ここは行きたい!2度目のハワイ・ハワイ島のおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
決まったおこづかいで3日間の充実旅。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2度目のハワイ(ハワイ島) おこづかい4万円で充実旅(初回放送:2016年12月7日)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 堀井新太さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
ハワイの通貨は $(ドル)。$1.00=¥103(2016年9月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ! MAP

オアフ島編 はこちらの2つへ!

ここは行きたい!2度目のハワイ・オアフ島のおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のハワイ・オアフ島編」(2016年4月13日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。
ここは行きたい!2度目のハワイ・オアフ島のおすすめスポット2
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のハワイ・オアフ島編」(2017年7月4日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

目次

ヒロで食べる

Two Ladies Kitchen(トゥー・レディス・キッチン)【ヒロ】

Hilo(ヒロ)Kilauea Ave(キラウエア通り)にある小さなお店 Two Ladies Kitchen(トゥー・レディス・キッチン)。カラフルで可愛い Mochi Manju(もちまんじゅう)のお店です。

オーナー ノラ・ウチダさんの沖縄出身のお祖母さまがデザートにつくってくれた餅菓子をアレンジしてつくった Mochi Manju(もちまんじゅう)
日経2世のお父さんとお母さんも90歳代の今でも毎日お店で働いていて家族経営されています。
暑いハワイでもすっきりおいしく食べられるようにと考えたフルーツ入りの餅。
緑色の餅には白あんと洋ナシが、ピンクの餅には白あんと桃が、紫色の餅にはブドウが入っています。
番組では紹介されていませんでしたが、普通にイチゴ大福もあるようです。
Mochi Manju(もちまんじゅう) 6個$6.31(¥650)です。

Hawaiian Airline のハワイ紹介動画で Two Ladies Kitchenが 紹介されています。

名前 Two Ladies Kitchen(トゥー・レディス・キッチン)
住所 274 Kilauea Ave, Hilo, HI 96720
WEB https://www.facebook.com/pages/Two-Ladies-Kitchen/(Facebook非公式ページ)
営業時間 火〜土:10:00~17:00
定休日 日曜・月曜
アクセス Palace Theater(パレス・シアター)から徒歩6分
地図 MAP 1

ハワイのローカルフード ベスト3

ハワイのローカルフード ベスト3 のおすすめのお店を紹介していました。
1位 Poke Bowl(ポケボウル) Suisan
2位 Saimin(サイミン) Kuhio Grille
3位 Loco Moco(ロコモコ) Cafe 100

Suisan(スイサン)【ヒロ】

Poke(ポケ)は生魚の切り身にごま油やしょうゆで味付けした料理。ハワイでは主にマグロのポケが好まれています。
2度目のハワイ(オアフ島編)では「ポキ」と呼んでいましたが今回は「ポケ」という表記になってましたね。
Poke Bowl(ポケボウル)とは ポケ丼 のこと。ハワイグルメの定番、ごはんの上にポケを乗っけたファストフードです。

ヒロの Suisan(スイサン)は1907年日系人が創業した鮮魚店。店名は「水産」に由来しています。
ショーケースの中にポケがたくさん入っているので好きな種類のポケを選びます。
お願いすれば味見もできるようです。ハーフ&ハーフもできるので好きなポケボウルをつくってもらいましょう!
マグロのポケ・しょうゆ味
マグロ、ごま油、しょうゆ、めんつゆ、ネギ、タマネギ入り。
マグロのポケ・スパイシーマヨネース味
マグロ、アボカド、マヨネーズ、シシャモの卵、ネギ入り。
ごはんにふりかけかけますか?と訊かれるので好みを伝えます。島の人はふりかけが大好きなのだそうですよ。
マグロのポケボウル $12.00(¥1,236)です。

名前 Suisan(スイサン)
住所 93 Lihiwai St, Hilo, HI 96720
WEB https://www.facebook.com/SuisanFishMarket/(Facebookページ)
Instagram @suisanfish
営業時間 月〜金:8:00~17:00, 土:8:00~16:00
定休日 日曜
アクセス Palace Theater(パレス・シアター)から車で4分、徒歩25分
地図 MAP 2

ヒロの北・ハカラウにある隠れ家的小規模リゾートコンドミニアム。客室は3室で人が少なく静かな環境です。
滝やジャングルの観光にも最適な場所。

Kuhio Grille(クヒオ・グリル)【ヒロ】

Saimin(サイミン)とはハワイ独特の麺で日本・中国・東南アジアの麺料理をミックスしたような味なのだそうです。
ヒロのダウンタウンから車で10分ほどの Prince Kuhio Plaza(プリンス・クヒオ・プラザ)内にある Kuhio Grille(クヒオ・グリル)はローカルフードが豊富な大衆食堂。
こちらのお店の Saimin(サイミン)はカツオと鶏ガラのスープが特徴。他のお店は干しエビを使うことが多いのだそうです。
野菜がたっぷり乗った Saimin(サイミン)$8.32(¥857)。
Fried Rice(フライド・ライス、チャーハン)も美味しいと評判です。

名前 Kuhio Grille(クヒオ・グリル)
住所 Prince Kuhio Plaza, 111 East Puainako Street #106A, Hilo, HI 96720
WEB http://www.kuhiogrille.com/
Instagram @kuhiogrille
営業時間 7:00~22:00
定休日 なし
アクセス ダウンタウンから車で10分、Prince Kuhio Plaza(プリンス・クヒオ・プラザ)内
地図 MAP 3

Cafe 100(カフェ100)【ヒロ】

ハンバーグと目玉焼きがごはんにのってる Loco Moco(ロコモコ)。最近は日本でもお馴染みです。
実は Loco Moco(ロコモコ)の発祥はハワイ島のヒロなのだとか。
Kilauea Ave(キラウエア通り)の Cafe 100(カフェ100)は1946年創業の老舗。
なんと35種類以上のロコモコがあるそうです。
オフィシャルWEBサイト でメニューを見ることができます。
マネージャーのグロリア・コバヤシさん「卵とグレービーソースを載せれば何でもロコモコよ〜」っておっしゃってましたね。
キラウエア・ロコモコ $7.24(¥746)は
ごはんにソーセージ、チリビーンズ、スパム、目玉焼き2個 とポテトサラダ入り。
ベジタブル・ロコモコ $5.70(¥587)は
ニンジンなどの野菜と目玉焼きという、これもロコモコ?みたいな組み合わせになっています。

名前 Cafe 100(カフェ100)
住所 969 Kilauea Ave, Hilo, HI 96720
WEB http://cafe100.com/
営業時間 月〜木:6:15~20:30, 金:6:15~21:00, 土:6:15~19:30
定休日 日曜
アクセス Palace Theater(パレス・シアター)から車で4分、徒歩19分
地図 MAP 4

カラパナで冒険する

ハワイ島の Kīlauea(キラウエア火山)は活発な活動を続けていますが、なんと近くで見られる場所があるのです。
Ocean Entry(オーシャンエントリー)と言って溶岩が海に流れ込んでいる場所があり、近くまで自転車で行くことができます。
ハワイ火山観測所のオフィシャルWEBサイト などで最新の安全情報を確認してから行ってください。

Ocean Entry(オーシャンエントリー)が見られるのはヒロから車で50分南へ行った Kalapana(カラパナ)という村。
ヒロでレンタカーを借りて行きます。ハワイは日本の運転免許でOK。
パスポートと一緒に運転免許証を提示します。
レンタカー 48時間(日本語対応のナビ付き)$134.00(¥13,802)。
価格は時期によって変動があるようです。

西海岸から行くならアカカの滝見学や星空観測もついたよくばりなキラウエア火山ツアーがおすすめ。途中でホノカアのTEXドライブインに寄るのでマラサダも買えます。

Kīlauea(キラウエア火山)のOcean Entry(オーシャンエントリー)【カラパナ】


Ocean Entry(オーシャンエントリー)には夕暮れ時に行くのがおすすめ。
日中は水蒸気で見えにくいのですが暗くなってくるにつれて真っ赤な溶岩が見えてくるのだそうです。

Kalapana(カラパナ)の自転車のレンタル は2016年7月に始まったばかり。
自転車レンタルしているところからオーシャンエントリーの見えるところまで片道7km。
歩くと2時間、自転車で45分くらいです。
レンタル自転車1台(ヘルメット付き)$20.00(¥2,060)。
自転車の鍵、ガーゼ、ばんそうこうなどの安全キットが入ったポーチも付属。
帰りは暗いのでヘッドライト持参がおすすめです。
子供用自転車、ベビーカーレンタルもあるので家族連れでも大丈夫。

オーシャンエントリーまでお店がないので、レンタル自転車近くの 屋台の春巻き屋さん で買っていくのがおすすめ。
その場で春巻きを揚げています。
春巻き3本 $3.00(¥309)です。

1990年に溶岩が流れてきてカラパナの村の200戸の住宅を押し流してしまいました。
しかし幸い怪我人は出なかったため村の人たちは火の女神ペレが守ってくれていると信じているそうです。
カラパナの地を味している村の人たちは溶岩の上に再び家を建てて住んでいます。

一面溶岩に囲まれた道をサイクリングしていると白煙が見えて来ます。
地中を通って流れてきた溶岩が海に流れ落ちているのです。
溶岩の温度で海水が大量に蒸発して湯気が出るため煙のようにしか見えませんが、
暗くなってくるにつれて溶岩が見えやすくなります。
暗闇の中で高温で流れる溶岩の赤い光は地球の自然現象の計り知れない大きさを物語っていて怖くなってしまうほど。
映像で見るだけでも流れる溶岩がすごい迫力だったので、その場で実際に見たらほんとうに壮大な光景なのでしょうね!

名前 レンタル自転車 Kaimu Rentals(カイム・レンタルズ)
住所 12-4980 Kaimu-Chain of Craters Rd, Pāhoa, HI 96778
WEB http://kaimurentals.com/
営業時間 5:00〜22:00
定休日 なし
アクセス ヒロから車で50分
地図 MAP 5
名前 Lava View Point(溶岩ビューポイント)
住所 Pāhoa, HI 96778
WEB http://www.hawaiicounty.gov/lava-viewing/
営業時間 15:00〜21:00
定休日 なし
アクセス レンタル自転車屋から約7km
地図 MAP 6

キラウエア火山国立公園内にある老舗ホテル。
クレータービューの部屋からは一晩中赤い光を見ることができます。ラウンジとレストランからの眺めは最高。

ホノムで食べる

Mr. Ed’s Bakery(ミスター・エドズ・ベーカリー)【ホノム】


島の東側・Hilo(ヒロ)から島の西側・Kona(コナ)までドライブする途中に Honomu(ホノム)という小さな町があります。
ヒロから車で20分ほど北のホノムは100年くらい前の建物が残っているレトロな町。
可愛いパステルカラーの建物が並んでいます。
小さなパン屋さん Mr. Ed’s Bakery(ミスター・エドズ・ベーカリー)で朝食をとるのがおすすめ。
エドモンソンさん夫婦が営む素朴なパン屋さんの手づくりのフルーツバターが評判です。
フルーツバターはライム、マンゴー、パパイア、パンプキンなどなど。
一番人気は Lilikoi Nutter(リリコイ・バター)
ハワイ名産のリリコイの果汁、卵、砂糖たっぷりにバターやマーガリンを加えてつくられています。
リリコイバター 1瓶 $7.50(¥772)、パン 6個入り $5.00(¥515)、コーヒー $1.50(¥155)です。

名前 Mr. Ed’s Bakery(ミスター・エドズ・ベーカリー)
住所 28-1672 Old Mamalahoa Hwy, Honomu, HI 96728
WEB https://www.facebook.com/pages/Mr-Eds-Bakery/(Facebook非公式ページ)
営業時間 6:00〜18:00
定休日 日曜
アクセス ヒロから車で20分
地図 MAP 7

ホノムで買う

Glass from the Past(グラス・フロム・ザ・パスト)【ホノム】


Honomu(ホノム)のパン屋さん Mr. Ed’s Bakery(ミスター・エドズ・ベーカリー)の隣の気になるお店、Glass from the Past(グラス・フロム・ザ・パスト)はガラスの空き瓶をメインに取り扱うアンティーク・ショップ。
空き瓶が棚一面に並べてあります。
オーナーのデビッド・アッカーマンさん自ら探し出した古い瓶を販売しているそうです。
宝探し気分で古い瓶を探し求めているだそうです。
中には日本製の100年前の目薬の瓶もありました。
日本語で「五福眼薬」と書いてある青いガラス瓶 はなんと $100.00(¥10,300)!
コレクターが買っていくのだそうです。

名前 Glass from the Past(グラス・フロム・ザ・パスト)
住所 28-1672 Old Mamalahoa Hwy # A, Honomu, HI 96728
WEB https://www.facebook.com/pages/Glass-from-the-Past-Vintage-Bottles/(Facebook非公式ページ)
営業時間 月〜土:10:00~17:00, 日:7:00~12:00
定休日 感謝祭、クリスマス、元日
アクセス ヒロから車で20分
地図 MAP 8

ホノカアで食べる

TEX Drive In(テックス・ドライブイン)【ホノカア】

いつもは食べ人で出演されている呂敏さん、今回はガイド役として登場。
呂敏さんのお父さまはハワイ島出身で呂敏さんはハワイ大学ヒロ校卒業されたそうです。
しかも大学時代にアルバイトでツアーガイドをしていた経験があるそうでハワイ島にかなり詳しそう!
ヒロからコナに行く時は必ず立ち寄るというマラサダ店をおすすめしてくれました。
Malasada(マラサダ) はハワイ定番スイーツの揚げパン。
2度目のハワイ オアフ島編 で紹介されていた Agnes’ Portuguese Bake Shop は日本に出店したし、日本でもマラサダファンが増えてきてるかも。

Honokaa(ホノカア)TEX Drive In(テックス・ドライブイン)は1969年創業のドライブイン。
揚げたての大きなマラサダは大人気で1日3000個を売り上げるそうです。
ガラス越しにマラサダをつくる様子が見られるのも楽しいですね。
ちょっと甘めの生地がもちもちしてて上のシュガーがカリッとしてるとのこと。美味しそう!
マラサダ 1個 $1.25(¥130)です。

名前 TEX Drive In(テックス・ドライブイン)
住所 45-690 Pakalana St, Honokaa, HI 96727
WEB http://www.texdriveinhawaii.com/
営業時間 6:00〜22:00
定休日 なし
アクセス ヒロから車で約1時間
地図 MAP 9

吉田玲雄さんのハワイ滞在体験を綴ったエッセイが原作の映画「ホノカアボーイ」。
この映画でホノカアを知った方も多いのではないでしょうか。

Manago Hotel(マナゴ・ホテル)【キャプテン・クック】

カイルア・コナから車で南へ25分くらいの Captain Cook(キャプテン・クック)にある1917年創業の Manago Hotel(マナゴ・ホテル)
100年前の建物をそのまま使用している、懐かしい雰囲気のホテルです。
番組には出てきませんでしたが和室の客室もあるようです。

ホテル内のレストランはハワイで最も老舗。内装も日本の昔の食堂を思い起こさせます。
レトロなテーブルとターコイズブルーの椅子。
評判の Pork Chops(ポークチョップ)は外がカリッとしていて噛むと中から肉汁がじゅわ。
生姜焼きのような味付けはオーナーのドワイト・マナゴさんのお祖母さま秘伝のレシピを受け継いでいます。
1915年にお祖母さまは夫となる人の写真1枚を頼りに福岡から嫁いで来たとのこと。
日本の味を生かしてレストランを夫婦で成功させ今に続いているそうです。
ごはんとお新香、それに煮物、海藻サラダ、ポテトサラダも付いた日本の定食のような ポークチョップ$11.98(¥1,234)です。

名前 Manago Hotel(マナゴホテル)
住所 82-6155 Mamalahoa Hwy, Captain Cook, HI 96704
WEB http://www.managohotel.com/
営業時間 [レストラン] 火〜日:7:00〜9:00, 11:00〜14:00, 17:00〜19:30
定休日 月曜
アクセス カイルアから車で約25分
地図 MAP 10

100年前の建物をきれいに使い続けている老舗ホテル。
ハワイへ移民してきたた日本人たちの暮らしぶりが思い起こされるノスタルジックな雰囲気。

カイルア・コナで冒険する

Manta Night Snorkeling(マンタ・ナイト・シュノーケリング)【カイルア・コナ】

Kailua-Kona(カイルア・コナ)では夜の海で Manta(マンタ)に会えるシュノーケリングツアー に参加できます。
マンタとはオニイトマキエイという世界最大のエイのこと。体長 3m〜5mほどもあるそうです。大きいですね!
マンタの性格はおとなしく好奇心が旺盛で人なつこいためダイバーに人気なのだそうですよ。

番組で紹介されていたのは現地集合ツアー。ガイド30年のスコット・マッドさんが案内してくれました。Kailua Pier(カイルア・ピア)に19:00集合して船に乗ります。
マンタ・ナイト・シュノーケル の代金は $100.00(¥10,300)
ウエットスーツのレンタル代もツアー代金に含まれています。
ダイビングではなくシュノーケリングなので経験がなくても大丈夫。
水温は25℃くらいで暖かいとのこと。

船が出航し20分後にマンタに会えそうな場所に船が止まります。
穴を開けたサーフボードに、穴の中へライトを差し込んで下を照らすと…
光にプランクトンが集まってきます。そのプランクトンを狙ってマンタがやったくるのです。
サーフボードに手をかけて腹ばいになって海を覗くと大口開けたマンタがプランクトンを食べに寄ってきます。
大きなマンタが口をぽっかり開けてすぐそばまで泳いでくるのは大迫力でしょうね!

名前 Manta Night Snorkeling(マンタ・ナイト・シュノーケリング)
住所 Kailua Pier(カイルア・ピア)集合:Kaahumanu Pl, Kailua-Kona, HI 96740
WEB http://breezekona.com/fundive.html
営業時間 19:00集合
アクセス Courtyard by Marriott King Kamehameha’s Kona Beach Hotelから徒歩1分
地図 MAP 11

ホテル送迎付きのツアーもあります。

カイルア・コナで買う

KTA Super Stores(KTA スーパー・ストア)【カイルア・コナ】

カイルア・コナのスーパーマーケット KTA Super Stores(KTA スーパー・ストア)はハワイ島のご当地スーパー。
地元のスーパーはお土産を探すのにもってこい。
副社長のデレク・クリスさんは祖父が広島出身の日系3世なのだそうです。

Kona Coffee(コナ・コーヒー)

ハワイ島といえばコナで取れる Kona Coffee(コナ・コーヒー)が人気ですが、
最近は Ka’u(カウ)という地域で取れる KA’U Coffee(カウ・コーヒー)も美味しいと評判なのだそうです。
世界のコンテストで賞をとっている カウ・コーヒー 198g $22.14(¥2,280)です。
番組で買っていたカウ・コーヒーはハワイの有名シェフAlan Wong のブランドの Royal Hawaiian ですね。ちょっと高価ですが日本で入手しにくいので買う価値あり。

KA’U Coffee
Royal Hawaiian (有名シェフAlan Wong のブランド)


Poke Mix(ポケミックス)

美味しいポケがつくれる Poke Mix(ポケミックス)$7.17(¥740)。
ハワイアンソルト(ハワイの天然塩)、トウガラシ、オゴ(ハワイでとれる海藻)が入っています。
マグロの角切りに ポケミックス に入っていたオゴ(水で戻す)とトウガラシ入りのハワイアンソルト、それにゴマ油を混ぜるだけ。
仕上げにネギを散らすのがおすすめだとか。
日本に帰っても簡単にポケがつくれていいですね!


名前 KTA Super Stores(KTA スーパー・ストア)
住所 74 Palani Rd, Kailua-Kona, HI 96740
WEB http://www.ktasuperstores.com/
Instagram @ktasuperstores
営業時間 5:00〜23:00
定休日 なし
アクセス Kona Coast Shopping Center 内
地図 MAP 12

カイルア・コナで食べる

ハワイの地元食材を調達して観光客の少ない穴場のビーチでバーベキューがおすすめだそうですよ!

KTA Super Stores(KTA スーパー・ストア)のハワイ島産の牛肉【カイルア・コナ】

まずは牛肉を調達。
カウ・コーヒーを買った KTA Super Stores(KTA スーパー・ストア)ハワイ島産の牛肉 を購入。
島の美味しい牧草だけを食べて育った牛 Grass-Fed Beef 254g $9.89(¥1,019)です。

豪華なリゾートホテルではありませんが、カイルア・コナの中心地にあり清潔で必要な設備が揃ったホテル。
比較的リーズナブル。ホテルの外へ出かけて過ごす方におすすめ。

Big Island Abalone(ビッグ・アイランド・アバロニ)のアワビ【カイルア・コナ】

そしてシーフード。
コナの中心部から車で20分ほど北へ行ったところでアワビを養殖しているのだそうです。
Big Island Abalone(ビッグ・アイランド・アバロニ)では海洋深層水をつかってエゾアワビを養殖。
ハワイ州が海洋深層水の利用方法を検討していたところ社長の新井宏さんがアワビの養殖することに成功。
海水の温度が高いためもともとハワイではアワビは採れなかったのですが、冷たい海洋深層水をつかうことで今では約500万個もアワビを養殖しているのだそうです。
アワビ 1ポンド(約450g)16個 $25.00(¥2,575)です。

名前 Big Island Abalone(ビッグ・アイランド・アバロニ)
住所 73-4460 Queen Ka’ahumanu Hwy #115, Kailua-Kona, HI 96740
WEB https://bigislandabalone.com/
営業時間 月〜金:8:00~16:00
定休日 土曜・日曜
アクセス コナの中心部から車で20分
地図 MAP 13

Kona Cold Lobsters(コナ・コールド・ロブスターズ)のロブスター【カイルア・コナ】


海洋深層水をつかった養殖場は近くにいくつかあって、Kona Cold Lobsters(コナ・コールド・ロブスターズ)ではロブスターの養殖が行われています。
新鮮なロブスターが入手できますよ!
ロブスター 1匹(約675g)$25.00(¥2,575)です。

名前 Kona Cold Lobsters(コナ・コールド・ロブスターズ)
住所 73-4460 Queen Kaahumanu Hwy #103, Kailua-Kona, HI 96740
WEB http://www.konacoldlobsters.com/
営業時間 月〜金:6:00~16:00, 土:6:00~12:00
定休日 日曜
アクセス コナの中心部から車で20分
地図 MAP 14

ハワイ島随一、憧れの5つ星ホテル。ハワイ黄金時代の趣を残したモダンな内装。
広くて眺めの良い部屋、きめ細やかなホスピタリティ、新鮮なシーフードが自慢のレストラン。ハネムーンで泊まってみたい!

Samuel M. Spencer Beach Park(サミュエル M. スペンサー・ビーチ・パーク)【カワイハエ】


養殖場から車で30分の Kawaihae(カワイハエ)にある Samuel M. Spencer Beach Park(サミュエル M. スペンサー・ビーチ・パーク)は観光客がほとんどいない穴場のビーチです。
地元の人がのんびるする静かなビーチ・パーク。公園にはバーバキューグリルが完備されていて無料で使用できます。
袋ごと燃やすタイプの炭 $5.19(¥535)を用意するだけで、あとは好きな食材を焼くだけ、のはずが塩がないことに気づく堀井さん。
隣でバーバキューしているご家族に塩を借りていました。
ガーリック&ジンジャーと一緒に炒ってある自家製ハワイアンソルトでしたよ素敵。
牛肉が柔らかくて肉汁じゅわっと広がるとのご感想。羨ましい。食べたい。
アワビが肉厚なのにプラスチックのナイフで簡単に切れるほど柔らかいそうです。
見ているだけでよだれがでてきましたね!

名前 Samuel M. Spencer Beach Park(サミュエル M. スペンサー・ビーチ・パーク)
住所 62-3461 Kawaihae Road, Waimea, HI 96743
WEB https://hawaiicounty.ehawaii.gov/camping/all,details,57797.html
営業時間 6:00〜21:00
定休日 なし
アクセス Big Island Abalone(ビッグ・アイランド・アバロン)から車で30分
地図 MAP 15

コハラコーストで体験する

Mauna Lani Bay Hotel & Bungalows(マウナラニ・ベイ・ホテル & バンガローズ)【コハラコースト】

ハワイ島の北西部、コハラコーストには高級ホテルが立ち並ぶリゾートエリア。
その中でも広い敷地を持つ Mauna Lani Bay Hotel & Bungalows(マウナラニ・ベイ・ホテル & バンガローズ)には世界3大パワースポットの1つと呼ばれる場所があります。
ちなみに他の2つはアメリカのセドナ、フランスのルルドとのこと。知りませんでした..

ホテルの敷居内にある Hopeaia Fishpond(ホペアイア・フィッシュポンド)という池は5つの山(フアラライ、マウナ・ロア、マウナ・ケア、コハラ、ハレアカラ)の中心に当たる場所。
生命力や精霊が宿る神聖な場所として大切にされています。

案内してくれたマウナラニの文化部ディレクター Danny Akaka(ダニー・アカカ)さんは、実はハワイの神官のような存在・カフナ。
ダニーさんはハワイ独特の祈りを捧げて堀井さんの幸せを祈っていました。
最後に葉っぱのレイをかけておでこと鼻を合わせる儀式でスピリットと生きる力を分かち合います。

さらに溶岩でできた洞窟 Shelter Cave(シェルター・ケーブ)へ入って行くと天井に穴が開いています。
この洞窟は何百年以上も前に漁師などが住居や仕事場としてつかっていた洞窟住居とのこと。
穴から入る自然光の下で写真を撮るとオーラが体の周りに写ると言われていて観光客の撮影スポットにもなっています。

池も洞窟もマウナラニ・ベイ・ホテル & バンガローズの敷地内ですが宿泊していなくても自由に見て回ることができます。
古代から霊的パワーが宿る地と考えられ王族が保養地として所有していた土地だったため、リゾート開発後も敬意を払って史跡が保存されているのです。
古いトレイルや歴史保存公園の遊歩道を散策することもできます。

ところでダニーさんを調べていたら、アロハ・ストリート(ハワイの情報誌)の記事 でダニーさんと呂敏さんとジェイク・シマブクロさんの3ショットを発見。呂敏さんはダニーさん主催のイベントでトークショーに出演されていました。呂敏さんは本当にハワイ島が大好きなんですね!

名前 Mauna Lani Bay Hotel & Bungalows(マウナラニ・ベイ・ホテル & バンガローズ)
住所 68-1400 Mauna Lani Dr, Waimea, HI 96743
WEB http://www.maunalani.com
アクセス コナ空港から車で30分
地図 MAP 16

広大な敷地内にパワースポットの池や歴史保存公園もあるマウナラニ。宿泊者は無料で敷地内案内ツアーに参加できるそうです。

ハワイ・ハワイ島MAP

2度目のハワイ オアフ島編 で紹介されたお店をMAP付きでまとめました。併せてご覧ください!

ここは行きたい!2度目のハワイ・オアフ島のおすすめスポット
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のハワイ・オアフ島編」(2016年4月13日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。
ここは行きたい!2度目のハワイ・オアフ島のおすすめスポット2
NHK BSP「2度目の旅」シリーズの「2度目のハワイ・オアフ島編」(2017年7月4日放送)のMAP付きまとめです。 ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅。番組を参考にわたしの経験も加えて素敵な場所をMAP付きでリストにしてみました。

あわせて読みたい