で行われました。

世界無形遺産にも登録されているギリシャの食は世界中のバイヤー注目の的とあって会場も賑わっていました。
自然のまま素朴でシンプルな味が逆に新鮮。ヘルシーで本物の味わいが魅力的です。

名前Food Expo Greece(フード・エキスポ・グリース)
WEBhttps://foodexpo.gr
Instagram@foodexpogreece
名前Metropolitan Expo(メトロポリタン・エキスポ)
住所Athens International Airport “El. Venizelos”, Spata
WEBhttps://www.metropolitanexpo.gr
営業時間イベントによる
定休日イベントによる
アクセスアテネ国際空港から無料シャトルバスで約5分
地図ギリシャMAP 6

Vassilakis Estate(ヴァシラキス・エステート)

ギリシャは世界有数のオリーブの産地。国内の消費量も多いのですが輸出も多く、フード・エキスポでも主力商品。
ちらりと映っていたオリーブオイルは クレタ島のオリーブオイルメーカー Vassilakis Estate(ヴァシラキス・エステート)のもの。1865年創業の老舗です。

名前Vassilakis Estate(ヴァシラキス・エステート)
WEBhttps://vassilakisestate.gr
Instagram@vassilakisestate

en Mani(エン・マニ)

フード・エキスポでフラギスさんが足を止めたのは en Mani(エン・マニ)。ギリシャで採れる Prickly Pear(ウチワサボテン)と果汁を合わせたジュースのメーカーです。
サボテンは疲労回復にいいとされる話題のスーパーフード。今ヨーロッパやアメリカで流行りつつあります。
試飲したフラギスさんも「飲みやすい」と言っていたサボテンとオレンジのミックスジュース。健康志向の女性に受けそうです。

名前en Mani(エン・マニ)
WEBhttp://www.enmaniproducts.com
Instagram@enmaniproducts

Santorini(サントリーニ島)

番組ではアテネから飛行機で1時間ほどのエーゲ海に浮かぶ島 Santorini(サントリーニ島)を紹介していました。ターコイズブルーの海に浮かぶサントリーニ島はハネムーンや結婚式で訪れる人も多い憧れの島。
魅力的なスポットを教えてくれたのはウエディング写真を得意とする地元の写真家 Michael Kouvalis(ミッシェル・クヴァリス)さん(Instagram: @michael_kouvalis)。

Blue Dome(ブルードーム)

ガイドブックや絵葉書でよく見る白い壁に青いドーム屋根が印象的な写真。サントリーニ島 Oia(イア)Blue Dome(ブルードーム)と呼ばれる教会です。
青い海と青い空に映える白い壁、そして青くて丸い屋根。とてもフォトジェニックでインスタスポットになっています。
周辺の迷路のような路地も誰もがイメージするギリシャの島そのもの。

名前Blue Dome(ブルードーム)
住所Oia, Santorini, Greece
アクセスバス「イア バスターミナル」から徒歩3分
地図ギリシャMAP 7

Celestia Grand(セレスティア グランド)

サントリーニ島 Fira(フィラ)の洞窟住居を改装したラグジュアリーホテル Celestia Grand(セレスティア グランド)。ハネムーンに泊まってみたいホテルです。
6つの独立したヴィラがあり、それぞれにキッチン、リビング、バスルーム、ベッドルーム、テラスが付いています。
共用部にレストランがあり、レストランでの朝食は料金に含まれています。

魅力はなんといってもテラスからの絶景。青い海と青い空が一面に広がっていて楽園のよう。
番組で紹介されていた客室は Sofi Anna という名前でした。ヴィラを指定したい場合は伝えると良さそうです。

名前Celestia Grand(セレスティア グランド)
住所Thera, Santorini, Greece
アクセスサントリーニ ティラ空港から車で約12分
地図ギリシャMAP 8

番組で紹介されていたサントリーニ島の洞窟ホテル Celestia Grand(セレスティア グランド)。

Crete(クレタ島)

地中海に浮かぶギリシャ最大の島 Crete(クレタ島)
クレタ島はギリシャの中でも乳製品が有名な地域。温暖な気候で見渡す限り緑が広がり1700種類の植物が自生しています。この様々な野草を食べた羊のミルクが極上のチーズを生む原料。
ギリシャの食事にチーズは不可欠。毎日食べるチーズでタンパク質を摂っています。

クレタ式食事法の特徴として紹介されていたのはこの3点
 ① 野菜が中心
 ② オリーブオイルをふんだんに使う
 ③ チーズは毎日食べる(肉は週に1〜2回)
オリーブオイルをたっぷり使っていてびっくり。

Amari Cheese Factory(アマリ・チーズ・ファクトリー)

フラギスさんは地元の友人が太鼓判を押すクレタ島のチーズ工房 Amari Cheese Factory(アマリ・チーズ・ファクトリー)を初訪問。
代表の Iraklis Manoukarakis(イラクリス・マヌカラキス)さんにチーズを試食させてもらっていました。

ギリシャを代表するチーズのひとつ Graviera(グラヴィエラ)は羊とヤギのフレッシュミルクでつくられたコクと甘みのあるチーズ。
フラギスさんがこれまで食べた中で味の深みや香りが最も優れているというほど極上のチーズ。

もうひとつおすすめのチーズがあると工場で見せてくれたのは Mizithra(ミジスラ)というチーズ。
チーズをつくるときに出るホエイと呼ばれる水分を使ってつくるフレッシュチーズ。ホエイは栄養価が高いと注目されている健康食品。
優しい甘みととろけるような食感のチーズでとっても美味しいとおっしゃっていました。ギリシャではサラダやデザートに使われることが多いそうです。
「体にいいチーズは自然の中でのびのびと育った羊やヤギのものでなければいけません。私の知る限りクレタのチーズは世界一」というフラギスさん。本当に美味しそうなチーズばかりでした!

名前Amari Cheese Factory(アマリ・チーズ・ファクトリー)
住所Kalogerou, Crete, Greece
WEBhttps://amarisa.gr
Instagram@amaricretandairy
営業時間8:00〜18:00
定休日なし
アクセスイラクリオン空港から車で約1時間40分
地図ギリシャMAP 9

Aegina(エギナ島)

アテネからフェリーで1時間、エーゲ海の島 Aegina(エギナ島)Pistachio(ピスタチオ)の名産地。
栄養たっぷりでナッツの女王と言われるピスタチオ。中でもエギナ島産ピスタチオはヨーロッパで最高級品として知られています。
フラギスさんはピスタチオを使った絶品スイーツを探しにエギナ島へ向かいました。

Mourtzis(ムルティス)

豊富なラインナップで若者に人気のスイーツ店 Mourtzis(ムルティス)

エギナ島産ピスタチオを使ったチョコレートやクッキーなど種類もたくさん。見た目も可愛くて美味しそう!

そして紹介されていたのが子供達が大好きなスイートドリンク Υποβρύχιο(潜水艦)
瓶に入った砂糖菓子をスプーンでひとさじすくって冷たい水に入れて固め、キャンディみたいになめるのだそうです。甘くなったお水もいただきます。
水に沈める食べ方から「潜水艦」と呼ばれていて、ギリシャのカフェで子供が食べる定番メニューのようです。これさえあれば子供はおとなしくしているとフラギスさんが言われていました。
スタジオで三浦さんとJUJUさんも試食。冷やして固める行為そのものが楽しそうで子供が喜ぶのもわかります。

名前Mourtzis(ムルティス)
住所P. Irioti 57, Egina, Greece
WEBhttps://mourtzis.com
Instagram@mourtzis_traditional_sweets
営業時間月〜土:8:00〜23:30、日:8:00〜24:00
定休日なし
アクセスフェリーターミナルから徒歩10分
地図ギリシャMAP 10

O Fotis(オ・フォテス)

地元の人一押しの菓子店 O Fotis(Ο Φώτης オ・フォテス)はエギナ島で70年以上続く老舗。現在の店主は3代目の Pountos Fotis(プンドス・フォテス)さん。 
売っていたのはピスタチオバター。ピスタチオとオイルと塩でできたピーナッツバターのようなもの。パスタに和えるだけで手軽に美味しいソースになります。

フラギスさんは工房で一番人気のお菓子を見せてもらうことに。ピスタチオの板状のスイーツ、ピスタチオ多めのヌガーみたいな感じ。名前はなんというのでしょう?
材料はピスタチオと砂糖、はちみつ、水。とてもシンプルですが美味しそうでした。
砂糖、はちみつ、水煮立て生のピスタチオを入れて軽く火を通し、型に流し入れてオーブンで焼いたもの。
サクサクで絶妙な食感、ピスタチオの濃厚な味と本来の香りがしっかりと残っている贅沢なヘルシースイーツです。

名前O Fotis(Ο Φώτης オ・フォテス)
住所Kipseli, Egina, Greece
WEBhttp://ofotis.com
Instagram@poundosfotis
営業時間不明
定休日不明
アクセスフェリーターミナルから車で約10分
地図ギリシャMAP 11

ギリシャMAP

レシピ

ギリシャ料理は飾らないシンプルな料理。素材の美味しさを生かすことを大切にされています。
今回はいろいろレシピが紹介されていましたがどれも美味しそうでした。

Melizano Salata(メリジャノサラタ)のつくり方

ギリシャ料理の定番は μεζέ(メゼ)と言われる前菜。野菜やオリーブオイルをふんだんに使ったディップが定番のようです。
紹介されていたのはナスのディップ Melizano Salata(メリジャノサラタ)。香ばしいナスの旨みが口いっぱいに広がります。パンにつけてどうぞ。
シェフ Christos Bublis(クリストス・ブブリス)さんが教えてくれたレシピです。

【材料(4人分)】 
 ナス           4本 
 オリーブオイル       50ml
 パプリカ        1/4個
 赤たまねぎ       1/4個
 バジル           5g
 にんにく(すりおろし)大さじ1
 ビネガー       小さじ1

【つくり方】
①ナスを焼いたら皮をむき、包丁でたたいてペースト状にする
②水気を切ったらオリーブオイルなどその他の材料を合わせてサッと火にかけ混ぜる

癖がなくフルーティ、何にでも合うオリーブオイル。

ミートボールのアヴゴレモノソースのつくり方

ミートボールをレモンと卵のソースでいただく ミートボールの Avgolemono(アヴゴレモノ)ソース。これもシェフ Christos Bublis(クリストス・ブブリス)さんが教えてくれたレシピです。
しかし!ソースのつくり方と最後の仕上げしか出てきませんでした。肝心のミートボールのレシピは?ってテレビの前でぼかんとしてしまいました。ミートボールは自己流でつくらないといけませんね…

【ソースの材料(4人分)】 
 卵            5個
 ミートボールの茹で汁 大さじ3
 レモン          1個

【つくり方】
①卵を溶いて湯煎にかける
②ミートボールの茹で汁とレモンを加えて混ぜる
③ミートボールとソースを絡めながら軽く火を通す

ギリシャ・クレタ島産の低温圧搾エクストラバージンオリーブオイル。

Tzatziki(ジャジキ)のつくり方

今回はフラギスさんがつくって由美子さんが解説する簡単ギリシャ料理コーナーがありました。JUJUさんに「(キューピー)3分クッキングのように絶妙の間合い」と言われるほどご夫妻の息がぴったり。
フラギスさんおすすめのヨーグルトのディップ Tzatziki(ジャジキ)はスターター(前菜)として食べるそうです。ソースとしても利用可。
番組ではラム肉の串焼き、にんじん、セロリ、ピタパンと一緒に食べていました。グリルしたタコにも合うとのこと。

【材料(3人分)】 
 水切りヨーグルト        450g
 ディル          お好みの量
 にんにく(みじん切り)   1かけ
 きゅうり(薄切り水気を切る)1本
 ホワイトワインビネガー 小さじ1
 塩・白こしょう       少々
 オリーブオイル     大さじ1

【つくり方】
①材料を混ぜるだけ

Spanakopita(スパナコピタ)のつくり方

マリア・カマさんと娘のイリニさんが教えてくれたのは家族が大好きなフェタチーズとほうれん草のパイ Spanakopita(スパナコピタ)
サクサクのパイ生地が食欲をそそります。フェタチーズもたっぷり。

【生地の材料(6人分)】
 薄力粉       200g
 オリーブオイル 大さじ3
 塩         少々
 水        250ml

【中身の材料(6人分)】
 ほうれん草    500g 
 フェタ      250g

【つくり方】
①生地の材料を混ぜ合わせ、捏ねて40cm角くらいの大きさに薄く伸ばす。
 生地全体にオリーブオイル(分量外)を塗ることがサクサクに仕上げるコツ
②湯通ししたほうれん草を生地の端に一列に乗せる
③フェタをちぎりながらほうれん草の上にまんべんなく散らす
③端からくるくる巻いて両端を閉じる
④耐熱皿に入れ表面にオリーブオイル(分量外)をたっぷり塗り180度のオーブンで1時間焼く

オーガニックのフェタチーズ。

Gemista(ゲミスタ)のつくり方

フラギスさんの大好物、トマトにお米を入れオーブンで焼いた料理 Gemista(ゲミスタ)は子供の頃にお母様がつくってくれた故郷の味。今回の旅でもフラギスさんはギリシャに帰ると食べていました。
味付けはハーブと塩、オリーブオイルだけのシンプルな「いなかの味」。大地の恵みそのものをいただく料理です。ミントも入って爽やか。

【材料(6個分)】
 トマト      6個
 たまねぎ     1個
 生米       2/3合
 オリーブオイル  200ml
 トマトペースト  少々
 水        150ml
 塩・こしょう   少々
 ディル      20g
 パセリ      10g
 フレッシュミント 15g

【つくり方】
①トマトの中身をくり抜き耐熱皿に並べる
②みじん切りにしてしんなりするまで炒めたたまねぎに生米を加えて3分ほど炒めさらにオリーブオイルを50ml加える
③さらにくり抜いたトマトの中身を半量、トマトペースト、水を加えて5分煮る
④塩こしょうで味を整えハーブを加える
⑤トマトに具を詰め、残ったトマトの中身とオリーブオイル150mlをかけ180度のオーブンで1時間焼く
※映像ではスライスしたじゃがい(分量外)もをトマトの隙間に置いていました。トマトが倒れないし付け合わせも一緒に完成できる良いアイデアですね。

ギリシャ・クレタ島産の手摘みオリーブで丁寧につくられた エキストラヴァージンオリーブオイル。

 

JUJUが行く!究極のパスタを探す旅 のまとめはこちらへ!

イタリア・絶品ワインを探す旅 のまとめはこちらへ!

デンマーク&フランス・極上ティータイム のまとめはこちらへ!

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!


あわせて読みたい