世界はほしいモノにあふれてる「デンマーク・フランス 極上ティータイム」紹介リスト

NHK Gで放送している「世界はほしいモノにあふれてる(略称:せかほし)」シリーズ。
世界を旅するトップバイヤーと素敵なモノ探し。目利きバイヤーに密着したドキュメンタリーにはほしいモノがたくさん、行きたい場所がいっぱい登場します。
2019年4月からは放送時間が50分に拡大されてパワーアップ。ますます楽しみです。
世界はほしいモノにあふれてる デンマーク・フランス 極上ティータイムを巡る旅(初回放送:2019年4月11日22:30〜 再放送:2019年4月15日25:10〜)のMCは俳優の 三浦春馬 さん、歌手の JUJU さん。ナレーション(天の声)は 神尾晋一郎さん、バイヤーは 株式会社 山本商店 社長室長の 加藤安都子(かとうあつこ)さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。

(追記)2019年4月16日にNHK『あさイチ』のコーナー「バイヤーさんに聞いてみた」でも紹介され、加藤さんがご出演されました。ロケ映像は「せかほし」と同じものを使い回し、ナレーションは録音し直ししてました。
「せかほし」は50分になってお金かかってるな長続きするのかな大丈夫かなと思ってましたが、使い回して回収する戦略のようでちょっと安心しました。

紹介されたスポットの位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
東京MAP
コペンハーゲンMAP
アルザスMAP

デンマーク・ベーカリー巡り のまとめはこちらへ!

デンマーク・北欧照明 のまとめはこちらへ!

フィンランド・北欧食器 のまとめはこちらへ!

バイヤー

番組では 株式会社 山本商店の社長室長 加藤安都子(かとうあつこ)さん(Instagram: @buyerkato)のデンマークとフランスでの買い付けとリサーチを紹介していました。
クリスマスマーケットが登場してたのでロケはクリスマスシーズンだったようです。

株式会社 山本商店

明治44年創業、神戸の老舗総合商社 株式会社 山本商店。ヨーロッパの食材を中心に輸入貿易、卸売、洋菓子製造・小売りをされています。
番組で紹介されていた A.C.Perch’s(エーシーパークス)Fortwenger(フォートウェンガー)のほかイタリアのチョコレートブランド Caffarel(カファレル)やフランスのチョコレートブランド Michel Cluizel(ミシェル・クルイゼル)など高品質なお菓子・食品を輸入。

社長室長でバイヤーの加藤安都子さんは長年ホテルの企画広報などホテルマネジメントのお仕事をされていた方。イタリアの高級ホテル ウェスティン・エクセルシオールで働いていた経験もあり、山本商店ではヨーロッパでの買い付けで活躍されています。

名前株式会社 山本商店
住所神戸市中央区京町71 山本ビル
WEBhttps://h-yamamoto.co.jp
Instagram@h.yamamoto1911

山本商店が輸入している Oncle HANSI(オンクルアンシ)イラストの可愛い缶入りアルザスお菓子シリーズは dinos(ディノス)で取り扱いあり。クーポン使ってお得に購入!

ディノス - 初回購入キャンペーン

東京

今回から三浦さんとJUJUさんもスタジオを飛び出して夜の街へ。せかほしスタッフから渡された手引書を頼りにデンマークを知ることができるお店へ向かっていました。

Mikkeller Tokyo(ミッケラー・トウキョウ)

三浦さんとJUJUさんがスタジオを飛び出して向かったのは渋谷の道玄坂。黄色の壁が目印の Mikkeller Tokyo(ミッケラー・トウキョウ)はデンマークのビールメーカー Mikkeller(ミッケラー)の東京店。デンマークの方々が夜な夜な集まるクラフトビールのお店でデンマークの料理も味わえます。

Mikkeller Tokyo(ミッケラー・トウキョウ)は以前は別の場所にありましたが惜しまれつつ閉店。2017年前に現オーナーのハミルトン・シールズさんがこの場所に再オープンしました。(ハミルトンさんは前の店舗のマネージャーだった方では?)
壁には20個のタップがずらり。デンマーク、日本をはじめ世界のクラフトビールが常時20種類並んでいます。

おつまみに出されたのはデンマークのソウルフード Smørrebrød(スモーブロー)デンマーク・ベーカリー巡り の回でも紹介されていましたオープンサンドイッチです。ライ麦の黒パンの上にサーモンなどが乗っていて美味しそう!
三浦さんとJUJUさんがデンマークのたこ焼きのようなお菓子 Æbleskiver(エイブルスキーバー)をつくって食べていたのはこちらのお店の2階を借りていたと思われます。

名前Mikkeller Tokyo(ミッケラー・トウキョウ)
住所東京都渋谷区道玄坂2-19-11
WEBhttp://mikkeller.jp
Instagram@mikkellertokyo
営業時間月〜木:15:00〜24:30、金:15:00〜25:30、土:12:00〜25:30、日:12:00〜24:30
定休日正月休み
アクセスJR・京王・東急・東京メトロ「渋谷」駅から徒歩6分
地図東京MAP 1

東京MAP

Copenhagen(København コペンハーゲン)

Tivoli(チボリ公園)

København(コペンハーゲン)の Tivoli(チボリ公園)は1843年に開園した遊園地。童話作家アンデルセンも通ったという大人も子供も楽しめるデンマーク人の憩いの場。まるで童話の世界に迷い込んだような素敵な場所です。
撮影時期はクリスマスシーズンだったようでチボリ公園ではクリスマスマーケットが開催されて賑わっていました。

クリスマスシーズンは園内はイルミネーションが美しく、コペンハーゲン最大規模のクリスマスマーケットも出てお祭りムード。
気温0度というのにみなさん外のテーブル席で飲食されていましたね。

公園は春夏、ハロウィン、クリスマスのシーズンのみオープンしています。毎年開園日程は変わるので行く前にオフィシャルWEBサイトでご確認ください。

名前Tivoli(チボリ公園)
住所Vesterbrogade 3, 1630 København V, Denmark
WEBhttps://www.tivoli.dk
Instagram@tivolicph
営業時間[2019年4月4日-9月22日] 日〜木:11:00〜23:00、金土:11:00〜24:00、ハロウィン・クリスマスは要確認
定休日2019年は9/23-10/10, 11/4-11/15, 12/24, 12/25
アクセス電車「Vesterport」駅から徒歩1分
地図コペンハーゲンMAP 1

Conditori La Glace(コンディトリ・ラ・グラス)

加藤さんが北欧ティータイムをリサーチするため向かったのはデンマーク人に愛され続けてきた老舗のカフェ Conditori La Glace(コンディトリ・ラ・グラス)。創業1870年のデンマークで最も古いパティスリーです。

お菓子の消費量は世界トップクラスといわれるデンマーク。こちらのお店にも常に40種類を越すお菓子やケーキが並んでいます。デニッシュパンもあり。
テイクアウェイもできますがカフェでいただくこともできます。小さなケーキは 39kr(1kr=17円換算で663円)〜49kr(833円)くらい。

加藤さんは人気のケーキ3種をセレクト。
Sportskage(スポーツケーキ)という130年前に生まれたケーキはヌガーが入ったクリームが何層も重なっています。
19世紀の有名女優の名が付けられたケーキ Sarah Bernhardt(サラ・ベルナール)はダークチョコレートの中に洋酒が効いたガナッシュクリームがたっぷり。
紅茶はシナモン、オレンジ、ローズの入った香り高いブレンドをチョイス。

カフェのインテリアも素敵。
店主の Mariane Kolos(マリアネ・コロス)さんは「ティータイムはリラックスするもの。みんなで楽しむ時もひとりで楽しむ時もゆっくり時間をかけることが大切」とおっしゃっていました。
こんなカフェでゆっくりティータイムを過ごしてみたいですね!

名前Conditori La Glace(コンディトリ・ラ・グラス)
住所Skoubogade 3, 1158 København, Denmark
WEBhttps://laglace.dk
Instagram@laglacedk
営業時間月〜金:8:30〜18:00、土:9:00〜18:00、日:10:00〜18:00
定休日なし
アクセス電車・地下鉄「Nørreport St.」駅から徒歩6分
地図コペンハーゲンMAP 2

Matcha Bar(マッチャ・バー)

加藤さんがティータイムのトレンドを探ろうとコペンハーゲンのお洒落な女性たちがこぞって訪れる Matcha Bar(マッチャ・バー)へ。老舗デパート Magasin du Nord(マガジンデパート)内に4年前にオープンし瞬く間に人気となった話題のカフェです。

オーナーのミカエル・クリステンセンさんが抹茶は健康に良いと知り始めたカフェ。材料はすべてオーガニックでヴィーガン向け、フードもドリンクもすべてグルテンフリー、ラクトースフリーで砂糖も使っていません。スピルリナ(藻の一種)入りの青い抹茶ラテやドラゴンフルーツ入りの紫色の抹茶ラテなどインスタ映えするカラフルなお茶も人気です。

店の一番人気はラクトースフリー(乳糖を含まないもの)の抹茶ラテ。牛乳の代わりにカシューナッツミルクを使用しています。抹茶が苦くない、かといって甘くもないという不思議な味だそうです。
ココナッツからつくったヴィーガンバターを使用した甘くない抹茶ケーキもあり。「近未来な感じ」という感想の近藤さん。
お客さんたちにインタビューするとどうやら抹茶の味に惹かれたのではなく健康や美容への効果を期待して来ていることが判明。近藤さんは「エクストリームな健康志向の人たちに抹茶がよく響くとわかって参考になった」と言われていました。本当にエクストリームでした..

ゆったりとした店内はのんびり落ち着けそう。抹茶ラテが 45kr(765円)、ケーキは 50kr(850円)です。

名前Matcha Bar(マッチャ・バー)
住所Kongens Nytorv 13, 2.Floor, 1095 København K, Denmark
WEBhttps://www.matchabar.dk
Instagram@matchabaren
営業時間金〜水:10:00〜20:00
定休日木曜
アクセス地下鉄「Kongens Nytorv」駅から徒歩1分、Magasin(マガジンデパート)2F
地図コペンハーゲンMAP 3

Leckerbaer(レッカーベア)

次に加藤さんが向かったのは小ぶりでかわいい焼き菓子が話題のパティスリー Leckerbaer(レッカーベア)。凝った造形だけでなく厳選した材料でつくられた上品な味も高評価。
酪農王国デンマークではバターやクリームを使った焼き菓子が定番。オーナーパティシエのギャビ・モーエンセンさんはデンマークの伝統的なお菓子を現代的にアレンジしています。

北欧ならではの味わいをもつ小さなケーキたち。できるだけ小さくつくって好きなケーキを選んで箱に詰め合わせするというアイデアは大当たり。ギフトにぴったりとあって地元で大人気。

日本には持って帰れないけれど、イートインもできます。どれも美味しそうで選ぶのが難しそう。
小さなケーキは1個 25kr(425円)〜35kr(595円)くらいです。

名前Leckerbaer(レッカーベア)
住所Ryesgade 118, 2100 København, Denmark
WEBhttps://leckerbaer.dk
Instagram@leckerbaer
営業時間火〜金:10:00〜17:30、土:10:00〜16:00
定休日日曜・月曜・祝日
アクセス電車「Østerport」駅から徒歩14分、バス「Trianglen (Østerbrogade)」停留所から徒歩3分
地図コペンハーゲンMAP 4

A.C.Perch’s Thehandel(エーシーパークス)

今回の加藤さんの重要な目的は取引先の老舗茶葉専門店 A.C.Perch’s Thehandel(エーシーパークス)から春夏向けのブレンドを買い付けること。
1835年創業のデンマークで最も古い茶葉専門店で長年に渡りデンマーク王室御用達。1階のショップには茶葉が入った金色の缶が壁一面に並んでいます。
昔から森で採れるカモミールやラズベリーを煎じて飲んでいたというデンマーク。17世紀頃アジアからお茶が持ち込まれると木の実や果物、ハーブなどと組み合わせた香り高いお茶が広く飲まれるようになったそうです。

ブレンドの好みも人それぞれ。こちらのお店では200種類以上のブレンドしたお茶を取り扱っています。
2階のティールームではブレンドしたてのお茶をその場で味わうことができます。
ティールームほとんどのお客さんは Perch’s Classic Tea Stand(ポット入りティー+サンドイッチ+プチフール+スコーン)を食べているようです。Crémant(クレマン、スパークリングワイン)1杯付きが 250kr(4,250円)、クレマンなしで 225kr(3,825円)です。
テーブル予約をした方が良さそう。予約は オフィシャルWEBサイト からできます。

さて本題の春夏向けブレンド買い付け、7代目オーナーの Stine Hincheldey(スティーネ・ヒンチェルデイ)さんとマネージャーのモニカ・メンズィンスキーさんと試飲をしながら打ち合わせ。専門のブレンダーが選りすぐった7種類のお茶は果実やハーブをブレンドした北欧デンマークらしいものばかり。
三浦さんとJUJUさんも飲んでいた「ホワイトストロベリー」は白茶・緑茶・イチゴ・リンゴ・バラの花びらなどのブレンドティー。甘みがあってクリーミー。クリームは全く入っていないのに香りが口の中に残ります。

名前A.C.Perch’s Thehandel(エーシーパークス)
住所Kronprinsensgade 5, 1114 København, Denmark
WEBhttps://www.perchs.dk
Instagram@acperchs
営業時間[ショップ] 月〜木:9:00〜17:30、金:9:00〜19:00、土:9:30〜16:00
[ティールーム] 月〜金:11:30〜17:30、土:11:00〜17:00
定休日日曜
アクセス地下鉄「Kongens Nytorv」駅から徒歩8分
地図コペンハーゲンMAP 5

デンマーク王室御用達・北欧最古の紅茶専門店 A.C.Perch’s(エーシーパークス)のギフトセット。

Winterspring Dessert Bar(ウィンタースプリング・デザート・バー)

冬は日照時間が短いデンマーク、加藤さんが朝食に出かけた8時20分でも仄暗さの残る夜明けの雰囲気です。
昨年オープンしたちょっと贅沢な朝食が人気のカフェ Winterspring Dessert Bar(ウィンタースプリング・デザート・バー)。カウンター中心の店内は朝とは思えないほどの満席。ミシュラン星付きレストラン出身のデザートシェフがカウンターで調理してくれると評判を呼び大盛況です。

カウンター越しにシェフがその場で調理するというアイデアは日本の寿司屋からヒントを得たそうです。冷たく見えがちなミニマルなインテリアですが、テーブルのキャンドルや人々の談笑が温かみを添えています。デンマークで心地よく過ごすくつろぎの時間を表す言葉 Hygge(ヒュッゲ)にぴったりの心地よさ。

朝食は単品でも注文できますが、加藤さんがオーダーしたのは Breakfast Menu(朝食のコース)350kr(5,950円)だと思います。
内容は
Organic Jersey yogurt with slow roasted granola, rhubarb and fresh herbs(オーガニックヨーグルトとグラノーラ、プラムとフレッシュハーブ添え)
Poached egg with malt brioche and airy white asparagus(ポーチドエッグとネギのムース、エンドウ豆の新芽を乗せて)
Sourdough waffles with chamomile syrup, sour cream, and rose hip compote(サワー種のワッフル、カモミールシロップ、サワークリーム、ローズヒップコンポート添え)
The menu is served with a glass of apple juice from the island of Strynø(Strynø島産のりんごジュース付き)
朝摘んだばかりのハーブやオーガニックの自家製ヨーグルトが美味しそうでした!

こちらのお店、朝ごはんも良いのですが何と言ってもスイーツが評判。アフタヌーンティーの時間にも行ってみたいです!

Matcha Barも入っている老舗デパート Magasin du Nord(マガジンデパート)内に系列店の Winterspring Tea Salon(ウィンタースプリング・ティー・サロン)があります。

名前Winterspring Dessert Bar(ウィンタースプリング・デザート・バー)
住所Store Strandstræde 16, 1255 København, Denmark
WEBhttps://winterspring.dk/dessertbar/
Instagram@winterspringdk
営業時間月〜金:8:00〜18:00、土:9:00〜17:00、日:9:00〜16:00
定休日12/24~12/26・1/1
アクセス地下鉄「Kongens Nytorv」駅から徒歩5分
地図コペンハーゲンMAP 6
名前Winterspring Tea Salon(ウィンタースプリング・ティー・サロン)
住所Kongens Nytorv 13, 1095 København, Denmark
WEBhttps://winterspring.dk/tea-salon/
営業時間10:00〜20:00
定休日なし
アクセス地下鉄「Kongens Nytorv」駅から徒歩1分、Magasin(マガジンデパート)内
地図コペンハーゲンMAP 7

Winterspring は日本の雑誌でも紹介されていました。

シャロッテ・グラバーセンさんのご自宅

単にものを輸入するだけでなく文化やライフスタイルも伝えたいと考える加藤さん。Hygge(ヒュッゲ)なティータイムをリサーチするため A.C.Perch’s(エーシーパークス)のスティーネさんと友人のシャロッテ・グラバーセンさんのお宅にお邪魔していました。暖炉のある素敵なお部屋、キャンドルの暖かい光が心地よさを演出しています。

お茶と一緒にいただいたのはたこ焼きのような形のお菓子 Æbleskiver(エイブルスキーバー)。たこ焼き器でつくるパンケーキのようなお菓子です。
デンマーク語でエイブルはアップル、スキーバーはスライスという意味。中にリンゴのスライスを入れたりするそうです。焼きたてにラズベリージャムと粉砂糖をたっぷりかけて。美味しそう!

ひとそれぞれに「ヒュッゲ」は異なりますが、シャロッテさんのヒュッゲは自分のための時間だったり友達や家族との時間をただ気持ちよく過ごすこと。
加藤さんも楽しそうでした。

やはりデンマークでは定番なのでしょうか。ロイヤル・コペンハーゲンのお皿が使われていました。

コペンハーゲンMAP

Alsace(アルザス)

コペンハーゲンの次に向かったのはフランスの Alsace(アルザス)地方。ドイツとの国境に近くにあるためドイツ文化の影響も受けている地域です。長い間フランスとドイツによる領土争いに翻弄されながらも独自の文化を守ってきました。
加藤さんが買い付けたいのはアルザス地方で愛される郷土菓子 Pain d’épices(パン・デピス)。デピスとは香辛料のことで、パン・デピスは八角・コショウ・クローブなどのスパイスとハチミツが入った焼き菓子です。
強いスパイスは日本人の口に馴染みがなく、日本でも受け入れられる味を探すのが今回の目的。

Marché de Noël de Strasbourg(ストラスブール・クリスマスマーケット)

アルザス地方の Strasbourg(ストラスブール)は Capitale de Noël(クリスマスの首都)と呼ばれる都市。ストラスブール旧市街にはヨーロッパ最大規模のクリスマスマーケット Marché de Noël de Strasbourg(ストラスブール・クリスマスマーケット)の屋台が建ち並びます。マーケットは大聖堂前など11箇所に会場あり。
中心部のクリスマスイルミネーションやデコレーションも派手で見ごたえあり。観光客にも人気のイベントです。

おとぎの国のような建物のデコレーション。壮観です。さすがクリスマスの首都。
クリスマスマーケットにはパン・デピスのお店も何軒か出店しています。加藤さんもパン・デピスを購入していました。

名前Marché de Noël de Strasbourg(ストラスブール・クリスマスマーケット)
住所Place de la Cathédrale, 67000 Strasbourg, France
WEBhttps://noel.strasbourg.eu
Instagram@strasbourgcapitaledenoel
営業時間11月下旬〜12月30日
定休日クリスマス以外
アクセスストラスブール旧市街
地図アルザスMAP 1

養蜂業を営むABEILLE35社製の自家製はちみつたっぷりパン・デピス。

Mireille Oster(ミレイユ・オステール)

アルザス地方の郷土菓子パン・デピスはお店によってスパイスやハチミツのレシピも違います。
加藤さん街で人気のパン・デピス専門店 Mireille Oster(ミレイユ・オステール)へ。ミレイユ・オスターと表記されたガイドブックもあります。

オーナーパティシエのミレイユ・オステールさんがお店のレシピを全て手がけています。たくさんの種類、様々な形があります。

パンデピスに使っている主なスパイスは野生のコショウ、ナツメグの皮、クローブなど。
こちらのお店のパン・デピスは結構スパイスが強めだったようで、加藤さんはもうちょっとソフトな味の方が日本に向いているのかなと言われていました。

名前Mireille Oster(ミレイユ・オステール)
住所14 Rue des Dentelles, 67000 Strasbourg, France
WEBhttp://www.mireille-oster.com
営業時間火〜土:9:00〜19:00、日月:10:00〜19:00
定休日なし
アクセス路面電車「Langstross/Grand Rue」停留所から徒歩4分
地図アルザスMAP 2

Fortwenger(フォートウェンガー)

加藤さんが訪れたのは1768年創業の Fortwenger(フォートウェンガー)本店。昨年創業250周年を迎えたアルザスを代表する老舗のパンデピスメーカーです。
本店はストラスブール中心部から車で約30分の Gertwiller(ゲルトヴィラー)という村にあり、ショップと工房、そして最後に出てきたミュージアム Le Palais du Pain d’épices(パン・デピスの館)も併設されています。

これまでに200種類以上の味を生み出してきたというFortwenger社、CEOの Steve Risch(スティーヴ・リッシュ)さんと輸出マネージャーのシナン・ヤヴァスさんのおすすめのものをいろいろ試食。
Pain d’épices au Miel de tilleul(菩提樹のハチミツ入りパンデピス)が香りが高く癖がなくて食べやすいということで買い付ける方向になりました。

三浦さんとJUJUさんも試食していて Pain d’épices au Miel de châtaignier(栗のハチミツ入りパンデピス)は不評。栗のハチミツは香りが特色あって、悪く言うと石油くさい良く言うと森の香りなのだそうです。三浦さんは「スポーツショップの靴売り場の匂い」と言っていました。

そして加藤さんが日本に持ち帰りたいと思っていたのはブリキの缶。
「日本のお客さんは缶が好き」と言われていましたが、確かに!わたしも缶は大好きですし、プレゼントのお菓子も缶入りを選んだりします。
Fortwengerに売っていたのはアルザスの伝統的な衣装や暮らしが描かれた可愛らしい缶。画家の Jean‐Jacques Waltz(ジャン=ジャック・ヴァルツ)、通称:L’oncle Hansi(オンクル・アンシ、アンシおじさん)によるイラストです。
長くフランスとドイツによる領土争いに翻弄されてきたアルザス。独自の文化が描かれたアンシおじさんの作品はアルザスを象徴するイラストとして知られています。
加藤さんは商品をただ持ってくるだけでなくその土地でどのような思いでつくっているか、文化的な歴史も一緒に伝えられると良いかなと思うと語っていました。

Fortwengerはストラスブール、コルマールにもショップあり。

名前Fortwenger(フォートウェンガー)本店
住所144 Route de Strasbourg, 67140 Gertwiller, France
WEBhttps://www.fortwenger.fr
Instagram@fortwenger.fr
営業時間[ショップ] 月〜土:8:00〜12:00, 13:30〜18:30、日:10:00〜12:00, 14:00〜18:00
[パンデピスの館]2/15-12/31 月〜土:9:00〜11:30, 14:00〜18:00、日:10:00〜11:30, 14:00〜18:00
定休日[ショップ] なし
[パンデピスの館]12/25・12/26・1/1-2/14
アクセスストラスブール中心部から車で約30分
地図アルザスMAP 3
名前Fortwenger(フォートウェンガー)ストラスブール店
住所10 Rue d’Austerlitz, 67000 Strasbourg, France
営業時間火〜金:9:30〜18:30、土:9:30〜18:00、日月:10:00〜18:00
定休日なし
アクセス路面電車「Porte de l’Hôpital」停留所から徒歩3分
地図アルザスMAP 3

アンシおじさんのイラストのアルザスの缶。可愛い!

アルザスMAP

生放送!春SP 三浦春馬とJUJUが旅に出る!パリ・ロンドン のまとめはこちらへ!

世界はほしいモノにあふれてるシリーズの放送日時まとめはこちらへ!


あわせて読みたい