ここは行きたい!2度目の北欧・エストニアのおすすめスポット

NHK BSプレミアムで放送している「2度目の旅」シリーズ。
ちょっと個性的で、ディープな穴場を巡る旅は毎回とても楽しそうで、わたしも行ってみたい!と思ってしまいます。
2018年4月から30分番組に生まれ変わって新登場。1日に凝縮した旅の行程になっています。
2度目の北欧 エストニア編 ちょっとディープな海外旅行(初回放送:2019年3月14日 23:00〜23:30)の声の出演は 室井滋 さん、旅人(食べ人)は 百瀬朔さんでした。
番組を参考に、自分で行くときのためにまとめてリストにしてみました。
エストニアの通貨は €(ユーロ)。1€=125円(2019年1月のレート)で計算しています。

紹介されたお店の位置がわかる地図を最後に載せています。参考にとうぞ!
タリンMAP

2度目の北欧・ラトビア編はこちらをどうぞ!

2度目のフィンランドはこちらをどうぞ!

タリンで朝ごはん

番組ではエストニアの首都タリン、城壁に囲まれた旧市街を巡っていました。

Ⅲ Draakon(3 ドラーコン)

おすすめ人として登場した元大相撲力士の把瑠都(バルト)さんが教えてくれたのは、中世の頃の料理を再現した食事を楽しめるファストフード店 Ⅲ Draakon(3 ドラーコン)。旧市街の中心・ラエコヤ広場に面した旧市庁舎の1階にあります。

旧市庁舎は14世紀に建てられて1404年に増築されたという建物。店内は中世のようにロウソクに光のみの薄暗い雰囲気。店員さんの衣装も中世風。
中世の民家の女主人という設定なのでしょうか、店員の方もちょっと怖めな演技をされていました。

百瀬さんが食べていたのは Põdrasupp(ヘラジカのスープ)2.50€(313円)と Porgandi Pirukas(にんじんのパイ)1.00€(125円)。
スープはちょっと癖があるけど美味しいそうです。サクサクのパイの中には甘いにんじんが入っています。
樽の中に入っているキュウリのピクルスは自由に取ってOK。棒で突き刺してピクルスを取るのも楽しそうでした。

名前Ⅲ Draakon(3 ドラーコン)
住所Raekoja plats 1, 10146 Tallinn, Estonia
WEBhttps://www.kolmasdraakon.ee
営業時間9:00〜24:00
定休日なし
アクセスラエコヤ広場に面した旧市庁舎1階
地図タリンMAP 1

タリンで買う

Maiasmoka Martsipanituba(マイアスモカ・マルチパニツバ)

エストニアではマジパンはお祝いやプレゼントの定番。中世の頃から長く人々に愛されてきたお菓子。アーモンドの粉と砂糖とシロップでできています。
ラエコヤ広場の近くの Maiasmoka Martsipanituba(マイアスモカ・マルチパニツバ)はタリンでも老舗のマジパン屋さん。ショーケースにはお人形のようなマジパンがたくさん!絵付け職人さんの作業を間近で見学することもできます。食品用色素を絵筆にとってひとつひとつ手で描いています。

百瀬さんは ネコのマジパン 2個 7.00€(875円)をお買い上げ。マジパンは日持ちするのでお土産にぴったりです。
自分で絵付けができるマジパン絵付け体験(10〜25名の団体のみ)は 大 10.00€ 小 6.40€。要予約。オフィシャルWEBサイトから予約できます。

併設されたカフェではマジパンケーキもいただくことができます。マジパンケーキ以外にもいろいろなケーキあり。行ってみたいカフェです。

名前Maiasmoka Martsipanituba(マイアスモカ・マルチパニツバ)
住所Pikk 16, 10123 Tallinn, Estonia
WEBhttps://www.kohvikmaiasmokk.ee
Instagram@kohvikmaiasmokk
営業時間月〜金:8:00〜21:00、土日:9:00〜21:00
定休日なし
アクセスラエコヤ広場から徒歩1分
地図タリンMAP 2

タリンで夜ごはん

Kuldse Notsu Kõrts(クルドゥセ・ノッツ・クルス)

エストニアでは豚肉がとっておきのご馳走。おすすめ人の把瑠都さんのおすすめは豚の看板が目印の Kuldse Notsu Kõrts(クルドゥセ・ノッツ・クルス)。店名は「金の豚の居酒屋」という意味だそうです。

注文は把瑠都さんにお任せ。
Meeõlu(ハチミツビール)7.00€(875円)、Krõbedad Seakõrvad Küüslaugukastmega(豚の耳の素揚げ)6.00€(750円)、そしてメインは Peakokk Soovitab(豚のスネ肉の料理)22.00€(2,750円)。

豚の耳の素揚げはミミガーみたい。カリカリに揚げてあってサワークリーム付きです。把瑠都さんが「エストニアはなんでもサワークリームをつける」というほどサワークリームが定番のようです。
豚のスネ肉の料理にはフライドポテトとザワークラウト付き。1.1kgの豚のスネ肉にナイフが刺さって出てきます。91度のオーブンで8時間焼いた後に油で揚げているのでお肉はしっとりほろほろ、皮はパリッと美味しそう!マスタード入りハチミツがかかっていてまさしく金の豚ですね。

名前Kuldse Notsu Kõrts(クルドゥセ・ノッツ・クルス)
住所Dunkri 8, 10123 Tallinn, Estonia
WEBhttps://www.hotelstpetersbourg.com/restaurant/golden-piglet-inn/
Instagram@kuldsenotsukorts
営業時間月〜金:7:30〜10:00, 12:00〜23:00、土日:12:00〜23:00
定休日なし
アクセスラエコヤ広場から徒歩1分
地図タリンMAP 3

タリンで遊ぶ

Harju Uisuplats(ハリュ・ウイスプラッツ)

冬季限定のスケートリンク Harju Uisuplats(ハリュ・ウイスプラッツ)。ラエコヤ広場から徒歩5分ほどの場所にあって夜もオープンしているので夜の旧市街を楽しむスポットとして人気です。

入場料 7.00€(875円)、スケート靴レンタル 3.00€(375円)。毎年12月上旬〜3月下旬までオープンしているようです。

[12月上旬〜3月下旬] 10:00〜22:00

名前Harju Uisuplats(ハリュ・ウイスプラッツ)
住所Harju 32, 10130 Tallinn, Estonia
WEBhttps://www.uisuplats.ee
Instagram@uisuplats
営業時間
定休日なし
アクセスラエコヤ広場から徒歩5分
地図タリンMAP 4

タリンMAP

2度目のシリーズ ノルウェー はこちらをどうぞ!

2度目のシリーズまとめはこちらをどうぞ!


あわせて読みたい